BT
前の記事 rss
人のフォロワー

ビジネスプロセス、長期実行サービス、マイクロサービス

作者: Jan Stenberg フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年8月19日 午後8時14分

ここ数年、ドメインイベントに関する議論は増えているが、コマンドについても同じように議論すべきではないか – Martin Schimak氏はDDD eXchange 2018の講演でこのように述べて、マイクロサービスにおけるイベントとコマンド、長期実行(long-running)サービスを取り上げるとともに、プロセスマネージャおよび同類のツールがコアビジネスロジックを運用する上でいかに有効であるかを説明した。

人のフォロワー

イベントは分散システムの将来を変えるか - Jonas Bonér氏のQCon Londonでの講演より

作者: Jan Stenberg フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月22日 午後10時11分

イベントには注目すべき理由がたくさんある — 自律性を向上し、安定性を高め、迅速な移行を支援し、タイムトラベルを可能にする — QCon London 2018で行われたプレゼンテーションでJonas Bonér氏は、現行のシステムをイベントがどう変えるかを説明する中で、このように述べた。

人のフォロワー

イベントは開発者の第一級ツールであるべきだ

作者: Jan Stenberg フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年3月1日 午後9時29分

ソフトウェアシステムはイベントをもっと多用すべきだ — Randy Shoup氏は先日のブログ記事で、システムにおいてイベントが第一級市民であるべき理由について明言した。我々はイベントの持つツールとしての価値をしばしば過小評価している、と氏は考える。その一例が、システムの疎結合化に有効であり、各部分を独立して考えることを可能にすることだ。

人のフォロワー

イベントはいかに現代のシステムを変えたか - Jonas Boner氏の講演より

作者: Srini Penchikala フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月18日 午前2時51分

Jonas Boner氏がイベント駆動サービスについて講演し、イベント駆動アーキテクチャ(EDA)とイベントストリーム処理(ESP)テクノロジが、分散システムを基盤とする現代的なアプリケーション設計において果たす役割について説明した。講演は先日のReactive Summit 2017カンファレンスで行われた。

人のフォロワー

Vaughn Vernon氏はマイクロサービス内で不確実性をモデリングするためにリアクティブDDDを使用する

作者: Thomas Betts フォローする 48 人のフォロワー , 翻訳者 笠原 王徳 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月12日 午後9時0分

マイクロサービスとリアクティブシステムは順不同な到着順、重複、喪失などのメッセージに関する不確定性をもたらす。これに対する対応の仕方はビジネス上の決断であるとVaughn Vernon氏は述べ、ドメイン駆動設計の概念を用いて対処するのが最善であるとした。

人のフォロワー

イベントアーキテクチャを選択する

作者: Jan Stenberg フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年10月4日 午後11時58分

分散システムの設計において、おそらくはマイクロサービスに基づいたイベントアーキテクチャを検討する場合、利用可能なモデルとテクノロジはいくつかある。アーキテクチャの実装方法を選択する時、そのおもな要因は非機能要件である - さまざまなイベントアーキテクチャのスタイルを説明した先日のブログ記事で、David Dawson氏はこのように主張している。

人のフォロワー

マイクロサービスのデータを管理する

作者: Srini Penchikala フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月8日 午後7時50分 2

Stitch FixチームのRandy Shoup氏がQCon New York 2017 Conferenceで、マイクロサービスベースのアプリケーションにおけるデータと分離永続化の管理について講演し、マイクロサービスの重要な構成要素としてのイベントにも言及した。

人のフォロワー

Dani Traphagen氏、Apache Igniteで分散システムの次段階へ

作者: Srini Penchikala フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年6月28日 午後10時18分

GridGainのDani Traphagen氏がOSCON 2017カンファレンスでApache Igniteプラットフォームについて語った。氏は、ディスク(disk)をボトルネックと見なしてメモリのコスト遁減とキャッシュに対する最適化を行うパラダイムシフト、オープンソースプロジェクトApache Igniteを使ったマイクロサービスアーキテクチャのための活用について話した。

人のフォロワー

John Gossman氏が手掛けるMicrosoftのサーバレスプラットフォーム、Azure Functions、Logic Apps

作者: Srini Penchikala フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年5月8日 午前1時46分

Microsoft AzureのリードアーキテクトのJohn Gossman氏は、ServerlessConf Conferenceで木曜日に、MicrosoftのオープンソースのServerlessプラットフォームに関する講演をした。マイクロソフトのチームは、Azure Functions、Logic Apps、プラットフォームコンポーネントの監視方法についてもデモを行った。

人のフォロワー

Sportifyにおける信頼性の高いEvent Delivery Systemの概要

作者: Jan Stenberg フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 笠原 王徳 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年4月12日 午前4時17分

Sportifyクライアントはピーク時に最大秒間150万回のイベントを生成し、全ては彼らのEvent Delivery Systemにより取り扱われている。このシステムは遅延を予測可能にすることと、イベントを消失することがないように設計されており、Igor Maravic氏は最近のQCon Londonでの彼の発表において、このシステムの高レベルの概要と鍵となるオペレーション上の側面について説明した。

人のフォロワー

『Agile Japan 2017』 シン・アジャイル ~アジャイルでつくるミライ~

作者: InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2017年3月10日 午前1時34分

日本におけるアジャイルのフラッグシップイベント「Agile Japan 2017」が今年も開催される。 これまでに行われたAgile Japanの経験と実績を踏まえ、過去最大の規模となっており、 同じように開発現場を変えようとする方がつどい、成功談、失敗談を共有し、参加者にとっての 「シン・アジャイル」を発見できる場となっている。

人のフォロワー

リアクティブ サミット 2016 カンファレンス: リアクティブ マイクロサービスとステージング データパイプライン

作者: Srini Penchikala フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 吉原 庄三郎 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年10月31日 午前3時12分

リアクティブ マイクロサービス、データセンター スケール オペレーティング システム(DCOS)、そしてステージング リアクティブ データ パイプラインは、今週のリアクティブ サミット 2016 カンファレンスにおける目玉であった。InfoQチームはカンファレンスに参加した。この記事は、カンファレンスの初日のサマリである。

人のフォロワー

『Agile Japan 2016』 開催 ーあなたとつくるアジャイルー

作者: InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2016年4月6日 午前1時26分

日本におけるアジャイルのフラッグシップイベント「Agile Japan 2016」が2016年5月31日(火)ヒューリックホールにて開催される。

人のフォロワー

ドメインイベントと結果整合性

作者: Jan Stenberg フォローする 37 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2015年10月5日 午前12時11分

結果整合性はスケーラビリティと性能を改善する設計方法だ。ドメインイベントはドメイン駆動設計の戦略的要素であり、結果整合性の実現を促す。Florin Preda氏とMike Mogosanu氏がブログでこの設計の利点を説明している。

人のフォロワー

Pointer EventsがW3Cの最終ステージ“勧告”に

作者: Abel Avram フォローする 11 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年3月8日 午後11時35分

World Wide Web Consortium (W3C)は、Pointer Events標準を広く採用する勧告として発表したが、AppleとGoogleがこの実装を拒否しているため、その未来には疑問が残っている。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT