BT

InfoQ ホームページ ニュース AmazonがAWS LambdaでElastic File System (EFS) をサポートすることを発表

AmazonがAWS LambdaでElastic File System (EFS) をサポートすることを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2020/06/19)へのリンク

最近Amazonは、AWS Lambdaのお客様がAmazon Elastic File System (Amazon EFS)にアクセスする機能を有効にできるようになったことを発表した。EFSのサポートにより、関数呼び出し間でデータを共有し、大きな参照データファイルを読み取り、永続的で共有されたデータストアに関数の出力を書き込むことができる。

最近まで、Lambda関数は多くのユースケースで十分な512 MBの/tmpディレクトリストレージにしかアクセスできなかった。しかし、機械学習のユースケースでは、TensorFlowのようなサイズがギガバイト(GB)であることが多いモデルは/tmpディレクトリストアに収まらないため、Lambda関数を選択できなかった。さらに、Lambda関数が大量のデータ(GB)を処理し、容易にアクセスできるように/tmp ディレクトリストレージに保存する必要があった場合の選択肢がなかった。さいわい、お客様はEFSサポートでファイルシステムにマウントでき、低遅延でデータを読み書きするローカルパスを提供できるようになった。

Amazon EFSでAWS Lambdaを使用するには、開発者はEFSファイルシステムのアプリケーション固有のエントリポイントであるEFSアクセスポイントを必要とする。このエントリポイントには、ファイルシステムにアクセスするときに使用するオペレーティングシステムのユーザーとグループとファイルシステムのアクセス許可が含まれ、ファイルシステム内の特定のパスへのアクセスを制限できる。アプリケーションコードとファイルシステム構成は、この方法で分離される。

Lambda関数でEFSファイルシステムを活用するには、開発者は最初にEFSコンソールを使用してファイルシステムを作成し、関数がEFSマウントターゲットに到達できるようにするために必要なAmazon Virtual Private Cloudを指定する必要がある。次に、開発者はアクセスポイントを追加し、最後に構成を確認してから、作成を押すことができる。その後、開発者はLambdaコンソールにアクセスして、同じVPC接続、そのサブネット、およびセキュリティグループを指定してから、関数構成の新しいファイルシステムセクションにファイルシステムを追加する。

 
ソース: https://aws.amazon.com/blogs/aws/new-a-shared-file-system-for-your-lambda-functions/

Lambda関数でEFSを使用する場合、開発者はEFSのパフォーマンスに対処する必要がある。スループットについては、各ファイルシステムをバーストモードまたはプロビジョニングモードを使用するように構成できる。さらに、考慮すべきセキュリティ制御には複数のレベルがあり、Amazon Web Servicesのチーフエバンジェリスト(EMEA)であるDanilo Poccia氏は、LambdaのEFSサポートに関するブログ記事に次のように書いている。

Lambda関数実行環境とEFSマウントポイントは、業界標準のトランスポート層セキュリティ(TLS)1.2を使用して、転送中のデータを暗号化する。Amazon EFSをプロビジョニングして、保存データを暗号化できる。保存時に暗号化されたデータは、書き込み中に透過的に暗号化され、読み取り中に透過的に復号化されるため、アプリケーションを変更する必要はない。暗号化キーはAWS Key Management Service(KMS)によって管理されるため、安全なキー管理インフラストラクチャを構築して維持する必要がない。

Lambda関数のEFSのサポートにより、AmazonはAWSサービスのEFSへのアクセスをさらに拡大している。以前は、テクノロジー企業はEC2インスタンスにのみEFSへのアクセスを許可していたが、後にKubernetesのEKS、およびECSおよびFargateコンテナにもアクセスできるようになった。

Microsoft Azure MVPでPulumi社のソフトウェアエンジニアであるMikhail Shilkov氏はツイートで述べている。

AWS LambdaがEFS統合を開始したため、大きな永続ディスクを関数に接続して、異なるコンピューティングユニット間で共有できるようになった!これにより、大量のデータ集約型シナリオが開かれる!

AWS LambdaのEFSサポートは現在、AWS LambdaとAmazon EFSが利用可能な全てのリージョンで利用できる。ただし中国のリージョンは除く。さらにAWS LambdaでEFSを使用するための追加コストはない。お客様はAWS LambdaとAmazon EFSの標準料金のみの支払いである。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。