BT

InfoQ ホームページ ニュース Microsoft、AzureでMongoDB Atlas無料枠の提供を発表

Microsoft、AzureでMongoDB Atlas無料枠の提供を発表

ブックマーク

原文(投稿日:2018/11/17)へのリンク

Microsoftは、Microsoft AzureでMongoDB Atlasの無料枠が使えることを発表した。これはM0という無料枠で、MongoDBの学習やプロトタイピング、初期開発に使える512MBのストレージをユーザーに提供する。

MongoDB Atlasを利用可能にすることは、顧客に多くの選択肢を提供するというMicrosoftの大きな目標の一環だ。Atlasを使うことで、顧客はM0という無料枠でMongoDBの最新バージョンを入手することができる。加えて、AzureにおけるマネージドAtlasというメリットもある。Microsoft Azure担当シニアパートナー開発マネージャーであるDonald Petersen氏はブログに次のように書いている

MongoDB Atlasクラスタータイプ、M0クラスターは、エンドツーエンドの暗号化、高い可用性、フルマネージドアップグレードにより、ユーザーに最適なセキュリティを提供します。またM0クラスターにより、ビルトインのData Explorerを介して、ブラウザからデータに対してCRUD操作を行うことができ、より高速な開発が可能になります。

Microsoft USのIntelligent Cloud担当ゼネラルマネージャーであるLindsay Zwart氏は、Nasdaqの記事で無料枠の提供についてこう語っている

Microsoft AzureプラットフォームでMongoDB Atlas無料枠を提供することは、両者の顧客にとって大きな恩恵があります。開発者はアプリケーションの基盤としてAzureでAtlasを使うことを強く望んでいます。そして今、Microsoft AzureとMongoDB Atlasの組み合わせを試すのに、障壁となるものはありません。

AzureでAtlas MongoDBを使うことで、データベースをPower BIやMicrosoft Azure Databricksといった他の製品と統合することもできる。

Atlasの通常のデプロイメントは簡単だ。MongoDB Atlasにサインアップして、最初のAtlasクラスター構築時に、クラウドとしてAzureといずれかのリージョンを選択する。そのあと、ドロップダウンから"M0"を選択する。

 
ソース: https://www.mongodb.com/blog/post/new-to-mongodb-atlas--get-started-with-free-database-tier-on-microsoft-azure

現在、Azure以外にも、AWSとGoogle Cloud Platform (GCP) でAtlasを利用できる。これらのクラウドプラットフォームでも、ユーザーは同じだけのストレージを持つ無料枠を利用できる。MongoDB Atlasを使うことで、ユーザーはクラウドプロバイダーにロックインされることはないだろう。

MongoDB Atlas無料枠は3つのAzureリージョン(East US、East Asia、West Europe)で利用可能だ。MongoDB Atlasに関する詳細はWebサイトにある。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。