BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Cheryl Hung氏の2021年クラウドネイティブとDevOpsのトレンド

Cheryl Hung氏の2021年クラウドネイティブとDevOpsのトレンド

ブックマーク

原文(投稿日:2021/04/11)へのリンク

先頃のDEVOPS Conferenceのキーノートで、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) のエコシステム担当副社長であるCheryl Hung氏は、来年のクラウドネイティブトップ10予想を共有した。これには、クロスクラウドサポートの改善、GitOpsとカオスエンジニアリングプラクティスの成長、およびFinOpsの採用の増加が含まれる。

The 10 predictions for cloud native in 2021 from Hung's keynote

The 10 predictions for cloud native in 2021 from Hung's keynote (出典: Twitter)

 

Hung氏は、2020 CNCF調査の回答者の83%がKubernetesをプロダクション環境で実行していると述べている。Kubernetesの多用は、CNCFプロジェクトのカタログに反映されている。たとえば、Fluxは、KubernetesでGitOps手法を有効にするツールだ。このアプローチは、git内の目的の状態全体を宣言的に記述することに焦点を当てている。Hung氏が指摘するように、GitOpsを使用すると、「インフラストラクチャ全体で完全な監査ログを取得でき、問題が発生した場合に簡単にロールバックできる。」

最近の2つのCNCFプロジェクト、LitmusChaos Meshは、Kubernetes環境でカオスエンジニアリングの実践を可能にすることに焦点を当てている。Hung氏は、「カオスエンジニアリングは実際インフラストラクチャの問題を処理するための非常に賢明な方法だと思う。まだ普及していないことに少し驚いている」と説明している。

FinOpsは、クラウド支出の透明性を高めるために財務の説明責任を実現しようとする最近の動きだ。Hung氏は、「クラウドが使用されている場所と、組織の観点からクラウドを削減する方法を実際に理解して最適化するためのベストプラクティスとツールを見つけようとしている実践者のグループ」と説明している。

InfoQはHung氏と対面し、これらの予測とトレンドについてより詳細に話し合った。

InfoQ: なぜGitOpsが来年大幅に成長すると思うのですか?

Cheryl Hung氏:

  1. 2020年6月のCNCF End User Technology Radarで、Fluxは、CNCFエンドユーザコミュニティによって採用されました。これは、当時はサンドボックスプロジェクトにすぎなかったにもかかわらず、高いレベルの信頼と成熟度を示していました。
  2. 2020年11月、GitOps Working Groupが、Amazon、Codefresh、GitHub、Microsoft、およびWeaveworksによって設立されました。

GitOpsはコミュニティのコンセンサスに達していて、そのメリットは明らかです。そのため、私は成長を予測しています。

InfoQ: tweetの中で、「すでに成熟している」と見なされているため、リストには可観測性を含めなかったと述べています。可観測性と同様に、カオスエンジニアリングには、すでに利用可能なツールとプラクティスの強力なエコシステムがあります。来年、カオスエンジニアリングに関してどのような変化が見られるでしょうか? また、組織はそれをどのように実践すればよいでしょうか?

Hung氏: 可観測性はカオスエンジニアリングよりもはるかに早い段階で必要です。すべてのクラウドネイティブデプロイメントには可観測性が必要ですが、カオスエンジニアリングの実践が価値のある複雑さのレベルに達しているのは一部だけです。LitmusとChaosMeshはそれぞれ2020年7月2020年11月にCNCFに参加し、https://litmuschaos.io/https://chaos-mesh.org/に採用のリストがあります。

InfoQ: マルチクラウドは、分裂する傾向があるトピックです。The Duckbill GroupのチーフクラウドエコノミストであるCorey Quinn氏のように、多くの人が「デフォルトで回避すべき最悪の実践」であると主張しています。2021年に「より現実的になる」という背後に何がその成長をドライブすると考えていますか?

Hung氏: これは、ストレージとデータが結びついています。マルチクラウド環境でステートレスアプリケーションを実行することはより実現可能になりつつありますが (Corey Quinn氏にもかかわらず、特定のシナリオではメリットがあります)、クラウド間でデータを抽出することは依然として非常に困難で費用がかかります。ストレージベンダーがマルチクラウドの実現に注力しているのを見ていますが、このポテンシャルが実現されるかどうかはわかりません。したがって、「現実になる」というより「より現実的になる」のです。

InfoQ: 「エンドユーザ主導のオープンソース」の予測に関して、「エンドユーザは受動的ではなく、オープンソースプロジェクトのリーダになりつつある」と言われています。これらの新しいアクティブなリーダによってクラウドネイティブテクノロジーが推進されている主な変化は何だと思いますか?

Hung氏: ArgoBackstageEnvoy、およびJaegerは、エンドユーザ (それぞれ、Intuit、Spotify、Lyft、およびJaeger) によって寄贈されたオープンソースプロジェクトの例です。これらはクラウドネイティブトピックの範囲をカバーしていますが、私が見ているのはエコシステムの変化です。エンドユーザは、Red Hatなどのベンダーに依存してアップストリームの変更を実装するのではなく、独自のプロジェクトを寄贈して独自のコミュニティを構築することの価値を認識しています。

これは、エンドユーザがクラウドネイティブテクノロジーについて集合的に意見を表明できるCNCF End User Technology Radarとも一致しています。これにより、ベンダーとプロジェクトメンテナは、エンドユーザがツールを選択するときに利用可能な選択肢をどのように見ているか、そしてなぜ別のプロダクトではなく、あるプロダクトを検討するのかを考慮する必要があります。

InfoQ: ところで来年にかけて、どのようなトレンドが見られますか?

Hung氏: サーバレスは、コンテナほどには普及していません。これは引き続き使用されますが、特定のニッチなケースに使用され、広範な開発パラダイムとしては使用されません。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。