BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ アーティクル グループコーチング - 個人コーチングを超えた成長機会の拡大

グループコーチング - 個人コーチングを超えた成長機会の拡大

ブックマーク

キーポイント

  • 今日のコーチングで最も一般的な手法は個人コーチングである。グループコーチング、つまりこの個人間のコーチング関係は、今のところ主流にはなっていないアプローチである

  • グループコーチングは、感情的知性と社会的知性の上に構築された関係性システムの知性を使い、グループやチームの未開発の能力を発揮することを助ける

  • 個人ではなく関係性に焦点を当て、グループの自己治癒力を信頼し、心理的安全ニーズを高めることが、グループコーチングの構成要素の一部である

  • コーチは、グループコーチングのメリットを効果的に活用するために、さらなるスキルと経験を身につける必要がある

  • 個人の関係性に焦点を当て、グループコーチングによってチームを生産的で素晴らしいチームに成長させることは、コーチングの新たな領域となる

 

もし、問題解決に取り組む前に、人の関係性を重視し、より良いチームになることに取り組めば、もっと生産的になれるグループやチームがたくさんあるはずだ。グループコーチングは、ここ数年、人気が高まっているスキルである。上級管理職のリーダーシップチームや、グループのメンバー間の関係や相互のつながりに注目したコーチングの場面で、多くの支持を集めている。

この記事では、グループコーチングについて紹介し、個人コーチングとの違いを説明する。私の経験に基づき、グループコーチングを使う利点、コーチが必要とするスキル、コーチが直面する課題について明らかにする。グループコーチングのテクニックの一つを使ったシナリオの例に簡単に触れ、そのようなテクニックが使われる背景を説明する。

このグループコーチングに関する記事で、皆さんの興味を喚起し、コーチングの仲間入りを目指すコーチや、すでに個人コーチングに精通しているコーチが、グループコーチングの世界に足を踏み入れるきっかけになることを目指す。集団として、個人からグループやチームへと成長の機会を広げ、生産的で素晴らしいチームへと成長させ、この世界をより良い場所にできればと願っている。

グループコーチングと個人コーチング

まず、グループコーチングを個人コーチングと比較しながら見ていこう。個人コーチングとグループコーチングの最も重要な違いは、何に焦点を当てるかである。個人コーチング自体、強力でその役割があるが、複雑な関係やシステムにおいては、一個人に特化したものではなく、個人と個人がどのように相互作用しているか、個人間の無形の関係性が多く存在するものがある。グループコーチングは、そのような個々人間の無形の関係に焦点を当てる。

決定論的機械システムを例にとると、コンポーネント群が組み合わされて、それぞれのコンポーネントが実行できる機能よりも大きな機能を実行する。機械システムに何か問題がある場合、その問題は個々のコンポーネントがどのように動作しているか、あるいは2つのコンポーネントの間の正確なインターフェイスに突き止めることができる。コンポーネントには感情はなく、文化的な生い立ちや、その日の朝、ベッドのどちら側で目覚めたかによって異なる行動をとることもない。エゴも、隠された意図も、出世欲も、役割のヒエラルキーも、性別/宗教/その他の固定観念もない。

人間や、人間が組織や個人生活で形成するシステム/人間関係には、これらのすべてがあり、さらにそれ以上のものがある。人間は決定論的な存在ではない。つまり、同じインプットが与えられたとしても、同じアウトプットを生み出すわけではない。両者の相互作用は、上に述べたすべての要因に影響される。事実、これは個人と個人の間に、その集団にしかない別の実体を生み出す。無形の存在だが、それはそのグループの個々人間の関係を具現化したものである。グループコーチングでは、その個人間の無形の関係に焦点を当てる。

構成要素

グループコーチングの基礎は、それを理解し実践することができるように、いくつかの構成要素に分けることができる。まず、コーチとして、個々人間の関係や相互作用に焦点を当てているので、個人を別々のセッションでコーチングすることはない。その代わりに、彼らが所属するグループやチームとしてまとめ、グループ全体をコーチする。チームメンバーの誰かが言ったことは、その場でみんなに伝わる。

次に前述の無形の存在に鏡をかざすことである。正確には、鏡を持つことは、個人コーチングの支持者にとって新しいスキルではないが、グループコーチングでは大きく異なるアプローチをとり、より顕著な影響を与えるものである。ここでいう鏡を持つとは、例えば、部屋の雰囲気を感じ取ったり、ボディランゲージ、エネルギーの低下・上昇、うなずき、笑顔、肩の下がり具合、感情などを読み取り、その観察結果を部屋に再生する(もちろん判断はしない)、など、無形要素を拾い上げ、暗黙知を明文化することを指す。無形のものを明示することは、グループコーチングにおける重要なステップである-いわば、それを使いこなすために名前をつけるのだ。

さらにグループシステムが知的で自己治癒力があると信じ、信頼することである。これは、前述の2つ目の構成要素に基づくもので、いったん無形要素が明示されると、その情報を使って自己治癒し、その位置から別の位置に移動・成長するグループシステムの能力を信頼するのである。コーチとして、私たちはそれを自分の好きな方向に誘導するのではなく、それがどのような方向であっても、第三の存在にとって正しい次の自然な流れであると信じるのである。

最後の構成要素は、心理的安全欲求の高まりである。心理的安全性の確保は、個人コーチングでも重要な要素であるが、グループコーチングでは、その重要性が一気に高まる。コーチングを受けるグループには複数の人がいて、それぞれが自身の役割や階層、固定観念などを持っているため、そのままでは心理的な安全が確保されない可能性がある。したがって、グループコーチングでは、参加者全員にとって安全な環境を作るために、最初に協業上の合意を確立するだけでなく、コーチングを受ける間、それを維持することに細心の注意が必要となる。他の構成要素が機能するためにはこれが必須であり、本質的に基礎的なものである。

課題

グループコーチングの方法を学ぶことは、決して簡単なことではない。私の経験からすると、コーチが直面する最初の課題は、何がシステムを構成するのか(そしてそのシステムのメンバーは誰なのか)の境界を定義することである。例えば、50人の強力なマーケティング部門を例にとってみよう。この部署では、3人のシニアリーダーシップチームメンバーが意思決定をするので、その3人がシステムそのものなのだろうか?それとも、部門から選ばれた十数名がシステムと考えるべきなのか?50人全員をまとめてシステムとしてコーチングするというのはどうだろう?残念ながら、正解は一つではない。直面しているコーチングの問題点とその背景によって異なる。50人(またはそれ以上)をまとめてコーチングするのは怖くて非現実的だと思われるかもしれないが、それを可能にするグループコーチングのテクニックやスキルがあり、実際、非常に価値があるのである。

もう一つ重要なことは、コーチとして、グループコーチングでは、自己認識を高め、曖昧さを克服し、手放し、システムの自己治癒力をこれまで以上に信頼することが求められることである。一人の人間はそれ自体複雑であるが、複数の人間が集まればその複雑さは飛躍的に増す。そのような相互作用の中で起こりうることの組み合わせは、ほとんど予測できない。心理的に安全な空間を作り、それを維持することは、物事をさらに面白くする。コーチとして、複雑さや曖昧さに慣れ、これらの思考がコーチに集中することを妨げないようにするには、経験と練習が必要だ。私は、コーチング道場で練習し、実践者仲間と一緒にその練習のコミュニティを立ち上げることを勧める。すでにチームで仕事をしているのであれば、グループコーチング(ランズワークなど)のテクニックの一つを、チームの同意を得て試す過程でコーチングの筋肉と自信をつけていく。

