BT

Google、 Android ThingsにLoWPANサポートを導入

| 作者: Sergio De Simone フォローする 8 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年12月27日. 推定読書時間: 2 分 |

あなたのリクエストに応じて、ノイズを減らす機能を開発しました。大切な情報を見逃さないよう、お気に入りのトピックを選択して、メールとウェブで通知をもらいましょう。

原文(投稿日:2017/12/21)へのリンク

Android Things 6.1にLoWPANネットワークの設定と管理のサポートが入る予定だ。Googleによると、これでAndroid Thingsデバイスを効果的にエッジノードとして機能させることができるという。

LoWPANは、Low-Power Wireless Personal Area Networksの略で、低電力で限られたフォームファクタのデバイスが、Personal Area Networkを介してデータをワイヤレスで交換することを可能にするための推奨セットだ。通信に無線周波数を使用するが、WiFiやBluetoothの組み込みコストが許されないデバイスをカバーする。ドアロックや窓センサーといった家庭向け製品、産業用センサー、決済や医療目的のウェアラブルなどにぴったりだ。

Android ThingsのLoWPANは、新しいAPIという形でやってくる。このAPIを使うことで、以下のタスクを含む、ネットワークの設定と管理が可能になる。

  • 近くのLoWPANネットワークのスキャン
  • 特定のLoWPANネットワークへの参加
  • 新しいLoWPANネットワークの作成
  • 接続と状態変化のモニタリング

具体的には、Android ThingsはThreadネットワークを扱う。Threadは、セキュアでフォールトトレラントな低電力のメッシュネットワーク管理プロトコルであり、Alphabet、Samsung、ARMといった多くの大企業が支持している。Threadの実装は、Nestによるオープンソース実装OpenThreadによって提供される。OpenThreadはC++で書かれており、OSとプラットフォームに依存しないとうたわれ、現在のところ、Nordic Semiconductor nRF52840Zolertia Fireflyという2つの無線プラットフォームをサポートしている。

Googleによると、デバイスが他のピアデバイスと直接通信できることは、エッジノードを活用してデータソースの近くでタスク処理を実行する「エッジコンピューティング」を実現する上で重要だという。エッジコンピューティングには、クリティカルなアプリケーションの遅延時間を削減し、IoTデバイスが生成する膨大なデータを扱える見込みがある。

LoWPANはAndroid Things Developer Preview 6.1に含まれている。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT