BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース WebでZoom: WebAssembly SIMD、WebTransport、およびWebCodecs

WebでZoom: WebAssembly SIMD、WebTransport、およびWebCodecs

ブックマーク

先頃の[web.devライブイベント]で、Google V8のプロダクトマネージャであるThomas Nattestad氏は、Webブラウザ内でZoomやその他のビデオ会議機能をサポートするためにWebに提案された追加機能のいくつかについて説明した。

Nattestad氏は、WebRTCが約10年前に標準化され、すべてのエバーグリーンブラウザでのビデオ会議にフルスタックソリューションを提供していると説明している。残念ながら、WebRTCには制限があり、Zoomなどの多くのサービスは、さまざまなAPIへの低レベルのアクセスからたすけを得ている。

3つの新しいAPIは、Webブラウザ内で今日のビデオ会議ソリューションの機能をサポートする予定である。これらのAPIはまだ確定されておらず、現在活発な設計が行われている。

WebAssembly SIMD (単一の命令、複数のデータ) は、最新のほとんどのアーキテクチャで利用可能なSIMD操作のポータブルで高性能なサブセットを提供する。オーディオ/ビデオコーデックや画像プロセッサなどの計算集中型のアプリケーションは、通常、Webブラウザ以外のSIMDを利用する。Zoomでの例としては、ユーザの実際の背景を仮想背景に置き換えることである。

Chrome 84ではSIMDのオリジントライアルが導入されており、開発者はすべてのChromeユーザに機能を出荷することなく、プロダクションユーザで機能をテストできる。

WebTransportはWICGの提案であり、WebSocketといくつかの類似点があるが、WebSocket内の単一のストリームと比較して、複数のキャンセル可能なストリームをサポートしている。WebTransportは、信頼性の低いデータグラムと信頼性の高いストリームベースのメカニズムの両方を介して双方向転送を提供する。

最後に、新しいWebCodecs APIは、開発者がブラウザですでに利用可能なコーデックを利用してストリームと信号をエンコードまたは再コーディングするための直接アクセスを提供する。以前は、開発者がコーデックエクスペリエンスを制御したい場合、JavaScriptまたはWebAssemblyコードベースの一部としてコーデックを出荷する必要があった。

ブラウザベースのビデオ会議ソリューションはデスクトップクライアントと同等の機能を備えていないが、これらのAPIはデスクトップクライアントと同じ品質のブラウザベースのビデオクライアントを作成する際の障害を取り除く可能性がある。

ブラウザベースのビデオ会議用のこれらの新しいAPIの詳細については、webdev.live Zoom on Webビデオをご覧ください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT