BT

新しい あなたは、アーリーアダプター?それともイノベーター?そんな皆様に、InfoQの新機能をご案内しています。詳細はこちら

最新の.NET Frameworkはアクセシビリティ改善にフォーカス

| 作者: Jeff Martin フォローする 5 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年10月12日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/10/04)へのリンク

Microsoftが.NET Framework 4.7.1のプレリリースを発表した。今回のリリースには、多岐にわたる改善が含まれている。ここでは、WPFアプリケーションのアクセシビリティ改善に関する変更を見ていく。スクリーンリーダー、ハイコントラストといった領域で改善が予定されている。MicrosoftのPreeti Krishna氏は、Windows Formsも同様に改善されることを示唆しているが、これについては今後のリリースで対応される予定だ。

スクリーンリーダーソフトウェアを使っているユーザーは、それを頼りに、現在、画面上に表示されているものに関する有益な情報を得ている。スクリーンリーダーソフトウェアを考慮していないUIの場合、現在のフォーカス外で発生したUI変化を認識するのは困難になるだろう。LiveRegionsを実装することによって、UI開発者は現在のフォーカス外で発生した変化をスクリーンリーダーソフトウェアに警告することができる。LiveRegionsは所望の要素のAutomationProperties.LiveSettingプロパティで指定できる。これを指定することで、UI変化の発生時に、新しいイベントがトリガーされる。

見た目も改善されている。今回、ハイコントラストの見栄えを改善するため、UI要素に変更が加えられている。修正されているコントロールには、Expanderコントロール、CheckBox、RadioButton、ComboBox、DataGridが含まれる。

WPF DataTemplatesも4.7.1で少し変更されている。DataTemplatesの要素が自動更新されるようになった。この変更はVisual Studioにおけるエディットコンティニュ(Edit-and-Continue)のサポート改善によるものだが、その使用を制限するものは何もない。この機能を有効にすると、デバッグセッション中にDataTemplatesに変更を加えてアプリケーションを継続することで、その変更の影響を確認することができる。

.NET Framework 4.7.1のプレリリースは、Windows 7 SP1以降で利用できる。Microsoftによると、このプレリリースのインストールはテスト環境だけにするべきだ。プロダクション環境での使用は、サポートされていないし許されていない。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT