BT

寄稿

知識、ベストプラクティス、あるいは失敗の経験を同業の開発者たちと共有し合うことからメリットを得てきた人なら、そのような情報がいかに有益であるかはすでに認識しているでしょう。ここ、InfoQで活動する私たちは、開発者どうしの情報共有こそが、この業界を発展させる鍵であると強く確信しています。

広くシェアしたいアイデアをお持ちの経験豊富なシニアエンジニアやソフトウェアチームリーダーからのご連絡をお待ちしています。

さまざまな参加方法

アーティクルを寄稿する

InfoQは、質の高い記事や論文を常に求めています。アーティクルの案をご提出いただく前に、原稿執筆ガイドラインをお読みください。アーティクルが承認される可能性を損なわないようにするためです。

アーティクルの案を提出する

InfoQのニュースライターになる

InfoQのニュースの執筆を始めたい場合は、簡単な自己紹介を記載したメッセージをお送りください。特に、どのような分野を取り上げることに興味を持っているかをお知らせください。

InfoQのニュースの執筆を始める

ミニブック(13,000~36,000ワード)を寄稿する

30~80ページで発表できるアイデアをお持ちですか? ミニブックはアイデアを公開する早道であり、標準的な厚い書籍より大きな注目を集めることができます。 ミニブック執筆ガイドラインをご覧ください。

ミニブックの案を提出する

QConで講演する

QConカンファレンスで講演する、またはカンファレンスの委員会の一員となることができます。

スピーカーになる

編集に関する私たちのコアバリュー(中核的な価値観)

情報のロビンフッド

私たちが果たす主な役割の1つは、少数のエリートから有益な情報を求め、それを大勢の人々に公開することです。何か素晴らしいものを発見し、それをコミュニティ全体に知らせたいと思ったとき、それを一般に公開することでコミュニティ全体がメリットを享受できるようにすることが、自分たちの責務であると考えています。

Robin Hood
Best not First

最速ではなく、最善の情報を

私たちは「ニュース速報」サイトではありません。何かの情報を発表後すぐに掲載するのではなく、数日間資料を収集し、そのテーマをより深く掘り下げた形で論じられるようにしてから配信しても、何の問題もないと考えます。

信頼できるコンテンツ

私たちのコンテンツには偏向がありません。「意見」であることが明示されている場合を除いて、個人的にもベンダーの影響という点でも、偏向を排しています。ユーザーは、InfoQのコンテンツが有意義で正確であり、マーケティングの意図を含んでいないことを期待できます。これは私たちのブランドプロミスであり、読者が私たちに信頼を置く理由でもあります。私たちは、ジャーナリストではなく開発従事者であることを自覚しつつも、ニュース配信活動においてジャーナリズムの誠意という原則を遵守しようと努めており、常に正しい行動を心掛けています。

Content you Trust
BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。