BT

InfoQ ホームページ ニュース Ionic Reactリリース

Ionic Reactリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2019/12/22)へのリンク

IonicチームがIonic Reactの最初のプロダクションリリースを発表した。これはIonicのReactバージョンであり、Reactを利用してiOS、Android、Desktop、PWA向けのアプリケーションを構築する。

Ionic 4のリリースで初めて発表されたが、Ionic Reactはreact-domライブラリを利用している。これはReact Nativeの代替を作るものではない。ネイティブのコントロール及びAPIではなくWeb APIをラップしたものだ。

その機能をサポートするため、Ionic ReactはIonicに属する2つのオープンソース、CapacitorStencilを利用している。Stencilは高効率なコンポーネント生成をサポートするもので、Ionic ReactのPWAソリューションの一部だ。これに対し、CapacitorはCordovaもしくはPhoneGapに代わる最新のもので、モダンなJavaScriptおよびWeb機能を活用し、iOS、Android、Electron、Webにデプロイできる。

Ionic Reactを使うには、まずIonic CLIをインストールする。

npm i -g ionic

以下を実行することで、新しいReactプロジェクトが生成される。

ionic start my-react-app

Ionic CLIはプロジェクトのコンパイル、スタート、オープンにCreate React Appを利用し、アプリケーション構築のためのインタラクティブな質問をし、スターターテンプレートを生成し、デフォルトのHTTPサーバーを提供する。

Ionic ReactアプリケーションはデフォルトでTypeScriptを利用するが、もし望むなら、素のJavaScriptに簡単に切り替えることができる。Ionic Reactはデフォルトで関数コンポーネントと連携し、テーマ設定、ルーティング、React Hooks、その他多数のReact機能を、サポート環境にひとまとめにして提供する。

IonicのCEOであるMax Lynch氏の説明によると、Ionic Reactは通常のオープンソースソフトウェア以上の追加のサポートを提供するという。

Ionicは、Reactとクロスプラットフォームエコシステムに異なるものを提供します。それはサービス、アドバイス、ツール、ネイティブ機能を備えた、十分にサポートされたエンタープライズレディなものです。コミュニティサポートから得られるもの以上を必要としているチームは、これを手に入れることができます。

Ionic ReactはIonic Frameworkの一部であり、MITライセンスで利用できるオープンソースソフトウェアだ。IonicのGitHubプロジェクト経由のコントリビューションとフィードバックが推奨され、Ionic コントリビューションガイドラインおよび行動規範に従う必要がある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。