BT

InfoQ ホームページ ニュース KSQLがConfluent Cloudで利用可能に

KSQLがConfluent Cloudで利用可能に

ブックマーク

原文(投稿日:2020/04/25)へのリンク

KSQLは、Apache KafkaのストリーミングSQLエンジンであり、現在、Confluent Cloud Platform上でフルマネージドサービスとして、利用量ベースの料金プランですべての顧客が利用できる。最近のブログ投稿で、ConfluentはConfluent Cloud KSQLの提供を発表した

KSQLは、Confluent Cloud Platformの最初のプレビューリリースで利用可能な機能の1つであった。現在、本番利用に対応しており、ストリーミングプラットフォームの一部としてConfluent Cloudの顧客が利用できる。KSQLにより、同社はConfluent Cloudを拡張し、ConfluentのシニアプロダクトマネージャーであるDerek Nelson氏が発表ブログの投稿で次のように述べている。

Confluent Cloud KSQLは、本番環境における運用インフラストラクチャに元々あった複雑さを排除します。KSQLを使用してビジネス上の問題を解決することに専念しながら、大規模な本番環境グレードのインフラストラクチャを実行します。変換、ストリームからストリームへのジョイン、集計、データエンリッチメントはすべて、数行のSQLでKSQLを使用してすべて実行できます。

ConfluentincのシステムエンジニアであるBart Kersteter氏はツイートでこう述べている。

KSQLは、特にJavaプログラマー以外にとって、ストリーミングデータアプリの作成に最適です。これは完全にサポートされ、Confluent Cloudで利用できます。

Apache Kafkaはデータパイプラインを強化するための選択肢であり、KSQLはパイプライン内のデータ変換を簡素化して他のシステムに取り込むことができる。KSQLクエリはKSQL Serverエンジンで実行され、KSQLサーバエンジンはKafkaクラスタとの間でデータの処理、読み取り、書き込みも行う。Confluent Control CenterのKSQL UIを通して、ユーザはREST APIを介してKSQLエンジンとインタラクティブに対話できる。Nelson氏によると、KSQL UIで次のことができる。

数回のクリックでストリームとテーブルを作成したり、クエリが対象とするさまざまなストリームとテーブルのスキーマをブラウジングしながら、クエリエディタを介してContinuous SQLクエリを送信したりできます。

 
ソース: https://docs.confluent.io/current/ksql/docs/index.html

Confluent Cloudは、Microsoft Azure、Amazon Web Service(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)などのクラウドプラットフォーム上で数分で本番環境としてすぐに使える環境を提供する。同社は、2017年以降、Apache KafkaストリーミングプラットフォームをAWSで利用できるようにした。また、今後数ヶ月間で、GCP-およびAzureマーケットプレイスでも利用できるようになる。それによってKSQLを使えるCloud Platformが強化される。ConfluentincのシニアグループプロダクトマネージャーであるDan Rosanova氏はInfoQに次のように語っている。

ksqlDBは、ストリーム処理アプリケーション用に作成された、本当に新しい種類のデータベースです。私たちは、ksqlDBを、Kafkaを超えた完全なストリーミングプラットフォームとしてのクラウド製品を完成させたものであり、エンドツーエンドのストリーム処理業務を可能にする統合サービスと見なしています。多くのサービスやプラットフォームとの間のストリーミング接続を可能にするConnectサービスも提供します。これらのサービスはすべて一緒に構成され、洗練された完全な最新のアプリケーションを構築および実行するために使用できるイベントストリーミングSaaSをユーザに提供します。

Confluent Cloud KSQLの詳細については、ドキュメントページをご覧ください。Confluent Cloud KSQLを使ってみたい新たな顧客は、Confluent Cloudにサインアップしてください。最初の3か月間、毎月50ドル分の無料使用枠を取得し、クイックスタートガイドを活用できる。さらに、さまざまなパブリッククラウドプラットフォーム上でのConfluent Cloudの利用可否と機能は、サポート機能ページに記載されている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。