BT

InfoQ ホームページ ニュース Oracle Weblogic Serverにリモートで悪用される可能性のある大きな脆弱性

Oracle Weblogic Serverにリモートで悪用される可能性のある大きな脆弱性

ブックマーク

原文(投稿日:2019/05/10)へのリンク

セキュリティ研究者がOracle Weblogic Server(WLS)に新たにリモートから悪用可能な脆弱性を発見した。CVE-2019-2725に割り当てられているこの脆弱性は、ユーザ認証なしでリモートから悪用される可能性があり、全体のCVSSスコアは10のうち9.3であり、重大な脆弱性となる。

Oracleはこの問題の影響を受けるサーバのバージョンが10.3.6.0と12.1.3.0であることを記したセキュリティ警告を発表した。この脆弱性は、簡単に悪用できるため、既に実際に悪用されており、ランサムウェアCrytocoin Miners、その他の悪質なソフトウェアがインストールされている。Oracle社は可能な限り早急に「アップデートを適用することを強く勧めている」。

その根本的な欠陥は、デシリアライズされたXMLデータの検証が不十分なためである。特別に細工されたSOAPリクエストにより、攻撃者はサーバ上で完全なコード実行権限を獲得することができる。

より具体的には、この脆弱性は/_async/AsyncResponseServiceエンドポイント上のWLSの非同期コンポーネントに存在する。このエンドポイントは、非同期の要求・応答機能を処理するために使用される内部エンドポイントである。

AsyncResponseServiceエンドポイントはリクエストを受信すると、ハンドラのリストを通して繰り返し処理をして、各ハンドラがリクエストを処理できるようにする。 1つの特別なハンドラ、WorkAreaServerHandlerWorkContextXmlInputAdapterを利用し、それはXMLDecoderを利用する。これが脆弱性が発生するポイントである。

XMLDecoderは、直列化可能オブジェクトを処理するために使用されるObjectInputStreamと性質的に非常に似ているが、XMLDecoderは、バイナリ形式ではなくXML形式を使用して直列化オブジェクトを記述する。入力を適切にサニタイズしないと、任意のJavaオブジェクトをデシリアライズできる。

残念ながら、この脆弱性はWeblogicやJavaにとって、最初のものではない。2017年にWeblogicでも同様の脆弱性が報告された(CVE-2017-10271)。そして、一般的にJavaは、InfoQの記事「The State of Java Serialization」で以前に扱われていたように、デシリアライズの脆弱性に変わったものではない。これらの種類の脆弱性を阻止する必要性が認識され、JEP-290はJava 9の一部として導入およびリリースされた。

Oracleは、この問題を解決するために、直ちにパッチを適用することを薦めている。その他の非公式の推奨事項には、すべての/_async/* URLへのアクセスをブロックすること、または非同期機能のためにWARファイルおよび関連ファイルを削除することが含まれる。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。