BT

InfoQ ホームページ ニュース Chrome 76がPWAのインストール、Stealthierシークレットモード、拡張機能トラッキングを搭載

Chrome 76がPWAのインストール、Stealthierシークレットモード、拡張機能トラッキングを搭載

ブックマーク

原文(投稿日:2019/08/28)へのリンク

Googleは最近Google Chrome 76をリリースした。Chrome76はプログレッシブWebアプリ(PWA)をデスクトップにインストールしやすくし、一般的に使用されるシークレットモード検出技術を無効にし、ユーザが拡張アクティビティを追跡できるようにする。

PWAのインストール基準を満たすWebサイトにアクセスするユーザには、アドレスバーにインストールボタンが表示される。ボタンをクリックすると、PWAをインストールするプロンプトが表示される。

PWA開発者は、appinstalledイベントをリッスンし、PWAのインストールを検出できる。さらに、PWA開発者は、beforeinstallpromptイベントのリッスンにより、デフォルトのインストールプロンプトを独自のものに置き換えることもできる。Googleは、開発者がPWAを促進できるいくつかのパターンに言及している。

Chrome 76では、Webサイトは、FIleSystem APIリクエストを行うことにより、シークレットモードを検出することができなくなり、それはシークレットモードでは拒否される。New York Timesなどの一部のWebサイトでは、この手法を使用して、シークレットモードの訪問者がWeb上のペイウォールや無料記事の量の制限を回避することを防いでいる。Googleでは、シークレットモードの対処をするのではなく、読者にログインを要求するウェブサイトを推奨している。

メーターの回避を阻止したいサイトには、ログイン前に表示できる無料記事の数を減らす、コンテンツを表示するために無料登録が必要、またはペイウォールを強化するなどの選択があります。
ニュースチームは、メーター戦略でサイトをサポートし、メーターの回避を減らすという目標を認識していますが、プライベートブラウジング検出に基づくアプローチは、シークレットモードの原則を損ないます。

Chrome 76は、拡張機能アクティビティのチェックも容易にする。この機能を有効にするには、Chromeを--enable-extension-activity-loggingフラグで実行する。その後、ユーザは拡張パネルに移動できる([Chromeメニュー] > [その他のツール] > [拡張機能])。拡張機能の[詳細]タブをクリックすると、新しい[アクティビティログの表示]セクションが表示され、拡張機能によって実行されたアクティビティのリストが含まれる[履歴]タブが表示される。アクティビティのリストは通常のユーザには理解しにくいかもしれないが、注意深く調べるためにリストをJSONファイルにエクスポートできる。

Chrome 76ではさらに、43のセキュリティ修正、Web開発者向けの機能変更(Web Payments APIの改善など)を実装している。一部のWeb機能は削除または非推奨になったが、開発者ツールも追加機能の恩恵を受けている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。