必要なスキル

これらの課題は現実的であり、学習曲線は急であるが、乗り越えられない旅ではない。リレーションシップやグループコーチングを深く学ぶ前に、まずはコーチングコンピテンシー(例えばICFのコアコンピテンシー)に習熟することをお勧めする。コーチングという言葉を、メンタリングやティーチングの意味で使っている人をよく見かける。Lyssa Adkins氏とMichael Spayd氏によるAgile Coach Competency Frameworkも、アジャイルコーチングの世界にいるのであれば、見ておく価値があると思う。前提条件が整ったところで、チームや人間関係を扱うコーチに必要な追加スキルは、感情的知性や社会的知性とは異なる関係性システムの知性(Relationship System Intelligence:RSI)である。

感情的知性(EQ)は、自己認識と自分の感情の状態や反応などを理解することを教えてくれる。一方、社会的知性(SI)は、他人の感情、思考、行動を理解し行動する能力を教えてくれる。RSIは、EQとSIの上に、先に述べた無形の存在の感情体験を理解する能力を加えたもので、いわば最後の未開領域である。RSIを持つことは、コーチとして、個人を越えて、無形の存在であるシステムそのものを見る能力を持つことである。システム内のすべての声、それも不人気な声に注意を払うことができる。システム/チームの感情的な風潮を読み取り、それを判断することなく再生できる。ここに追加できることはたくさんあるが、上記は非常に適切なスタートであり、グループ、チーム、人間関係のコーチングを始めるのに役立つだろう。

メリット

先に簡単に触れたように、個人コーチングにはその利点と価値があるが、グループコーチングには個人コーチング以上の利点がある。ここには2つの主な要因がある。

第一に、人間は所属するシステム/チームによって異なる行動をとる。仕事ではのんびり屋(怠け者)のレッテルを貼られた人が、別の場所では原動力となることもある。また、仕事では極端にこだわりの強い人が、仲間内では一番のんびりした人だったりする。したがって、個人とは別に、個々人間の相互作用にも十分な注意を払うことが重要である。これが先に述べた個々人間の無形の存在である。

第二に、私たちの多くは素晴らしいチームに所属した経験があるが、そのようなチームは結成されたその日から素晴らしいものではなかったことを知っている。むしろ、そのようなチームは、素晴らしいチームになるために努力してきたのである。

この2つを組み合わせると、未知の可能性を秘めたチームや集団が見えてくる。これらのチームは、システムとしての連携、生産性を高めることによって、もっと良くなる可能性がある。複雑さが増し、イノベーションの要求が高い世界では、チーム全体として取り組むことにメリットはほとんどない。なお、ここでいうチームとは、組織の上級幹部リーダーチーム、製品に取り組む開発者チーム、ファミリービジネスの兄弟、その他システムを形成するあらゆる人々のグループである。複雑な関係であればあるほど、個人間の相互作用と個人そのものに依存している可能性が高い。

グループコーチングシナリオ:アライメントの欠如

グループコーチングのシナリオとして、"アライメントの欠如"を見てみよう。奇妙に聞こえるかもしれないが、これは多くのグループやチームに共通する症状である。アライメントはチームの基本的な側面の一つであり、"アライメントの欠如"は、個人のマインドセットからチーム文化、個人の行動からチームのポリシーや構造まで、チームワーキングのあらゆる側面に影響を与える。このようなチームでは、些細なことでも、チームメンバーそれぞれが自分の目標や理由に従うため、多方向の綱引きになりかねない。

個々のチームから離れて、チームオブチーム、ビジネスユニットとしてのチーム、エグゼクティブリーダーシップチームなど、組織レベルのチームに目を向けると、この問題はさらに深刻になる。アジャイルの現状報告書をざっと見てみると、"アライメントの欠如"が直接的に課題の1つとして引用されていないにもかかわらず、言及されている課題の少なからぬ要因となっていることがわかるだろう。文化の衝突、一貫性のないプロセス、変化への抵抗がレポートの上位3つの課題であり、3つとも残念ながらアライメントの欠如に起因している。チームレベルでも組織レベルでも、未開発の可能性と成功率の低さが、アライメントの追求を重要視させ、アライメントのためのグループへのコーチングを、今の時代にコーチとして必要なツールにしているのである。

