BT

新しい あなたは、アーリーアダプター?それともイノベーター?そんな皆様に、InfoQの新機能をご案内しています。詳細はこちら

Visual Studioで次に登場するもの

| 作者: Jeff Martin , 翻訳者 sasai 投稿日 2017年5月17日. 推定読書時間: 1分未満 |

原文(投稿日:2017/05/12)へのリンク

Build 2017において、MicrosoftのAmanda Silver氏とTim Sneath氏は、Visual Studio 2017の今後のリリースについてプレゼンテーションを行った。Microsoftがフォーカスしている領域のひとつは、視覚障害を含む全てのユーザーに向けたIDEのアクセシビリティ改善だ。

結局のところ、MicrosoftはVisual Studioの古いバージョンにおいて、最高のアクセシビリティ体験に必要な全APIを完全には実装していなかった。一例としては、デバッガーのLocalsウィンドウがある。これまでVisual Studioでは、視覚障害ユーザーが出力を簡単に知ることはできなかった。彼らが説明したように、視覚障害のある開発者は通常、ウィンドウから出力をNotepadにコピー&ペーストして、Windows Speech Synthesizerで読み上げる必要があった。明らかに、これは非常に不便だったが、今は修正されている。

視覚障害があろうとなかろうと、すべての開発者にとって学ぶべきことがある。第一に、アクセシビリティAPIが存在しており、できるだけ利用することが重要である。これらは比較的実装しやすいのに、様々なユーザーグループの世界を一変させるためだ。第二に、アクセシビリティ機能はあらゆる人の生産性を向上させるので(表示された機能すべてにキーボードショートカットを提供するなど)、視覚に問題のないユーザーにも恩恵がある。

続けてSilver氏は、Visual Studioチームがプロダクト開発中に従っている中心的な設計原則について説明した。それによると、VS2017の目標は、あらゆる開発者、アプリケーション、プラットフォームをサポートすることだという。Microsoftの計測によると、VS2017の普及率はこれまでのVisual Studioツールのなかで最速であり、彼らは目標が達成されつつあると感じている。

プレゼンテーションの残り半分は、VS2017への新規および最近の追加に関するデモが中心だった。

  • ライブユニットテスト。.NET Coreのサポートも含む。
  • Run-to-Click(クリックで実行)
  • ASP.NETアプリケーションのためのDockerコンテナサポート – 新規および既存のプロジェクトを含む
  • コードのコミット前に、コーディングスタイルおよびルール違反をチェック。コミットを完了させる前に、見直して修正することができる。

最新ビルド(Visual Studio 2017 15.3 Preview)を試してみたい人は、インストール済みのVS2017に影響を及ぼすことなく試すことができる。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT