BT

InfoQ ホームページ ニュース Microsoftは共同文書作成のためのWebベースプラットフォームであるFluid Frameworkを展示

Microsoftは共同文書作成のためのWebベースプラットフォームであるFluid Frameworkを展示

ブックマーク

原文(投稿日:2019/06/06)へのリンク

Microsoftは最近、年次のBuild開発者会議で新しいFluid Frameworkを発表した。Fluid Frameworkは、開発者が高度にコラボレーティブな対話型サービスおよびアプリケーションをWeb上で構築できるように設計された開発者プラットフォームである。

Microsoftは、Build 2019のオープニング基調講演で、新しいFluid Frameworkのリアルタイムデモを発表した。Microsoftは次の通り説明している。

これは、共有されたインタラクティブな体験のための新しいWebベースのプラットフォームおよびコンポーネント化されたドキュメントモデルです。我々が知っているように、Fluidは従来のドキュメントの障壁を打ち破り、そして流れるようなキャンバスの初めで案内します。開発者に対して考えるとき、それは私たちが分散ウェブアプリケーションと呼ぶものを構築するためのフレームワークとなります。

Microsoftは3つのポイントについてビジョンを明確にした。まず、Fluid Frameworkの共同作業の側面について見ていく。Fluidは、Microsoftが業界ではまだ達成されていないと主張するスピードで、一定レベルのコミュニケーションとインタラクティブ性を備えた共同アプリケーションの開発を可能にすることで、チームの生産性を高めようとしている。Fluid Frameworkデモで示されているように、ローカルユーザのアクションとリモートユーザのアクションの間の待ち時間が短いため、新しいユーザの行動と共同作業のワークフローが生まれる可能性がある。Microsoft 365アプリマーケティング担当シニアディレクターのRob Howardは次のように述べている。

これらのコラボレーションツールを使うことで、これらの人々の行動が変化するのを見るというポイントがあります。

2番目のポイントはコンポーネント化されたドキュメントモデルを持つことを基点にして展開する。それによって、著者と作成者が「コンテンツを共同のビルディングブロックに分解する」ことができるようになる。これらのビルディングブロックは、ローカルまたはリモートのアプリケーション間で共有され、新しい文書にまとめることができる。これは、以前のOLE (Object Linking and Embedding)モデルのコンテキストでMicrosoftによって以前から推奨されていた複合ドキュメントの概念を彷彿とさせる。

最後に、Fluid Frameworkは、「人間と一緒に作業するインテリジェントエージェントがテキストの翻訳、コンテンツの取得、編集の提案、コンプライアンスチェックの実行などを行う余地を残している」。Microsoftは、ドキュメントに参加するすべての参加者のためのMicrosoft Wordでのライブ翻訳と、Microsoft Teamsチャットインターフェース内でリアルタイムにテーブルを直接共有する機能をデモで紹介した。

開発者は、ソフトウェア開発キット(SDK)を介して、年末までにFluid Frameworkにアクセスできるようになる。Microsoftはまた、今年のうちにFluidを使用した最初のMicrosoft 365エクスペリエンスを提供すると期待されている。それまでの間、Microsoft 365 BlogはFluid Frameworkに関する詳細情報を公開する予定である。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

アジャイルこそが問題なのか

Mo Hagar 2019年8月28日 午前3時50分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。