BT

InfoQ ホームページ ニュース Grafana LabsはCortex v1.0のGAの発表とアーキテクチャ変更について説明

Grafana LabsはCortex v1.0のGAの発表とアーキテクチャ変更について説明

ブックマーク

原文(投稿日:2020/04/02)へのリンク

 

人気のあるオープンソースモニタリングプロジェクトGrafanaLokiの背後にある会社であるGrafana Labsは、Cortex v1.0の一般提供を発表した。Cortexは、水平スケーラビリティ、マルチテナンシー、耐久性、長期ストレージなどの機能を含むクラスター化されたPrometheus実装である。

最初、2016年6月に開始されたCortexは、Apacheライセンスのオープンソースプロジェクトであり、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) サンドボックスの一部であった。GrafanaのマネージドロギングおよびメトリクスプラットフォームGrafana Cloudのバックエンドとして3年間運用されている。Grafana Cloudは、クラスタ上で数千万の時系列で動作する。Cortexが今GAに移行する理由を尋ねられたとき、Tom Wilke - Grafana Labsのプロダクト担当副社長兼Cortexの作者 - は述べた:

過去3年間Cortexを実行している場合は、おそらくメンテナの1人です。ここで本当の押しは、安定していると考えていることです。また、使いやすく、より広く採用される準備ができていると考えています。

Prometheusは、時系列データベースのリアルタイムメトリックおよびアラートシステムである。これは、Kubernetesに続いてCNCFに受け入れられた2番目のプロジェクトであり、今日のKubernetesを監視するための事実上の標準となっている。Prometheusの採用は、開始以来15倍の成長を遂げており、25万を超えるアクティブなインスタンスがある。

大規模な組織でPrometheusを実行する際の課題の1つは、多くのチームが独自のPrometheusインスタンスを実行しているため、インストールが非常に分散する可能性があることである。この分野で運営されている同様のオープンソースCNCFサンドボックスプロジェクトであるThanosは、データをそれらのPrometheuseに近づけ、クエリをそれらに統合することに優れている。一方でCortexは、より集中化されたアプローチを採用して組織がより多くの内部Prometheusサービスを組織に提供する共通の可観測性チームを持つことを可能にする。

Grafanaは、マネージドクラウドの提供に加えて、オンプレミスでCortexを実行している組織にエンタープライズサポートサブスクリプションを提供する。Wilke氏は次のように述べている: Cortexは昨年、企業がPrometheusを採用するのを支援し、非常に高速なPrometheusメトリックを備えたスケーラブルなソリューションを提供するための主導権を握っています。

安定性、文書化の改善、およびシステムの複雑さの軽減につながったのは、企業がCortexを採用するのを支援した、経験である。

Cortexをインストールする際の初期の不満は、マイクロサービスアーキテクチャの実行に必要な複雑さと、ブロックストレージのサポートの欠如が含まれていた。GAリリースでは両方の問題が解決されている。

Cortexは、独立してスケーラブルなマイクロサービスとして、または単一のプロセスとしてインストールできるようになった。容易なインストールのために、15の異なるマイクロサービスをインストール、実行、および調整することへの大きな依存はなくなった。Cortexは、1つのコマンドでラップトップに単一のプロセス (単一のバイナリ) として簡単にインストールできる。

さらに、Cortexを開始したときには、Apache CassandraのようなNoSQLストレージエンジンへの依存から始まった。このストレージにより、Grafanaは世界最大のPrometheusインストールのいくつかを実行できるようになった。しかし、NoSQLへの依存は運用コストももたらし、多くの企業にとって障害となってきた。したがって、Cortexはオブジェクトストア (S3、GCS、Azure Blob Storeなど) のみを必要とするモードで実行することもできる。Cortexチームは、Thanosを構築するチームと協力して、Thanosの改善に貢献し、コードベースを共有した。クエリのキャッシュ、並列化、シャーディングなどがすべて追加された。CortexとThanosの両方で、このコラボレーションにより、ブロックストレージとNoSQLストレージ間で同等のクエリパフォーマンスが見られるようになった。Wilke氏は、次のように述べている、「Cortexは操作が簡単で、十分に文書化されており、実際の本番運用に必要なすべてのプレイブック、ダッシュボード、アラートが付属しています。ブロックストアを使用して、これらの種類のオーナーシップアドバンテージの総コストを得られるため、安価に実行できます。」

Cortex v1.0はすぐに利用可能であり、プロジェクトの詳細についてはオンラインで見つけることができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。