BT

InfoQ ホームページ ニュース Microsoftが.NET Core 3.0 Preview 7をリリース

Microsoftが.NET Core 3.0 Preview 7をリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2019/07/31)へのリンク

Microsoftは先週、Windows、macOS、Linux向けの.NET Core 3.0 Preview 7をリリースした

このリリースは、.NET Coreの凍結期間の始まりを示している。これ以降、新しい機能は追加されなくなり、開発チームは既存のコードの洗練に集中する。公式発表によると、残りのプレビューリリースに向けて、品質に対してのみの注力が予想される。

このリリースの主な改善点は、.NET Core SDKのサイズに関連しており、元のサイズの(オペレーティングシステムに応じてディスク上で)25%~30%に縮小された。改善点は、SDKの構築方法の変更によるものである。以前のバージョンでは、SDKの構築プロセスにNuGetパッケージの使用が含まれていたため、多くの未使用のアーティファクトが発生していた。SDKの新しいバージョンは、Microsoftが「専用ビルドパック」と呼ぶもので構築されており、リファレンスアセンブリ、フレームワーク、テンプレートがその例である。

WPFおよびWindows Forms 3.0が.NET Core 3.0の一部として追加されたため、Windowsに対するサイズの改善は小さかった。それでも、.NET Core SDK Dockerイメージも影響を受けた。x64 DebianとAlpineのイメージは、それぞれ元のサイズの45%と30%に縮小された。 SDKサイズ削減の詳細については、こちらをご覧ください。

この.NET Core 3.0のプレビューはMicrosoftによってサポートされており、本番環境で使用できる。Microsoft .NET Siteはすでに新しいリリースで更新されている。Preview 8向けの別のアップデートは、数週間以内に予定されている。Microsoftは、Preview 7以降、ほとんどのAPIに対して、変更は非常に少なくなるはずだと述べている。ただし、WPF、Windows Forms、Blazor、Entity Frameworkは、同じ記述において「注目すべき例外」としてリストされている。

.NET Coreロードマップによると、最終3.0リリースは2019年9月に予定されている。Preview 7では、特にdockerコンテナーが本番環境で使用されている場合、Microsoftは.NET Core 3.0の採用計画の開始を公式に推奨している。新しいリリースでのコンテナの改善点はここにあり、それらは主にdockerリソースの制限とオーケストレーションに関連している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。