BT

InfoQ ホームページ ニュース Nest.js 6はGraphQLとの統合と、プラットフォームの柔軟性を改善

Nest.js 6はGraphQLとの統合と、プラットフォームの柔軟性を改善

ブックマーク

原文(投稿日:2019/04/22)へのリンク

Nest.jsは最近、TypeScriptフレームワークのバージョン6のリリースを発表したNest.js 6はGraphQLのサポートを改善し、さらにフレームワークのプラットフォーム固有の部分を切り離して、従来のExpressおよびNode.jsベースのアーキテクチャ以外のアプリケーションをサポートする。

Nest.jsの作成者でTrilon.ioの共同創設者であるKamil Mysliwiecが、Nest.js 6の変更点をGraphQLと共に説明する。

GraphQLアプリケーションの最も一般的な問題の1つは型の冗長性です。この問題を解決するために、以前のバージョンのNestでは、SDLで記述された定義をTypeScriptインターフェイス(またはクラス)にコンパイルできるようにするコンパイラを追加しました。6.0.0では、Nestは、amazingtype-graphqlパッケージと統合され、TypeScriptデコレータだけを使ってGraphQLファイルを生成することができるようになりました。今、あなたはどちらのアプローチがあなたの要件により適しているかを選ぶことができます。それらは両方@nestjs/graphqlパッケージで利用可能です。

バージョン6のもう1つの重要な変更点は、Nest.jsがサーバーサイドフレームワークとしての主な目的を超えて、より柔軟で汎用的なフレームワークになることである。Mysliwiecは次のように説明する。

プラットフォームに依存しないため、開発者がさまざまな種類のアプリケーションで使用できる再利用可能な論理部分を作成できます。Nestを使えば、Webアプリケーション、CLI、ジョブキュー、その他考えられるものを簡単に構築できます。

Nest.jsの次期メジャーの現在の計画には、TypeScript ASTを活用してデコレータのサポートを減らし、ジェネリクス、インタフェース、循環依存関係、および自動応答スキーマの生成をサポートするようにNest.js Swaggerモジュールをリライトすることが含まれる。Nest.jsチームはまた、サーバーレス環境をサポートしデプロイするためのDevOpsワークフローを改善することを計画している。

サーバーサイドアプリケーションの場合、Nest.jsはExpressFastifyなどのHTTP Serverフレームワークを利用し、TypeORMなどのさまざまなサードパーティ製モジュールと簡単に統合できる。Nest.jsは、コントローラ、ルーティング、プロバイダ、ミドルウェア、ガード、およびインターセプタを含む、さまざまなアーキテクチャパターンとデコレータを提供する。Nest.jsは、制御の反転(IoC)コンテナアーキテクチャを提供する。

バージョン6への移行を検討しているNest.jsのユーザは、Nest.js移行ガイドに従ってください。Nest.jsに不慣れな開発者は、Nest.js入門ガイドに従ってください。

Nest.jsはMITライセンスの下で利用可能なオープンソースソフトウェアである。コントリビューションやフィードバックはNest.js GitHubプロジェクトを通して奨励されており、Nest.jsコントリビューションガイドラインに従ってください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。