BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース AWSがElasticsearch Serviceに分散トレースを追加

AWSがElasticsearch Serviceに分散トレースを追加

ブックマーク

原文(投稿日:2021/02/28)へのリンク

Amazonは、Amazon Elasticsearch ServiceTrace Analyticsの追加を発表した。Trace Analyticsは、OpenTelemetryをサポートし、サービスに分散トレースを追加する。この新機能は、AWS Distro for OpenTelemetryとも統合される。

Trace Analyticsは、Amazon ElasticSearch ServiceのKibanaのデフォルトのインストールに含まれている。Amazon Elasticsearch Serviceは、AWSがサポートするOpen Distro for Elasticsearchで実行される。これは、ElasticsearchとKibanaのフォークであり元はElasticによって作成された。Trace Analyticsは、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) サンドボックスプロジェクトのOpenTelemetryをサポートしている。OpenTelemetryは、分散トレースとメトリックをキャプチャするためのAPI、ライブラリ、エージェント、およびコレクターサービスのセットを提供する。

Trace Analytics Kibana interface within the Amazon Elasticsearch Service

Amazon Elasticsearch ServiceのTrace Analytics Kibanaインターフェイス (credit: AWS)

 

OpenTelemetry Collectorと互換性のあるアプリケーションライブラリおよびSDKからのトレースデータの収集が完全にサポートされている。これには、OpenTelemetry SDKAWS X-Ray SDKJaeger、およびZipkinを含む。このインストルメンテーションステップはAmazon Elasticsearchの外側で行われ、トレースデータを収集する各アプリケーションに対して実行する必要がある。OpenTelemetry Collectorはこのデータを受信し、OpenTelemetryデータにフォーマットする。Open Distro for ElasticsearchのコンポーネントのData Prepperは、Amazon Elasticsearch Service内で使用するためにOpenTelemetryデータをフォーマットする。Data PrepperはLogstashに似ており、Elasticsearchクラスタ外のマシンで実行される。

Flow diagram illustrating data flow from application into Kibana

アプリケーションからKibanaへのデータフローを示すフロー図 (出典: Open Distro for Elasticsearch)

 

この機能は、AWS Distro for OpenTelemetryとうまく組み合わされている。このDistroは、AWSがサポートするOpenTelemetryプロジェクトのディストリビューションを提供し、Amazon EC2Amazon Elastic Container Service (ECS)、EC2上のAmazon Elastic Kubernetes Service (EKS)、およびAWS Fargateで実行中のアプリケーションと互換性がある。また、オンプレミスのワークロードを実行するために活用することもできる。Lambdaのサポートは、Python 3.8 LambdaランタイムをサポートするOpenTelemetry Lambda Layerを介して利用できる。

AWS CloudFormationテンプレートは、AWS環境にデプロイするために利用できる。ディストリビューションには、Go、Java、JavaScript、Pythonおよび.NETなどの多くの言語をサポートするSDKを含んでいる。リポジトリには、各言語の使用を始める方法の完全なサンプルが含まれる。

Elasticは、Elastic CloudElastic APMの両方で昨年7月にOpenTelemetryのサポートをリリースした。このリリースには、Elastic APMエクスポータOpenTelemetryコレクタのコントリビュート (contrib) リポジトリに追加することが含まれていた。この追加では、サンプル入門ガイドが含まれている。セットアップが完了すると、Elastic APMエージェントによって収集されたデータと同様に、TelemetryデータをAPMアプリ内に表示できる。

AWSとElasticによるこれらの追加は、OpenTelemetryのサポートを追加する可観測性プラットフォームのトレンドを継続している。今月初め、Lightstepは彼らのプラットフォームでOpenTelemetryのサポートを発表した。

Trace Analyticsは、バージョン 7.9以降で実行されているすべてのAmazon Elasticsearch Serviceドメインでサポートされる。現在、米国東部 (US East)、米国西部 (US West)、ヨーロッパ、カナダとAWS GovCloudを含む24のAWSリージョンをサポートしている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。