BT

InfoQ ホームページ ニュース Chrome User Agentのサポートを段階的廃止

Chrome User Agentのサポートを段階的廃止

ブックマーク

原文(投稿日:2020/03/24)へのリンク

Googleは、ChromeブラウザでのUser-Agent文字列のサポートを終了することを決定した。代わりに、Chromeは、Client Hintsと呼ばれる新しいAPIを提供します。これにより、ユーザはWebサイトと共有する情報をより詳細に制御できる。

User-Agent文字列は、ブラウザがブラウザ名とそのバージョンを含む単純な文字列を単に送信した90年代初頭の人気のブラウザであるMosaicまで遡ることができる。文字列はMosaic/0.9のように見え、ほとんど使用されていなかった。

数年後、Netscapeが登場したとき、User-Agent文字列を採用し、オペレーティングシステム、言語などの追加の詳細を追加した。これらの詳細は、Webサイトがユーザに適切なコンテンツを配信するのに役立った。User-Agent文字列によってブラウザを嗅ぎ分けられた。

MosaicとNetscapeは異なる機能セットをサポートしていたため、WebサイトはUser-Agent文字列を使用してブラウザ種別を決定し、サポートされていない機能(Netscapeでのみサポートされていたフレームなど)の使用を回避する必要があった。

ブラウザの嗅ぎ分けは、長年にわたってブラウザの機能を決定する上で重要な役割を果たし続けた。多くの企業が主要なUser-Agentタイプのみをサポートしていた、その結果、小さなブラウザベンダは人気のあるUser-Agentを模倣して正しいWebサイトを表示しなければならなかったという残念な副作用があった。

JavaScriptの人気が高まるにつれ、ほとんどの開発者はブラウザの特定の機能を検出するModernizerなどのライブラリの使用を開始している。これにより、より正確な結果が得られます。

その結果、User-Agentの最も重要な使用法は広告業界内にとどまり、企業はそれをユーザの「フィンガープリント」に使用した。主として、ほとんどのユーザはこれらの詳細を無効化/マスクするオプションが制限されていたため、多くのプライバシー擁護者が問題であるとした慣行である。

これら2つの問題に対処するために、ChromeチームはChrome 81以降、User-Agentの段階的な廃止を開始する。

User-Agentを完全に削除することは問題があると考えられていた、多くのサイトは依然としてそれらに依存しているため、Chromeはブラウザバージョンを更新せず、OSデータの統合バージョンのみを含む。

移動はChrome 85で完了する予定で、2020年9月中旬にリリースされる予定である。Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Apple Safariなど、他のブラウザベンダが移動のサポートを表明している。ただし、User-Agent自体がいつ廃止されるかはまだ不明である。

User-Agentに代わるChromeの代替案について詳しくは、公式のGithubリポジトリの「Client Hints」というタイトルの記事をご覧ください。すべての提案と同様に、正確な実装はリリース前に変更される可能性があるため、開発者はリポジトリ内の詳細と新しいバージョンのChromeで提供されるリリースノートを追跡することをお勧めする。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。