BT

InfoQ ホームページ ニュース AWS無料利用枠は本当に無料ですか?

AWS無料利用枠は本当に無料ですか?

ブックマーク

原文(投稿日:2020/09/20)へのリンク

The Duckbill GroupのクラウドエコノミストであるCorey Quinn氏は、AWSの無料利用枠は壊れているため、AWSはそれを変更する必要があると主張している。メインクラウドプロバイダの無料モデルとは異なり、初心者がクラウドデプロイメントのベストプラクティスに従うのに役立たないようだ。

AWSの先週の編集者はユーザに警告した:

AWS無料利用枠は、テーブルソーが子供に安全であるのと同じ方法で無料です。請求されないことを期待してAWSサービスを闇雲に急いで使用すると、その過程でおそらく手を失うでしょう。

無料利用枠という用語の下で、AWSには、使用する製品に応じて3つの異なるオファーが含まれている。有効期限がなく、すべてのAWSの顧客が利用できる「常に無料」のオファーがある。たとえば、AWS Lambdaは1か月あたり100万リクエスト、DynamoDBは25GBのストレージである。最初のサインアップ日から期間が限定され、Amazon EC2やRDSなどの人気のあるサービスを含む「12か月無料」のオファーがあるが、制約は異なる。最後に、Amazon InspectorやGuardDutyなどのサービスのアクティブ化から始まる短期的な「試用版」がある。

Corey Quinn氏は、この複雑さに関連する長期的なリスクを強調する:

無料のものとそうでないもののパッチワークの性質は、初心者がAWSサービスを使用する方法を人為的に制限します。プライベートサブネットで無料のEC2インスタンスを起動するのはかなり賢明なようですが、そのサブネットに接続されたマネージドNATゲートウェイに対して毎月ほぼ$80が請求されることにかなり驚いています。これでは、初心者にAWSサービスを企業環境ではうまく機能しない方法で使用するように教えることになるという残念な副作用があります。

AWSを使用し、#100DaysOfCodeチャレンジを開始した開発者のNiek Houpelyne氏が最近ツイートした:

AWSは、私が昨日作成した「無料利用枠」のRDSデータベースにクレジットカードへの請求が始まったことがわかりました。

シェーダエディタのShaderFrogの作者であるAndrew Ray氏が、予期しないAWSの請求に関する記事を書いた:

それは「従量制」であり、デプロイする準備ができていなかったので、控えめなクラウドインフラストラクチャを最初の1か月間置いておきました。975.25ドルの最初の請求書を受け取るまで、私はそれについて何も考えませんでした。

AWSには、後で請求書をキャンセルし、AWS予算の使用方法に関する詳細なヒントと、無料利用枠での一般的なシナリオをカバーするFAQがある。さまざまなプロバイダを比較して、Corey Quinn氏は次のことを提案している:

モデルは大きく壊れているため、AWS無料利用枠を完全に再考する時がきたと思います。非常に多くの可動部分があり、非常に難しいと思います。しかし、Oracle、Azure、GCPはすべて、この問題をはるかに包括的で、ユーザに敵対的でない方法で習得しています。

Azureの無料アカウントには12か月の人気のサービスと$200のクレジットが含まれ、Google Cloudの無料プログラムには20以上の製品と$300のクレジットが含まれている。AWSとの重要な違いは、ユーザが有料アカウントに手動で切り替えるまで請求されないことである。Corey Quinn氏は、予期しない請求を受け取ったユーザへのアドバイスで締めくくっている:

AWSサポートでチケットを開きます。何が起こったのかを落ち着いて説明します (...) 初めて超過した場合には、彼らは、ほぼ例外なく手数料を免除します。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。