BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Angular v12がリリースされ、Ivyレンダリングエンジンに移行

Angular v12がリリースされ、Ivyレンダリングエンジンに移行

ブックマーク

原文(投稿日:2021/05/14)へのリンク

Angular TeamのディベロッパーアドボケートであるMark Techson氏は、最近Angular v12のリリースを発表した。Angular 12はView Engine(現在は非推奨)からの移行である。Protractorは、新しいAngularプロジェクトには含まれない。AngularコンポーネントはさらにインラインSassをサポートするようになる。

Angularが、コンパイルおよびレンダリングパイプラインのIvyへの移行を完了する準備をしている。そのため、View Engineは非推奨になり、将来のメジャーリリースで削除される予定である。この動きは、まだ自身の開発物をIvyに移行していないライブラリ開発者が、移行を始めるための合図である。Angularチームはブログ記事で、レガシーレンダリングパイプラインを使用しているユーザはほとんどいないと説明した。

テレメトリで--enableIvyフラグの使用法を見ると、現在、アプリケーションの大部分がIvyを使用していることがわかりました。そのため、--enableIvyフラグを削除し、View Engineを非推奨にできます。Ivyアプリケーションは、互換性コンパイラのおかげでView Engineライブラリに依存することができます。

bar graph of applications opting out of Ivy

現在、View Engineを使用しているライブラリは、引き続きIvyアプリで動作する。チームは次のように説明している。

あなたがライブラリ開発者で、まだIvyに移行する準備ができていなければ、v12でtsconfig.lib.prod.jsonを更新してください。

/* To learn more about this file see: https://angular.io/config/tsconfig. */
{
 "extends": "./tsconfig.lib.json",
  "compilerOptions": {
  "declarationMap": false
},
"angularCompilerOptions": {
  "enableIvy": false
  }
}

Angular 12コンポーネントは、@ComponentデコレータのstylesフィールドでインラインSassをサポートするようになった。この機能は、package.jsonファイル("inlineStyleLanguage": "scss”)で有効にする必要がある。リリースノートには、次の例が記載されている

// Here's an example of the before and after.
// BEFORE

@import '~@angular/material/theming;

@include mat-core();

$primary: mat-palette($mat-indigo);
$accent:  mat-palette($mat-pink);
$theme: mat-light-theme((
  color: (
    primary: $primary,
    accent: $accent
  )
));

@include angular-material-theme($theme);

// AFTER
@use '~@angular/material' as mat;

@include mat.core();

$primary: mat.define-palette(palette.$indigo-palette);
$accent:  mat.define-palette(palette.$pink-palette);

$theme: mat.define-light-theme((
  color: (
    primary: $primary,
    accent: $accent
  )
));

@include mat.all-component-themes($theme);

Protractorのエンドツーエンドテストフレームワークは、新しいプロジェクトに含まれなくなる。チームは、代わりの一般的なソリューション(Cypress、WebdriverIO、TestCafeなど)の使用について報告している。

リリースノートには、Angular 12に伴う変更の完全なリストが含まれている。Angularは、MITライセンスの下で利用可能なオープンソースソフトウェアである。Angular GitHubリポジトリを介した貢献を歓迎する。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。