BT

InfoQ ホームページ ニュース マイクロソフトはML.NET 1.2を発表

マイクロソフトはML.NET 1.2を発表

ブックマーク

原文(投稿日:2019/07/31)へのリンク

今月初め、マイクロソフトはML.NET 1.2を発表し、そのモデルビルダーとCLIを更新した。

ML.NETは、.NETエコシステム向けのオープンソースのクロスプラットフォームの機械学習(ML)フレームワークである。その主な目的は、C#またはF#を使用してカスタムMLモデルを開発できるようにすることである。これには、Visual Studio向けのUIツール(モデルビルダーと呼ばれ、Windowsでのみ使用可能)とコマンドラインインターフェース(CLI)が含まれている。

ML.NETの新しいバージョンには、予測と異常検出のシナリオ向けのTimeSeriesパッケージが含まれている。また、TensorFlowおよびONNXモデル統合機能の一般向け提供も含まれている。これにより、画像分類およびオブジェクト検出を含む機械学習およびディープラーニングモデルの構築が可能になる。

プレビュー機能として、Microsoft.Extensions.MLという新しい統合パッケージもリリースされた。このパッケージの目的は、ML.NETモデルとASP.NETアプリケーション、Azure Functions、Webサービスとの統合を容易にすることである。ML.NETモデルをASP.NET Coreと統合するための使い方の例はこちら

もう1つの新機能は、ツリーベースの機能の追加である。これは、たとえばオンライン広告のクリック数を予測するなどのシナリオで使用される一般的なデータマイニング手法である。

その他のアップデートとして、ML.NET CLIでのバグ修正がある。そして、.txtファイルのサポート(モデルのトレーニングに使用)やトレーニングデータのサイズ制限の削除(当初は上限1GB)などのモデルビルダーへの小さな追加がある。ML.NET 1.2のリリースノートはこちら

ML.NETは、Windows、Linux、macOSで利用可能である。モデルビルダーはVisual Studioの拡張機能として使用できるため、WindowsリリースにはVisual Studio 2017 15.9.12以降が必要である。macOSとLinuxの前提条件はないが、これらのプラットフォームでは、ML.NETモデルはCLIを使用して構築されている。ML.NETについての詳細はこちら

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。