BT

InfoQ ホームページ ニュース モジュールを完全にサポートしたPuppet Enterprise 3.2

モジュールを完全にサポートしたPuppet Enterprise 3.2

ブックマーク

原文(投稿日:2014/03/05)へのリンク

Puppet LabsPuppet Enterprise 3.2をリリースした。これはPuppetの商用サポート版のリリースだ。モジュールの完全サポート、非ルートユーザのタスクの自動化、新しいサーバを検知し準備する仕組みであるRazor技術プレビューが含まれている。

このリリースによってPuppet Labsは12のモジュールを完全にサポートする。Puppet Enterpriseに7つのモジュールをバンドルする。これはインフラを構築するのに必要なモジュールだ。これらのモジュールはAPTパッケージ管理アプリケーションファイアウォールキーストーンWindowsマシンリブート、既存リソースに必要な基本的構成要素を構成する。残りの5つのモジュールは、Puppet Forgeからダウンロードできる。また、ApacheMySQLPostgreSQLntpWindowsレジストリのインストールや構成もできる。

3.2のリリースには、Razorの技術プレビューも含まれている。プレビューなので、実運用環境で使われることを想定していない。Razorはマシンを自動的に検知し、準備をしてくれるツールでInfoQでも以前レポートしている。今回の技術プレビューは初期のバージョンを書き直している。Razorの最初のGitHubリポジトリでは次のように説明されている。

昨年、私たちはコミュニティの必要性について多くを学びました。そしてRazorがどのように進化していくべきかについてもです。必要以上に進化を難しくしている障害についても学びました。そして、Razorのコミュニティと未来の開発にとって現在のコードベースを書き直すことが最良の選択だという結論に至りました。

データベース管理者や開発者のような非ルートユーザはタスクを自動化できるようになる。したがって、非ルートユーザがタスクの構成やインストールをできるなら、Puppetを使って自動化できるということだ。これはインフラをアウトソースしている場合にも便利だ。内部のチームが明確に定義した境界の内部で自主的にPuppetを使うことができる。

Puppetのエージェントの技術も拡張されている。エージェントのインストールはパッケージ管理システムを使うことで単純化できる。現時点ではSolaris 11までサポートしている。将来はさらに多くのプラットフォームをサポートする予定だ。

Puppet Labsは the supported modules with puppet-lintrspec-puppetBeakerを使ってサポートしているモジュールをテストしている。Beakerは新しい受け入れテストフレームワークであり、Puppet Labsが開発している。

Puppet Labsはコミュニティモジュールのサポートについても可能性を模索している。上述のツールを使う必要のあるテストプロセスはあるが、全体的な検証プロセスはまだ確立されていない。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。