グループコーチングの技法:ランズワーク

ランズワークは、チーム(プロダクトチーム、エグゼクティブリーダーシップチームなど)が、あらゆるトピックについて異なる意見や見解を持っている場合に、アライメントを生み出すためのグループコーチングテクニックである。これは、組織と関係のシステムコーチング(ORSC)の知識体系に由来する。ランズワークは、物理的な空間や移動するメタファーの利用、関係性システムの知性の原則を利用して、チームが一致していないトピックについて参加者の意識を高めるものである。参加者全員の意識の高まることにより、必要な連携が構築される。このワークショップは、あらゆる種類のチームやシステムに対して、対面でも遠隔でも実施できるファシリテーション型のワークショップである。例えば、7人のプロダクトデリバリーチームがペアプログラミングのアプローチについて議論したり、30人の強力な中間管理職が最近の予算削減の中で最善の投資について議論したり、12人の経営幹部が2つの組織の合併後の生活について議論することが挙げられる。

私は、リーン・アジャイル・スコットランド2022で、ランズワークに基づくシミュレーション・ワークショップを行い、このテクニックの実践を実証した。このワークショップでは、参加者は、チェンジエージェント、スポンサー、組織のメンバーという3つの役割のうち、1つを演じる。私はまず、心理的に安全な環境を確保するため、また、どんなに変わった意見でも聞くことができるようにするためのイネーブラーとして、社会的合意を作ることから始めた。

まず、フロアスペースをそれぞれの役割ごとに3つのセクションに分け、参加者は自分のセクションが自分の属する土地であると想像してもらった。そして、その土地の気候や地形、伝統について考えてもらい、それをみんなで共有することで、土地のイメージを膨らませた。次に、各グループに、訪問者として他の土地を訪れ、その土地の気候、地形、伝統を体験してもらった。先入観にとらわれず、本当にその土地を体験できるように、自分の土地からの荷物は一切持たずに旅をしてもらうことにした。全員が他の人の土地を訪れた後、私は参加者全員に部屋の新しい場所に移動してもらい、全員で共有する新しい土地を作るように頼んだ。そして、それぞれの土地を訪れた経験を活かし、共感と他者の視点への理解をもって、新しい共有の土地を豊かにするよう求めた。最後に、その共有された土地から参加者は、アライメントのギャップを埋めるためのアクションアイテムを作成することができた。

参加者は、社会的合意、物理的空間、メタファーの使用、ファシリテーションが、システム内の他の人々の視点を見ることを助けると考えた。ロールプレイに参加したため、その効果を直接体験し、グループコーチングについてもっと知りたいと思いながら、会場を後にした。

さらに詳しい情報

このトピックをさらに探求したい本を読むのが好きな人にとって、Amy Mindell氏とArnold Mindell氏の著作は、一読の価値がある。CRRのウェブサイトのリソースセクションも有用なコンテンツでいっぱいなので、ブックマークしておくとよいだろう。さらに、シミュレーションや道場を運営したり、グループコーチングに関するトピックを議論・実践しているミートアップグループ(例えば、ORSC Australia Communitymeetup group)を探してみるのもよい。最後に、もしあなたがコーチングを本格的に学びたいのであれば、CRRがあなたの地域で開催しているトレーニングに参加もできる。

複雑化した現代社会において、コーチングは個人の成長を求めるための主流なアプローチとなっている。グループコーチングは、その可能性を広げ、私たちコーチに、グループ内の満たされない可能性を実現する能力を与えてくれた。グループコーチングに秀でるためには、知識や経験の習得だけでなく新たな課題や複雑さに対応する必要があるが、その努力をはるかに上回るメリットがあり、挑戦する価値のある旅である。私はグループコーチングが魅力的と感じている探求者であり、すべてのコーチにグループコーチングを探求することを勧めたいと思う。もしそうするのであれば、あなたの経験を分かち合い、お互いに学び合い、この世界が素晴らしく生産的なチームやグループを作る手助けをするために、自分の役割を果たそう。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT