BT

InfoQ ホームページ ニュース SalesforceがEinstein Services製品にインテリジェンスを追加

SalesforceがEinstein Services製品にインテリジェンスを追加

ブックマーク

原文(投稿日:2019/04/29)へのリンク

最近のプレスリリースで、SalesforceはEinsteinプラットフォームへの機能追加を発表した。ローコード、ポイントアンドクリックの設定ベースの操作でArtficial Intelligence(AI)ベースのソリューションをSalesforce開発者および管理者に提供することを目的としている。このプラットフォームに最近追加されたのは、Salesforceのオブジェクトまたはフィールドの言語翻訳を可能にするEinstein Translation、およびドキュメントからオブジェクトを検出および抽出するためにコンピュータビジョンテクノロジを使用するEinstein Optical Character Recognition(OCR)である。さらに、Salesforceは、AI機能が機械学習モデルにバイアスを埋め込まれるのを防ぐメカニズムを追加した。

Salesforceの顧客は、Einstein AIの機能を使用して、毎日60億以上の予測を生成している。ところが、これらのAI機能を使用するためにデータサイエンスに関する専門知識は必要ない。Salesforceは、プラットフォームによって生成されたインテリジェントな洞察を活用して、ビジネスユーザの生産性を向上させたいと考えている。

企業は競争力を維持するためにAIの使用を加速し拡大し続けなければなりませんが、それぞれがカスタマイズされたAIを必要とする独自のプロセス、データ、ユースケースを持っています。これらのカスタマイズされたAIソリューションを構築するために必要なデータ科学者が世界的に不足しているため、Salesforceは、Salesforce開発者および管理者がEinsteinプラットフォームの「ポイントアンドクリック」ソリューションおよびローコードサービスを活用することでスキルギャップを埋めようとしています。

Einstein Translationは、Einsteinプラットフォームに追加された新しい機能の1つであり、開発者または管理者が任意のSalesforceオブジェクトのフィールドの自動翻訳を設定することを可能にする。 Salesforceがこのテクノロジに対して挙げたユースケースは、インバウンド顧客からの問い合わせを、その要求に応えられる顧客サポート担当者の母国語に翻訳することである。

導入された他の新しい機能は、文書を分析し、コンピュータビジョンを使用してオブジェクトの文脈情報を抽出することができるEinstein Optical Character Recognitionである。このテクノロジを使用して、営業担当者が見込み客の名刺をスキャンし、名刺画像からテキストを抽出してSalesforceに読み込むことができる。

SalesforceアプリケーションにAIを埋め込むことは、同社にとって目新しいことではない。昨年、SalesforceはEinstein Prediction Builderを導入した。これは、Salesforceのフィールドまたはオブジェクトの結果を予測し、この顧客が次の請求書を支払う可能性など、将来の結果を予測するものである。

AIがより普及するにつれて、社会におけるその使用についての懸念もある。最近、欧州連合は信頼できるAIに関する倫理ガイドラインを発表した。

  • 合法 – AIは適用法令を尊重する必要がある
  • 倫理 - 倫理の原則と価値観を尊重する
  • 堅牢性 – 技術的観点からと共に、社会的環境を考慮して

Salesforceは、民主化され信頼されたAIにもコミットし、最近次の声明を発表した。

AIの意味は他の技術によってもたらされるものとは異なります。それは、それによってもたらされる混乱のスピードとその潜在的な影響に関する不確実性の度合いのためである。Salesforceは、AIをアクセシブルにするだけでは不十分であることを認識しています。AIのすべての開発者、管理者、エンドユーザが、透過的で、責任を持ち、説明責任を持てる方法でAIを使用する権限を与えられている必要があります。AIテクノロジが変化し進化し続けるにつれて、Salesforceは、その最高の信頼を維持し、有害なAIのバイアスを識別して軽減するために必要なツールと知性を提供することを約束します。

この取り組みの結果、Salesforceは、「なぜ」予測が行われているのかについて説明する機能も発表した。Salesforceは、予測に影響を与えるバイアスを避け、データセット内で有害なバイアスが検出された場合に管理者がアラートを通じて人種や性別によるバイアスを除外できるようにしたいと考えている。

Salesforceのevp兼ゼネラルマネジャーであるJohn Ballが、信頼できるAI機能を開発することがなぜ重要かを説明している。

私たちの使命は単に技術をより身近にすることを超えています。私たちは、人々が信頼し、適切に使用できるようにAIを民主化することを約束します。

SalesforceがAIのバイアスにどのように対処するかについての詳細は、ブログ投稿を参照してください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。