BT

InfoQ ホームページ ニュース EclipseのM2Mプロジェクト

EclipseのM2Mプロジェクト

ブックマーク

原文(投稿日:2013/11/01)へのリンク

EclipseConでBenjamin Cabé氏がEclipseのマシン to マシン(m2m)プロジェクトを紹介した。(InfoQは以前に氏にインタビューしてM2Mプロジェクトの状況について話を聞いている)。

2011年、EclipseでM2Mのワーキンググループが立ち上がって以来、さまざまなモノのインターネット(Internet of Things,IoT)プロジェクトが成長してきた。そして、それらのプロジェクトを分類するためのトップレベルのM2Mプロジェクトを作ることが議論され、今年のはじめには少数のプロジェクトだけが残っていたが、その後の半年でM2Mプロジェクトのスコープが大きくなってきた。現時点(またはこれからの予定)では次のようなプロジェクトがある。

  • 組み込み機器向けのLinux上で動くLuaベースのランタイムを提供するMihini
  • Luaベースの開発環境を提供するKoneki。Mihiniやその他のクラスのマシン向け。OMA-DMプロトコルのためのシュミレータもある。
  • MQTTプロトコルに基づくクライアントを提供するPaho。MQTTは軽量なメッセージングベースのプロトコル(JMSに似ているがオーバヘッドが少なく、複数の言語に対応)で、目下、OASISで標準化中。また、オープンソースのMosquito MQTTブローカをEclipseへ移行するプロジェクトも行われている。
  • ウェブベースの制御システムとハードウエアデバイス向けのさまざまなドライバ(InfoQのオーバビューも参照)を搭載した小型デバイス(Raspberry Piのような)向けランタイムEquinoxをベースにしたEclipse SmartHome
  • EquinoxのようなOSGiランタイムコンテナをベースにしたEclipse Kura。組み込み機器向けのOSGi実行環境を提供する。USBやBluetoothで通信して組み込み機器がほかのハードウエアサービスと連携することを可能にする。
  • MQTTやCoAPのようなM2M向けプロトコルに統合されるRESTライブラリEclipse PonteQuest projectからのコントリビューション。
  • 標準的なSCADAハードウエアデバイスの制御やデータ転送を可能にするライブラリEclipse SCADA。SNMP、Modbus、OPCのような低いレベルのプロトコルも提供する。
  • デバイス間の相互運用を実現するライブラリセットを提供するEclipse Krikkit。JSONやRESTfulなエンドポイントを利用できる。

更なる情報はEclipse M2Mのページで確認できる。上で紹介したプロジェクトへのリンクもある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。