BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース 異文化コラボレーションの促進

異文化コラボレーションの促進

ブックマーク

原文(投稿日:2021/04/22)へのリンク

多くの場合、組織は、異文化コラボレーションを促進するという考えに同意し、多様性の受け入れをサポートしたいという誠実な人々によって主導される。しかし、異文化コラボレーション自体を直接経験したことはほとんどはない。異文化間の関係を構築することは、今日の職場や世界で成功するために非常に重要であるが、多くの人々は、自分とは異なる人々との関係をどのように構築するかに躊躇があったり、確信がない。最初のステップは、自分自身を振り返り、時間とリソースをどこでどのように費やしているかに気づくことである。

Laura Kriska氏の著書であるThe Business of WEでは、リーダーがどのように違いを超えたつながりを育み、異文化間のコラボレーションをサポートできるかを探求している。

同質な生活を送ることでは、私たち皆が今住んでいる、多様で深く相互に作用している世界で成功するための人を育てることにはならない。このようにKriska氏は主張している。リーダーが多様性をより多く受け入れ、WE構築を促進するために最初にできる最も重要なことは、自分自身を厳しく正直に見つめることである。

リーダーが同質な生活を送っている場合、主に自分たちと同じように見え、聞こえ、そして祈る人々と信頼できる関係を持っている場合、彼らが現実でマイノリティであることがどのようなものであるかを経験したことがない場合、彼らは多様性の受け入れ、公平性、多様性を促進することを目的とした政策について決定を下すのに適した立場ではないです。

Kriska氏は、WE構築の行動を、安全、挑戦的、急進的の3つのカテゴリに分類している。

安全な行動とは、リスクや脆弱性を伴わない選択である。それは、洞察と教育を提供する読書や研究のような行動です。

挑戦的な行動には、深さを増すための対面での相互作用が必要です。挑戦的な行動をとらなければ、我々と彼らのギャップを有意義に狭めることはできません。挑戦的の行動をとることは、信頼関係を築くという価値ある位置に、私たちを潜在的に置こうとするものです。

急進的な行動は、我々を「彼ら」の文化グループとの深く集中的な経験に向けるものです。これには、より高いレベルの不快感を伴うことがよくあるが、貴重な学習の機会になる可能性があります。

異文化間の関係を構築し、促進するために、Kriska氏は私たちに対して均質な生活から離れることを提案する。

慣れ親しんだ円の外に出て、別の人と直接顔を合わせてやり取りする行動を1つ選択してください。それは、大規模な集会のどこに座るかを変えて、自分と違う人の隣に意図的に自分を置くのと同じくらい簡単かもしれません。あるいは、同じ店に行ってコーヒー、ドーナツ、新聞を買う代わりに、別の場所を調べてそこに行ってください。

Kriska氏によれば、私たちを対面での相互作用の道筋に導く小さなジェスチャーは、簡単な挨拶やちょっとした会話をする機会につながる。これらの行動は、我々と彼らの分裂から、WE文化の統一に向けて軌道を変える力を持つ関係を構築するための出発点である。

InfoQは、異文化コラボレーションの促進についてLaura Kriska氏にインタビューした。

InfoQ:異文化コラボレーションに関して、組織は今日どのような課題に直面しているか。

Laura Kriska: ジェット機で飛び回っている外交官に必要だったスキルは、今日の競争の激しいグローバル市場で成功したい人にとっては、今ではミッションクリティカルです。文化的分裂を埋めることは、今や国際的な分裂だけを橋渡しすることを意味するものではありません(橋渡しが重要な分裂ではあるが)。それは、年齢、性別、人種、民族、宗教、その他の多くの要因を含むアイデンティティの違いによって引き起こされた我々と彼らのギャップを埋めることを意味します。

InfoQ:リーダーはWE構築とインクルージョンに関してどのような役割を果たすことができるか。

Kriska: 自分の生活を多様化したいリーダーは、私の著書「The Us versus Them self-assessment」にあるツールを使って、「THEM(彼ら)」文化グループを選択し、そのグループとの統合レベルを測定することで始められる。評価は10の「yes or no」の質問です。誰でも、選択した「THEM」文化グループとの直接の経験のレベルを測定することができます。WE構築は、深さを増すための対面の相互作用が、信頼関係を構築するための基礎であるという前提に基づいています。そのため、評価では、対象の文化グループの人々との信頼関係を構築するために費やした時間と労力を測定します。評価は「対象の文化グループと同じ文化の人に会ったことがあるか」という簡単な質問から始まります。

この評価は1分以内に完了することができ、0から10までのスコアが即時に出ます。

スコアが低いということは、「THEM」文化グループをより深く理解するために、より多くの時間と労力を費やす必要があることを示しています。評価により、スコアを上げるための方向性も示されます。「いいえ」の回答はどれもWE構築アクションになる可能性があるためです。WE構築とインクルージョンに取り組むリーダーは、定期的に、自分たちの生活に関連する文化グループとの関係について自分自身を評価する必要があります。信頼関係の構築は、組織内で、そして、組織を超えて団結していくための道だからです。

10問のUs versus Them Assessmentのコピーをリクエストできます(登録が必要)。

InfoQ:どうすればホームチームの利点についての認識を高められるか。

Kriska: 目に見えるアイデンティティの要素のためにホームチームにいる人は、自分にとって利点があることを理解するのが難しいことがよくあります。それは彼らに呼吸する空気に気付くよう頼むようなものです。人々がホームチームのアドバンテージに気付くための効果的な方法の1つは、意図的にマイノリティにいる状況に身を置くことです。旅行は気づきを得るための非常に良い方法です。しかし、他の文化グループに関する本を読んだり、ポッドキャストを聴いたり、ドキュメンタリーを見たりして、快適な自宅で学ぶこともできます。

InfoQ:我々対彼らの行動を減らすために行動を起こすためのあなたは何を提案するか。

Kriska: 私たちの使命は、WE構築革命の動機付けを行うことです。これによって、人々が行動を起こして我々と彼らの多くのギャップを埋め、自分とは異なる人々との関係を意図的に確立することに時間とエネルギーを投資するようになります。しかし、私はこれを一人で行うことはできません。あなたの助けが必要です。我々対彼らの自己評価を行い、今日からあなた自身のWE構築の旅を始めることを勧めます。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。