BT

InfoQ ホームページ ニュース Agile採用を計測するときの疑問

Agile採用を計測するときの疑問

ブックマーク

原文(投稿日:2011/10/25)へのリンク

Agileコミュニティは、よく知られるAgile Scaling ModelNokiaテストThoughtWorks AgileアセスメントSidky Agile Measurement Index (SAMI)を含め、組織におけるAgile採用の効果を計測するためのベストな方法を決定するために、数年にわたりいくつもの試みをしている。 計測に関する議論は、Agileブログの世界で最近再燃している。

Esther Derby氏は最近、Agileのためのメトリックと題し、メトリックのタイプを撤回して、みんながよく尋ねる、彼らが計測を望んだときにどれだけ彼らがAgileを採用に即しているかについて投稿した。

  • Agileを使用するチームの数
  • Agileのトレーニングを受けた人数
  • Agileを使用したプロジェクトの数
  • 認定されたコーチの数

彼女は、これらのメトリックが迷っているあなたを先導して、正しいメトリックは、Agileを採用して成功を納めるために設定したものに向かっていることを証明するものであることを示唆する。彼女の提案は以下の3つである。

  • 特徴的な作業の固定の比率
  • サイクルタイム
  • 生産のためにエスケープした欠陥の数

彼女の最後のアドバイスは、

計測について考える時、ターゲットにする数に注意する。ターゲットにした計測はほとんど毎回歪みを引き起こす。これは、人々がターゲットに向かって振る舞うが、おそらくターゲットの後ろにある本当のゴールに反する方法をとることを意味する。

Isaac Montgomery氏による Agileへの投資のインパクトを計測すると題されたRally Software Agileブログへの投稿で、同様の見解があった。

[どうやってAgileへの疑問の成功を計測するか]に対するAgileコミュニティの典型的な対応は、NokiaテストのようなAgile習熟度評価のいくつかのフォームで行われています。これらのツールは明確で、容易に利用でき、組織がAgileを実践するのに適しているかを評価するのに非常に効果的です。まだ単独で使われていない場合、シニアリーダーが満足せず、基本的な目的にAgileを整える重要な機会を逃すことになります。

彼は疑問に対して示唆する。

…もしAgileの成功 = ビジネスの成功であるなら、本当の疑問は“どうやってビジネスの成功を計測するのか?”である。

Isaac氏は、メトリックはいかのカテゴリに分類するべきであることを提案している。

  • 生産性
  • 品質
  • 反応性
  • 顧客満足度
  • 社員満足度
  • 予測可能性

最後に、彼がAgile採用メトリクスと対比して、しばしば引用されるStandish GroupのCHAOSレポートに対して、Agileの採用についての真実に関するシンプルなアドバイスを提示している。

自分自身の数値を採用します。あなた自身のゴールを計測して、あなたの成功を定義します。他の誰かにやらせる(または、これをついてすべて行わない)ことは、単純に愚かです。

どうやってあなたの組織のAgile習熟度を計測して、どのメトリックがもっとも便利かを見つけられるだろうか?

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。