BT

InfoQ ホームページ ニュース Article: アジリティのためにコンポーネントチームより機能チームを選ぶ

Article: アジリティのためにコンポーネントチームより機能チームを選ぶ

ブックマーク

スクラムや他のアジャイルの手法で推奨されるのは、ソフトウェアが動く状態で小さくて頻繁な納品によって、要求するものが顧客に納品されることです。技術 レイヤやアプリケーションコンポーネントに従うことを重視するチームで開発することに慣れたチームにとって、これは挑戦なのです。「Scaling Lean and Agile Development: Successful Large, Multisite and Offshore Products with Large-Scale Scrum」(リーンとアジャイル開発を拡大する: 大規模スクラムで大きなマルチサイトのオフショア製品を成功させる)(リンク)が、 間もなく出版されます(編集部注:原文掲載時の情報)。この本からの引用で、Craig Larman氏とBas Vodde氏は、どのように、そして、なぜ機能チームがうまくいくのかを説明し、この主要な組織の変化が価値あるものであることを主張します。実際に、ア ジャイルの手法を拡大し、学習を増加し、アジャイルを行い、競争力と製品化に要する時間を改善するのに、これは非常に重要なことです。


続きを読みたい方は、以下URLをクリックしてください。
http://www.infoq.com/jp/articles/scaling-lean-agile-feature-teams


チームワークに関する他の話題が気になる方は、以下URLで表示される一覧よりアクセスしてください。
http://www.infoq.com/jp/teamwork

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。