BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース HoneycombがRefineryを発表:トレース対応のサンプリングプロキシ

HoneycombがRefineryを発表:トレース対応のサンプリングプロキシ

ブックマーク

原文(投稿日:2021/04/12)へのリンク

可観測性ツールを提供するHoneycombは、最近Refineryを発表した。デフォルトで複数のサンプリング方法をサポートするRefineryは、顧客のインフラストラクチャ上で実行され、重要なデバッグデータを提供する。

Refineryは「トレース対応」のサンプリングプロキシである。トレースは、アプリケーションに関連するパフォーマンスデータを伝送する複数のスパンで構成される。Refineryはこれらのトレースを調べ、トレースに応じてサンプリングを決定する(保持するか破棄するか)。複雑なアプリケーションで個々のイベントのキャプチャを大規模に実施すると(1か月あたり数千億のイベント)、それらのイベントによる可観測性のメリットと比較して、コストが高くなる。

可観測性により、データを収集するにはオーバーヘッドが発生し、システムに大きな負荷がかかる。それによって、メトリック収集のオーバーヘッドが発生する。サンプリングするリクエストを選択することが不可欠になる。Refineryは、アプリケーションからのテレメトリデータ全体を提供し、重要なシステム変更を最もよく表すイベントのみを監視する複数の方法を提供する。このデータの高い精度は、効果的にデバッグするために維持される。

RedMonkのアナリスト兼共同創設者であるJames Governor氏は、次のように述べている。「最新のアプリケーションとマイクロサービスは、システムの可観測性に基づく効果的なトラブルシューティングのために、これまで以上に多くのデータを必要とします。これによって法外な費用がかかる可能性があります。Honeycombは、Refineryを使用してこれらのコストの懸念に対処し、Webスケールテクノロジーのより幅広い企業での採用を促進しています。」

Refineryがサポートするサンプリング方法として、動的サンプリングとテールサンプリングの両方をサポートしている。顧客は、すぐに構成オプションを使って、システムの変更を表す重要なイベントをキャプチャできる。HoneycombはRefineryの設置、構成、使用法、トラブルシューティング、メンテナンスをサポートしているため、制御を顧客ごとに行える。ベンダーに中立なインストルメンテーションオプションを提供するRefineryは、エンタープライズスタックのすべてのコンポーネントが連携することを保証する。

HoneycombのCEOであるChristine Yen氏は、次のように述べている。「Honeycombは、かつては世界で最もエリートな企業だけの専売特許であったツールと専門知識を民主化する方法を常に模索しています。Honeycombを使用すると、誰でも簡単に、本番サービスのデバッグに必要な最も重要なデータのみを保持し、残りの費用を支払う必要がなくなります。」

Refineryは現在一般向けに提供されており(GA)、Honeycomb Enterpriseプランに含まれている。読者は30日間の期間限定トライアルでHoneycomb Enterpriseの利用を開始できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT