BT

InfoQ ホームページ ニュース MicrosoftはAzure Service BusとEvent Hubの可用性を拡大

MicrosoftはAzure Service BusとEvent Hubの可用性を拡大

ブックマーク

原文(投稿日:2019/02/06)へのリンク

Microsoftは最近のブログ記事で、Availability ZonesがAzure Service Bus PremiumとAzure Event Hubs Standardをサポートすることを発表した。このサポートにより、顧客は、アベイラビリティーゾーンがサポートされているリージョンで、これらのサービスに対して高可用性オプションを利用できる。

これまでMicrosoftは、3つのリージョン(米国中部、米国東部2、フランス中部)においてAzure Service Bus PremiumプランおよびAzure Event Hubs StandardプランでプレビューとしてAvailability Zonesのサポートを追加した。現在一般利用向けにサポートを受けることが可能であり、Microsoftはさらに4つのリージョン(西アメリカ2、西ヨーロッパ、北ヨーロッパ、東南アジア)でAvailability Zonesのサポートを追加した。顧客は新しいネームスペースをプロビジョニングするときにこの機能を利用できる(既存のネームスペースからの移行はできない)。

アベイラビリティーゾーンにより、Microsoftは顧客にデータセンタの障害の可能性に対する保護機能を提供する。アベイラビリティーゾーンが有効になっているAzureリージョンは、データセンタを持つ複数の場所で構成されている。さらに、回復力を確保するために、Microsoftはすべての有効リージョンに最低3つの個別のゾーンを提供している。さらに、各データセンタは独立した電力、冷却、ネットワーキングを備えている。

ソース: https://docs.microsoft.com/en-us/azure/availability-zones/az-overview

Azureの顧客は、zoneRedundantプロパティをtrueに設定するか、Azure Portalを使用するだけで、いわゆるAzure Resource Manager(ARM)テンプレートを通じてサービスのアベイラビリティーゾーンのサポートを有効にできる。

ソース: https://azure.microsoft.com/en-us/blog/azure-service-bus-and-azure-event-hubs-expand-availability/

IBM、Amazon、Googleなど、Microsoft以外のさまざまなパブリッククラウドには、アベイラビリティーゾーンをサポートするリージョンがある。さらに、アベイラビリティーゾーンを提供する各クラウドプロバイダは、Service BusやEvent Hubsなどのキューイングおよびストリーミングサービスを含む、さまざまなプラットフォームサービスをサポートしている。AmazonのAWS SNSとSQS、IBM MQ、およびGoogle Pub/Subは、可用性とビジネス継続性を高めるために、可用性ゾーンでサポートされている。

Azure Service BusEvent Hubsの詳細については、価格を含む各Webサイトを参照してください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。