BT

新しい あなたは、アーリーアダプター?それともイノベーター?そんな皆様に、InfoQの新機能をご案内しています。詳細はこちら

Googleによる採用のためのツールとコツ

| 作者: Abel Avram , 翻訳者 sasai 投稿日 2017年4月20日. 推定読書時間: 1分未満 |

原文(投稿日:2017/04/14)へのリンク

Googleは採用プロセスに役立つツールを多数公開している。その中には、職務記述書作成のアドバイス、インタビュアーの準備、インタビューのベストプラクティスなどが含まれる。

Googleが公開している採用ツールには次のようなものがある。

インタビュアー向けにGoogleが推奨しているベストプラクティスの一部を、もう少し詳しく紹介する。残りは読者の宿題にしよう。Googleはインタビューを、候補者が求人を受け入れるように説得するための中心的ポイントだと考えている。そのため、インタビュアーに以下のことを推奨する。

  • 時間通りにインタビューを開始する。
  • 自己紹介する。
  • 質問して、インタビューを対話的にし続ける。
  • 謙虚になる、正直に答える。
  • 候補者を安心させる。ある質問にうまく答えられなくても、そのことを知らせてはいけない。そのあとの質問の回答に影響を及ぼすおそれがあるためだ。
  • あなたが候補者を評価している間に、候補者も会社を評価している、ということを肝に銘じる。
  • 候補者のスキルを評価することと、会社と求人が彼らがキャリアで求めているものであると説得すること、その両者の適切なバランスを見つける。
  • 候補者がよく知っていることに関する質問からインタビューを始める。たとえば、その分野における過去の経験など。これはリラックスした雰囲気で会話を始めるのに役立つ。
  • 質問は非常に明確でなくてはならない。回答から何が期待されているのか、回答する、あるいは準備するのにどれくらい時間が必要なのか、候補者がわからなくてはならない。
  • 候補者がうまく回答できていないときは、ヒントを出す。あるいは、候補者がテンポよく回答できないようなら、別の質問に移る。
  • 候補者からの質問を受けるために時間を残しておく。
  • 人種、宗教、性別、その他、法的に保護されている個人情報に関する質問を避ける。
  • 時間を記録して、超過しないようにする。このあとのインタビューに影響を及ぼすおそれがあるためだ。

自社に最適な人材を採用し、適さない人材を採用しないようにしようと、Googleはかつて、その仕事に適している人を決めるまでに、およそ1ダースのインタビューを行っていた。しかし、これほど多くのインタビューをすることは、会社に負担をかけ、候補者に困難を強いていた。彼らはデータを分析することで、4回のインタビューによって86%の精度で適切に候補者を採用でき、それ以上インタビューしても精度は少ししか向上しないことを発見した。そのため、現在、Googleが候補者を採用するときには、4回のインタビューをルールとしている。詳しくは、彼らの最近の記事「How Many Interviews Does it Take to Hire a Googler?」を読んでみよう。

Rate this Article

Relevance
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT