BT

InfoQ ホームページ ニュース AWSがMac MiniベースのEC2インスタンスの提供を開始

AWSがMac MiniベースのEC2インスタンスの提供を開始

ブックマーク

原文(投稿日:2020/12/09)へのリンク

re:Invent 2020で発表されたAWSの新しいEC2 Macインスタンスにより、Amazon Elastic Cloud ComputeでmacOSを実行して、macOS、iOS、iPadOS、tvOS、watchOS、SafariなどのAppleプラットフォーム用のXcodeアプリケーションを構築、テスト、パッケージ化、署名できる。

EC2 Macインスタンスは、開発者が使用中に排他的にアクセスできる物理Mac Miniを搭載している。他のインスタンスと同様に、EC2 MacインスタンスはAWS Nitro Systemを介してEC2プラットフォームと統合される。

これらのインスタンスを使用して、前述のすべてのApple環境を対象とするビルドファーム、レンダファーム、およびCI/CDファームを作成できます。新しいインスタンスを数分でプロビジョニングできるため、ハードウェアを所有および操作しなくても、複数のターゲットのコードを迅速かつコスト効率よく構築できます。

各Mac Miniは、32GBのメモリと最大4.6GHzのターボブーストを備えた3.2GHzで動作する第8世代の6コア Intel Core i7 (Coffee Lake) プロセッサを搭載したmacOS 10.14またはmacOS 10.15を実行する。現時点では、新しいApple M1チップを搭載したインスタンスは利用できないが、2021年中に提供される予定だ、とAWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏は言う。

予想通り、EC2 Macインスタンスは、Amazon Elastic Block Store (EBS)、Amazon Simple Storage Service (S3) などの他のAWSサービスにアクセスできる。ただし、Appleのライセンス条項に従って最小アクセスは24時間に設定されているため、オートスケーリンググループに簡単に参加することはできない。これにより、効率がほとんど低下する。

Appleによると

クラウド内のEC2 Macインスタンスを使用すると、数回クリックするだけでmacOSコンピューティング環境をシームレスにプロビジョニングしてアクセスできるため、ビルドの作成、テストの実行、開発プロセスの自動化が簡単になる。

基本価格は1時間あたり1.083ドルなので、EC2 Macインスタンスは非常に高価なオプションになる。実際、インスタンスを常に稼働させておくと、月額790ドルになり、1年に数台の物理的なMac Miniを購入するのに十分だ。一方、最低24時間は、アプリのビルドとテストを数時間だけ行う場合でも、そのようなインスタンスを割り当てるたびに26ドルを支払うことを意味するため、慎重なタスク計画が必要だ。それでも、EC2 Macインスタンスは、AWSに投資していて、Appleエコシステムに拡張しながら、そのままの方法で作業することを好む企業にとって魅力的である可能性がある。

AWSは、クラウドでmacOSを提供する最初の企業ではない。以前は、開発者はMac StadiumMacinCloudMacWebなどでMacハードウェアをレンタルできた。それらはすべてAWSよりも競争力のある価格設定を提供し、Mac StadiumとMacWebはすでにM1ベースのAppleハードウェアを提供している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。