BT

InfoQ ホームページ ニュース AWSがAmazon Timestreamの一般提供をリリース

AWSがAmazon Timestreamの一般提供をリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2020/10/06)へのリンク

AWSは先頃、SQLを通して時系列データを公開するサーバレス専用データベースであるAmazon Timestreamの一般提供を発表した。Amazon Timestreamを使用すると、顧客は、最近のデータをメモリに保持し、ユーザ定義のポリシーに基づいてコストが最適化されたストレージ階層に履歴データを移動することで、時系列データのライフサイクルを管理する時間とコストを節約できる。

ほぼ2年前、AWSはre:Invent中にAmazon Timestreamを、サーバとネットワークのログ、センサーデータ、IoTおよび運用アプリケーションなどの産業用テレメトリデータなどの時系列データを収集、保存、処理するための専用の時系列データベースサービスとして導入した。パブリッククラウドベンダーは、完全に分離されたデータ取り込みおよびクエリ処理システムを使用してサービスを構築し、基盤となるインフラストラクチャを管理することなく、顧客に無限の規模と、ストレージおよびクエリ処理を独立して自動的に拡張する機能を提供する。さらに、初期費用は発生せず、顧客は自分が書き込んだり、保存したり、照会したりしたデータに対してのみ支払う。

顧客は、コンソール、AWSコマンドラインインターフェース (CLI) AWS SDK、およびAWS CloudFormationでAmazon Timestreamを使用できる。さらに、顧客は時系列データベースサービスを使用して、たとえば、平滑化、近似、補間などの組み込みの分析機能を活用することにより、IoTアプリケーションによって生成された時系列データをすばやく分析できる。たとえば、スマートホームデバイスの製造元は、Amazon Timestreamを使用して、デバイスセンサーから動きまたは温度のデータを収集し、補間して動きのない時間範囲を特定し、エネルギーを節約するために熱を下げるなどのアクションを実行するように消費者に警告できる。

出典: https://aws.amazon.com/timestream/

パブリッククラウドベンダーは、時系列データベースサービスにより、1日あたり数兆の時系列イベントを簡単に収集、保存、処理できると主張している。これは、リレーショナルデータベースの最大1,000倍の速度で、わずか1/10のコストである。最近のデータをメモリに保持し、顧客が定義した保持ポリシーに基づいて履歴データをコスト最適化されたストレージに移動することで可能になる。

Amazon Web Servicesのチーフエバンジェリスト (EMEA) であるDanilo Poccia氏が、Amazon TimestreamのGAに関するブログ投稿で説明する:

すべてのデータは、同じAWSリージョン内の複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) に常に自動的に複製されます。新しいデータはメモリストアに書き込まれ、操作の成功を返す前に3つのAZ間でデータが複製されます。データレプリケーションは定足数ベースであるため、ノードまたはAZ全体が失われても、耐久性や可用性が損なわれることはありません。さらに、メモリストア内のデータは、追加の予防措置として、Amazon Simple Storage Service (S3) に継続的にバックアップされます。

また、このサービスは、AWS IoT Core (IoTデータ収集用) 、Amazon KinesisおよびAmazon MSK (ストリーミングデータ用) 、Amazon QuickSight (サーバレスビジネスインテリジェンス用) 、Amazon SageMaker (機械学習モデルを迅速に構築、トレーニング、デプロイするため) など、およびGrafana (可観測性ダッシュボード用) 、PrometheusTelegraf (メトリック収集用) などのオープンソースのサードパーティツールなど他のデータ収集、視覚化、機械学習ツールと簡単に統合できる。

Constellation Research Incのプリンシパルアナリスト兼バイスプレジデントであるHolger Mueller氏は、InfoQに語った:

AWSは、その特殊なデータベース戦略を継続し、現在、TimeStream DBをGAに組み込んでいます。また、TimeStreamが提供する枠にとらわれない自動化が多数あり、データの階層化を介したセルフサービスプロビジョニングが開始されています。後者は、大量のデータストリームを処理するために重要です。これにより、AWSは、ロギング、IOT、イベントベースの処理などにおける主要な次世代アプリケーションのユースケースを可能にします。

AWSで利用できる時系列データベースサービスはAmazon Timestreamだけではないことに注意してください。Timescale Cloudと呼ばれるサードパーティのソリューションも利用可能で、AWS、Azure、Googleの76のリージョンに存在する。さらに、Hacker Newsスレッドの回答者は次のように述べている:

Timestreamにとって残念なことに、Timescale CloudはTimestreamよりも10倍から70倍安価に使用できます。

現在、Amazon Timestreamは、米国東部 (バージニア州北部) 、ヨーロッパ (アイルランド) 、米国西部 (オレゴン) 、および米国東部 (オハイオ) で利用できる。価格の詳細については、価格ページをご覧ください。さらに、ガイダンスとドキュメントは、TimestreamのランディングページGitHubリポジトリでサンプルを入手できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。