BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース WebRTCは開始から10年後に公式のWeb標準へ

WebRTCは開始から10年後に公式のWeb標準へ

ブックマーク

原文(投稿日:2021/04/07)へのリンク

Web Real-Time Communications(WebRTC)は、最近、World Wide Web Consortium(W3C)の推奨およびインターネット技術特別調査委員会(IETF)の標準になった。これは、WebRTCの長い道のりの主要なマイルストーンである。これは、Googleが主要な通信技術をオープンソース化し、エリクソンがConnectionPeer APIを実装することで、2011年に始まった。WebRTCワーキンググループがWebRTC Working Group strives to integrate 新しいユースケース(オーディオフィードとビデオフィードのライブ処理、モノのインターネットのユースケースなど)の統合に努めると共に、この新しい標準は進化し続ける。

ネットワークおよび電気通信会社のエリクソンは、新しい標準の採用について次のようにコメントしている

エリクソンでは、個人間通信システムの構築に非常に長い歴史があり、WebRTCの開発の初期から関与してきました。さまざまなモバイルおよび定められたコンテキストで使用できるようにこのテクノロジーを形成してきました。WebRTCが公式のグローバル標準になったというニュースは、さまざまな通信ソリューションを構築および提供するための安定した基盤がすべての人にとって利用可能であることを意味します。現在、5GネットワークでもWebRTCを利用するために次のステップに取り組んでいます。

WebRTCは、リアルタイム通信(RTC)が複雑で高価であり、オーディオおよびビデオテクノロジのライセンスを取得するか、社内で開発する必要があった時代に登場した。RTCを使用したWebサイト(Skype、Facebook、Googleハングアウトなど)では、プラグインやネイティブアプリケーションのダウンロード、インストール、更新が必要になることが多かった。トラブルシューティングやユーザサポートが必要になることもあった。WebRTCは、リアルタイムのプラグインを使用しないビデオ、オーディオ、データ通信のオープンスタンダードの実装を目指した。

IPネットワーク向けのリアルタイム音声およびビデオ処理ソフトウェアのプロバイダーであるGIPSの買収に続き、Googleは2011年5月にキーとなるRTCテクノロジーをオープンソース化した音響エコーキャンセレーションなど)。WebRTCはすぐには採用されなかった。仕様の内容と範囲に関する議論、および主要なブラウザと通信プロバイダーからの不十分なサポートのためである。Chrome、Firefox、Operaは早い段階でWebRTCをサポートしていたが、Microsoftは2015年に競合するリアルタイム通信APIのセットのサポートを導入した。Appleは、2017年にSafari 11でWebRTCのサポートを正式に追加した

 High-level overview of WebRTC.
WebRTCの概要 (出典: Ericssonブログ投稿)

今日まで早送りすると、WebRTCは、Webユーザの95%が使用するすべての主要なブラウザでサポートされている。W3Cは、新しい標準の採用を広げたことを強調した

2020年は、旅行と物理的な接触を制限する必要がある世界で、WebRTCがすでにどれほど重要であるかを示しています[…]。

組織はWebRTCを活用して、トレーニング、インタビュー、戦略的計画を実施したり、対面会議の代わりにハッピーアワーや他の社会的交流を通じてつながりを維持したりしています。これは、対面会議だけでなく、現在ではオフィス内での人のインタラクションを置き換えつつあります。ヘルスケアや防衛などの領域では、トレーニングにWebRTCを使用しています。学校や大学は仮想学習プラットフォームに移行しています。クラウドゲームとソーシャルネットワークは、ライブストリーミングとインタラクティブブロードキャストを使用します。エンターテインメントは、リモートで行うことにより、観客をスタジオに戻す方法を見つけようとしています。スポーツは、WebRTCを使ってスタジアム内の体験を再現しようとしています。家族や友人は、WebRTC、またはその一部で構築された製品を毎日使っています。

W3Cは、将来の改善と標準への追加を通じて、新たなユースケースに対処することにも言及した。新たなユースケースには、オーディオとビデオフィードのライブ処理(funny hats)、ファイル共有モノのインターネット機械学習バーチャルリアリティゲーム信頼できないJavaScriptクラウド会議などがある。低解像度画像の高品質バージョンを生成する機械学習アルゴリズム(RAISR)の例を次に示す。

Example of AI processing of image
上部: オリジナル, 下部: RAISR超解像2倍。Andrzej Dragan元の画像。出典: Google AIブログ

WebRTCは、ブラウザでのリアルタイム通信を可能にするWeb用のオープンフレームワークである。そこには、Web上での高品質なコミュニケーションのための基本的なビルディングブロックが含まれている。ビルディングブロックには、音声およびビデオチャットアプリケーションで使用されるネットワーク、オーディオ、ビデオコンポーネントなどがある。これらのコンポーネントは、ブラウザに実装すると、JavaScript APIを介してアクセスできるため、開発者は独自のRTC Webアプリを簡単に実装できる。WebRTCの取り組みは、W3CではAPIレベルで、IETFではプロトコルレベルで標準化されている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。