BT

InfoQ ホームページ ニュース ブロックチェーンはBPMをいかに変革するか

ブロックチェーンはBPMをいかに変革するか

ブックマーク

原文(投稿日:2018/06/30)へのリンク

先日のHyperledgerブログの記事で、MonetaGo CEOのJesse Chenard氏は、ブロックチェーンが従来のBPM(Business Process Management)プラットフォームをいかに改革するかを論じている。既存のBPMプラットフォームの課題は、一般的に組織の一部門がデータを所有していることと、取引先企業とのトランザクション交換に問題があることだ。ブロックチェーンソリューションは、機密情報を部外者に漏らすことなく、境界を越えた監査の実施を可能にする。

ロイターの記事によると、BPM市場の価値は、2022年までに約180億米ドルに達すると予測されている。従来のBPMソフトウェアは、ワークフロー管理に関するソリューションを提供するものとして、数十年前から存在している。しかしながら、この従来型アプローチの制約のひとつは、これらソリューションで獲得されたデータが、組織の枠内に閉じこめられたものになることだ。これを回避する方法を、Chenard氏は次のように説明する。

既存のBPMサービスには、ひとつの組織のみを対象として、その内部的なワークフローを扱う傾向があります。組織を越えたワークフロープロセスや情報を管理することはありません。それによって、サードパーティがコントロールする集中的な情報リポジトリの配置という、まさにブロックチェーンが排除しようとしているものと同じトラップに陥ることになります。サードパーティがデータを保持して、ひとつの組織から別の組織への転送を担う場合には、中央ないし単一障害点に起因するレジリエンシ上のリスクが存在します。

それに対して、ピアツーピアBPMシステムの構築にブロックチェーンを導入することには、いくつかのメリットがある。Chenard氏は次のように説明する。

ピアツーピアBPMシステムは、集中的な情報リポジトリを排除すると同時に、複数の企業による直接的な情報交換と、プロセスの完全性の保証の両立を可能にします。このシステムでは、ネットワーク上のすべての関係者に対して、所定のステップを正しく実行することを要求し、それを検証することが可能になります。

このタイプのブロックチェーンアーキテクチャの恩恵を受けるのは、金融サービスである。インド準備銀行(The Reserve Bank of India)は先頃、不正行為防止を目的として、Hyperledger Fabric上に構築された融資ソリューションを提供する3つの事業体の営業許可を取得した。RXIL、A.TReDS、M1xchangeという3組織が共同で、売掛債権担保金融(receivables financing)ソリューションを構築する。売掛債権担保金融は、中小企業の運転資本ニーズに対応することを目的とした、現在急成長中の効率的な貸出ツールのひとつである。インドでは、金融市場が極小~中小企業に対して2,190億米ドルを提供する一方で、1,880億米ドル以上のニーズがいまだ満たされていない。このグループは共同で、このような需要に対応すべく、競争の激しい市場を構築したのだ。

このグループが対応を模索していた課題のひとつが、融資要請を複数のプロバイダに送信することによって、不要な資金提供が行なわれるのを防ぐことだった。資金調達の重複をいかに防止したか、Chenard氏が説明する。

共通のブロックチェーンプラットフォームを実装することで、請求書やクライアントの特定の要素を共有する必要なく、資金提供の重複を回避することが可能になりました。最終的にはこの実装によって、取引所がすべての顧客に対して全体的によいレートを提供できるようになり、他の方法ではリスクが高過ぎるようなビジネスに、資金調達手段を提供することができたのです。

対処の必要なもうひとつの側面は、このプラットフォームに関与する3つの組織が、いずれも競合企業であるということだった。結果として、プライバシの維持が非常に重要になった。Chenard氏が説明する。

クライアントは入力ソースについては特に慎重なので、どれかひとつのエンティティによってコントロールされる共有レジストリに、取引所がクライアント情報を提供する、ということは避けなくてはなりません。Hyperledger Fabric上にブロックチェーンネットワークを構築し、インテリジェントな暗号化と組み合わせることによって、共有ネットワーク上で複数の取引が共存可能になります。これにより、前述のような懸念を排除し、プライバシを損なうことなく共通の目標を達成できます。

ブロックチェーンアーキテクチャでBPMを使うメリットのひとつは、参加者や取引相手が、顧客のデータを漏洩することなく、自身のデータのコントロールを引き続き維持できる点にある。これによって組織側は、コントロールを維持しながらネットワークルールを施行することができるようになる。

インドのプロジェクトは、BPMアーキテクチャでブロックチェーンが利用可能であることを示しているが、ツーリングや機能の面ではまだいくつかの課題がある。Chenard氏が付け加える。

BPMにおける通信レイヤとしてのブロックチェーンテクノロジは有望なユースケースと言われていますが、すぐに適用可能なソリューションという意味ではありません – 現実のワークフローやユースケース、その地での法律や規則に依存する部分が大なのです。

BPMが開発者やユーザにとって非常に成熟した、親しみやすい分野であるのに対して、ブロックチェーンはいまだ新興技術である。しかし、インドでのケースが示すように、ブロックチェーンは、複数の企業にまたがるビジネスプロセス管理において、重要な役割を果たす可能性を持っている。

 
 

この記事を評価

採用ステージ
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。