BT

InfoQ ホームページ ニュース Microsoft Azure Governmentクラウド

Microsoft Azure Governmentクラウド

ブックマーク

原文(投稿日:2019/01/29)へのリンク

Microsoftは最近、Microsoft LearnプラットフォームにAzure Governmentの入門クラスを追加した。Azure Governmentは、米国政府向けソリューションをMicrosoftのクラウド上でホストするものだ。

政府サービスには、セキュリティとコンプライアンスに関して独自の要件がある。他方、クラウドソリューションは、オンプレミスソリューションでは達成困難なスケール、弾力性、レジリエンスを提供することができる。Microsoft Azure Governmentは、物理的なレベルのインスタンスで完全に分離されている。これは8つの米国リージョン(Chicago、Dallas、New York、Phoenix、San Antonio、Seattle、Silicon Valley、Washington DC)で利用でき、米国政府のニーズに合わせて特別に構築されている。それ自体は、米国および海外(EU、インド、オーストラリア、中国、シンガポールなど)の多数のコンプライアンス標準に従っている。コンプライアンス標準には、Level 5 DoD承認、FedRAMP HighとDISA L4 (42のサービス) および L5 (スコープに45のサービス)が含まれる。

Azure Governmentには、Azureのグローバルマーケットプレイスとは異なる独自のマーケットプレイスがある。主な違いは、異なるイメージセットをサポートすることだ。もう1つの違いは、BYOL(Bring Your Own License)とPayGo(Pay-as-you-Go)のイメージしか利用できないことだ。Azure Governmentには、独自のブログ、豊富なドキュメントが付属しており、90日間のフリートライアルで最大$1500まで利用できる。

Azure Governmentは、Amazon AWSのGovCloud USと真っ向から競合している。GovCloud USはAWSと似ていて、2つの米国リージョン(US-EastおよびUS-West)で利用でき、独自のマーケットプレイスを提供している。AWS GovCloud USはAzure Governmentと同様のコンプライアンス標準をサポートし、FedRAMP、DoD CC SRG IL2、IL4、IL5、CJIS(Criminal Justice Information Services)、ITAR(International Traffic and Arms Regulations)などの標準をサポートしている。Govcloud USは 幅広いAWSサービスをサポートしている。どちらのクラウドも、連邦政府機関や省庁だけでなく、州および地方自治体でも利用できる。こうしたワークフローをAzure GovernmentもしくはAWS GovCloudに移行すると、非常に大きなメリットがある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。