BT

InfoQ ホームページ アーティクル

アーティクル

RSSフィード
  • API GatewayサービスをClojureからGo言語に書き直す - AppsFlyerによる実例報告

    AppsFlyerはマイクロサービスアーキテクチャ方式で構築されており,1日700億近いHTTPリクエストを処理しています。すべてのフロントエンドサービスをラップしてシステムへのエントリポイントとなるのは,API Gatewayと呼ばれるミッションクリティカルな(非マイクロ)サービスです。この記事では,Clojureベースのゲートウェイから,新たに設計されたGoベースの実装に移行した経験を報告します。

  • Java SE 12の拡張switch文/式の完全ガイド

    Java 12で拡張されるswitch文およびswitch式の完全なガイドです。この記事では,Javaのswitch文を拡張switch文およびswitch式のいずれでも使用可能にするJava switch文の拡張提案を,例題を交えて紹介しています。

  • RESTlessnessに打ち勝つ

    GraphQLやgRPC,Apache Kafkaといった新しいAPIプロトコルが,RESTに基づいたHTTP APIに代わるものとして人気を集めています。RESTの代わりを探すのではなく,ソフトウェアエンジニア産業は,成熟したRESTエコシステムを基盤として,新たなプロトコルの技術的長所を探求する手段を模索するべきです。

  • なぜアーキテクチャ図を必要とするのか?

    ソフトウェアアーキテクチャ図は、うまく作ると、開発チーム内および外部ステークホルダーとのコミュニケーションを大幅に改善させることができる。それには、対象読者を理解することと、含めるべきものを慎重に自制することが必要だ。ひどい図がたくさんあったというだけで、図なんて必要ない、役に立たないと考えないようにしよう。

  • .NET CLIクイックツアー

    .NET Coreの数ある機能の中で,dotnet cliが最も便利なツールであることに疑問の余地はありません。今回の記事では,.NET OSSツールにおいてdotnet cliの持つメリットと,新しいcliツールを日常の開発作業で使う方法について確認します。

  • .NET CoreとDevOps

    .NET CoreはDevOpsを念頭に設計されています。この記事では、プラットフォームの備えるビルド自動化やアプリケーション監視の機能が.NET Coreプロジェクトに与えるメリットについて取り上げるとともに、.NET Coreの備えるコマンドライン機能によってこれが容易に実装可能であることを示します。

  • サーバサイドJava開発者のためのKotlin入門

    Kotlinは、JVMの新しい言語の1つで、IntelliJを製作したJetBrains社が開発しました。これは、静的型付け言語であり、OOとFPのプログラミングスタイルを混ぜたものを提供することを目的としています。Kotlinコンパイラは、JVMと互換性のあるバイトコードを作成します。そのバイトコードは、JVM上で実行して既存のライブラリと同時に利用できます。この記事では、Java開発者にアピールする主な機能を紹介します。

  • リレーショナル NoSQLによる"バックトゥザフューチャー"

    この記事では、分散トランザクションを備えたNoSQLデータベースの一貫性に関するいくつかの問題を取り上げるとともに、FanuaDBがCalvinプロトコルと仮想クロックを使って、それらの問題をいかに解決しているかを紹介します。

  • ASP.NET Coreでの分散キャッシング

    クラウドにデプロイされるASP.NET Coreアプリケーションは、分散キャッシュを使ってパフォーマンス上の恩恵を受けることが可能です。Couchbase Serverを使ってこの目的を果たす方法について、Matthew Groves氏が解説します。Couchbase Serverは分散キャッシュでの使用に最適なメモリ優先型データベースで、ASP.NET Coreがこのデータベースをアプリケーションで簡単に利用できるようにしてくれます。

  • サーバーレスによる大変革

    この記事では、サーバーレスが他のアプリケーションアーキテクチャとどう異なるのかを定義して説明する。次に、サーバーレスアプリケーションのアーキテクチャは(適切に用いれば)非サーバーレスアーキテクチャよりも優れていることを示す。最後に、アーキテクトや開発者がサーバーレスのメリットを実現するのに役立つ経験則で締めくくる。

  • The EconomistにおけるGoを用いたマイクロサービス構築のふりかえり

    Goで書かれたマイクロサービスは、The Economistの新システムの重要コンポーネントだ。これにより、スケーラブルでハイパフォーマンスなサービスを提供し、新プロダクトをすばやくイテレーションできるようになった。Goに組み込まれた並行処理とAPIサポート、および静的コンパイル型言語としての設計のおかげで、大規模にスケール可能な分散イベントシステムを実現できる。全体として、Goを用いたチームの体験はポジティブなものだった。

  • 何がKubernetes Podを動かすのか - コンテナランタイムの過去、現在、未来

    コンテナランタイムの選択範囲は時とともに拡大し、一般的なDockerエンジン以外の選択肢を持つに至っています。OCI(Open Container Initiative)がコンテナの概念とコンテナイメージの標準化に成功したことにより、ランタイム間の相互運用性が保証されるに至りました。この記事では、コンテナエンジン実装の過去、現在、そして未来を論じます。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。