BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース 3月16日のInfoQ Live: ソフトウェアデリバリーの不確実性を減らす方法を探る

3月16日のInfoQ Live: ソフトウェアデリバリーの不確実性を減らす方法を探る

ブックマーク

原文(投稿日:2021/03/04)へのリンク

InfoQ Liveはソフトウェアエンジニアとアーキテクトのための1日のバーチャルイベントであり、3月16日に新しいエディションで帰ってくる。今回は、ソフトウェア開発サイクルの不確実性を減らす方法に焦点を当てている。

参加者は、次の目的で実際の経験から学ぶことができる:

  • プロダクション環境での効果的なテスト
  • カオスエンジニアリングを通じて秩序をもたらす
  • 可観測性の最新ツールを利用して、問題をリアルタイムで根絶

InfoQ Liveセッションスポットライト

GremlinIncのシニアソフトウェアエンジニアのAna Medina氏による、Building Reliability One Step at a Time (信頼性を一歩ずつ構築する)

組織の信頼性を構築することで、顧客が最も必要としているときに優れたユーザエクスペリエンスを提供し続けることができる。多くの企業は、「9つの可用性」またはシステム稼働率を使って信頼性を測定している。サイト信頼性エンジニアリング (SRE) は、可用性の目標を達成するために採用できるいくつかのプラクティスを教えてくれたが、組織の可用性の目標を達成することは学習体験であり、障害への対応に積極的に取り組む必要があることに留意する必要だ。

この講演では、2016年からのカオスエンジニアリングをどのように使用して、私が取り組んだシステムについて詳しく学び、このプラクティスを使用してシステムの弱点を切り離し、インシデントから学び、監視と可観測性を向上させる方法について説明します。

GremlinIncのシニアソフトウェアエンジニア、Ana Medina氏

awscloudのコンテナサービスチームのオープンソースプロダクトデベロッパーアドボケイトであるMichael Hausenblas氏による、Embracing Observability in Distributed Systems (分散システムにおける可観測性の採用)

コンテナ化されたマイクロサービスなどの分散システムにおける可観測性の動機について見ていきます。OpenTelemetryやFluentBitなどのCNCFオープンソースプロジェクトと仕様に関するグッドプラクティスと現在の開発について説明します。

awscloudのコンテナサービスチームのオープンソースプロダクトデベロッパーアドボケイト、Michael Hausenblas氏

InfoQ Liveの特徴:

  • テクニカルトークを通じて世界クラスのプロフェッショナルとディープダイブ
  • 講演者とのQ&Aをファシリテートし、質問への回答を得ることができる
  • ソフトウェア専門家間のオプションの懇談会で、学習を加速しより多くの情報を得る
  • イベント後のすべての講演へのオンデマンドアクセス

「恩返し」文化の一環として、このイベントのチケットの純収益 (税、クレジットカード手数料、処理手数料を差し引いたもの) の100%を、テクノロジー業界の多様性、公平性、包含性に取り組む組織に寄付している。貢献をご希望の場合は、19.95ドルで登録してください。

InfoQ Liveのあなたの席を確保してください.

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT