BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Javaニュース総まとめ - 2021年5月31日週

Javaニュース総まとめ - 2021年5月31日週

Lire ce contenu en français

ブックマーク

原文(投稿日:2021/06/07)へのリンク

今週の総まとめでは、JDK 17を対象とするOpenJDK JEP、JDK 18の初期作業、Project Skara 1.0、JavaFX、MicroProfile GraphQL、Quarkus 2.0、Micronaut 3.0、Hibernate ORM 5.5.0、Payara Platform 5、Eclipse Vert.x 4.1.0、SpringおよびEclipseCon 2021からのニュースを取り上げる。

OpenJDKとJDK 17

いくつかのJEPとJDK 17早期アクセスビルドの更新が行われたOpenJDKでは、もう1つの忙しい週だった。JDK 17 ビルド25とラベルが付けられ、ビルド24からの多数の変更とさまざまな問題の修正が含まれている。

それぞれのレビューが完了し、JEP 306: Restore Always-Strict Floating-Point Semantics、406: Pattern Matching for switch (Preview)、および 411: Deprecate the Security Manager for Removal が、対象に提案から統合ステータスに昇格し、9月のJDK 17 GAリリースを対象としたJEPの更新されたリストが生成された:

JEP 415: Strongly Encapsulate JDK Internals は、候補から対象に提案ステータスに昇格し、レビューは2021年6月8日に完了する予定だ。

詳細はリリースノートに記載され、開発者は Java Bug Database を介してバグを報告することが奨励されている。

OpenJDKは、OpenJDKプロジェクトとそのリポジトリを操作するための多数のユーティリティを含むソフトウェア構成管理およびコードレビュープロジェクトであるProject Skaraのバージョン 1.0もリリースした。これらのユーティリティを構築するには、JDK 14とGradle 6.6が必要だ。

JDK 18

JDK-8267632 (ソース 18とターゲット 18をjavacに追加) やJDK-8267631(SourceVersion.RELEASE_18を追加)などの初期エントリが宣言され、JDK18での作業はリリース更新が開始されすでに進行中だ。

JavaFX

GluonのCloud Productsの共同創設者兼CTOであるJohan Vos氏は、IntelliJ IDEAの新しいJavaFXプロジェクトウィザード、およびRaspberry Piでのデュアルスクリーン実験を特徴とするJavaFX 17のアクティブな開発でJavaFXとのコラボレーションに関するステータスアップデートを提供した。詳細については、このYouTubeビデオで観ることができる。

InfoQは、SceneBuilder 16のリリース改善されたUIフレームワークに関連するGluonとJavaFXのアクティビティについて報告した。

MicroProfile 4.1への道

MicroProfile Working GroupはGraphQL 1.1.0をリリースした。2020年2月に最初にリリースされたGraphQLは、MicroProfileコアAPIの傘下にない4つのスタンドアロンAPIの1つだ。MicroProfile GraphQL仕様の目的は、「ユーザがJavaでポータブルなGraphQLベースのアプリケーションを迅速に開発できるようにする「コードファースト」のAPIセットを提供すること」だ。このリリースは、MicroProfile Working Groupの設立MicroProfile 4.0リリース以来の最初のリリースだ。

Quarkus 2.0への道

Red Hatは、リリース候補のQuarkus 2.0.0.CR2Quarkus 2.0.0.CR3で、新しいアノテーションプロセッサとIDEに関連する統合問題の一時的な回避策を含むバグ修正を先週利用できるようにした。Red Hatは、2021年6月23日に予定されているGAリリースに永続的なソリューションを実装することを約束している。

SmallRyeコンポーネントの主要な変更と、Vert.x 4.0およびMicroProfile 4.0のサポートに加えて、Quarkus 2.0は、コード変更中に継続的なフィードバックを提供する新しい継続的テスト機能を備えている。InfoQは先頃、Red HatのシニアプリンシパルエンジニアであるStuart Douglas氏と話をし、継続的テストの詳細について話し合った

Red Hatは、Quarkus 1.13リリーストレインで2つのメンテナンスリリースも提供している。バージョン 1.13.5.Finalは、Maven 3.8.1のサポートを備え、バージョン 1.13.6.Finalは、Red HatのJavaアノテーションインデクサーおよびオフラインリフレクションライブラリであるJandexの問題のため、Hibernate Validator拡張機能にリグレッションを導入している。

Micronaut 3.0への道

Object Computing, Inc.は、ジェネリクスによるインジェクション、修飾アノテーション、インジェクションタイプの制限など、制御の反転 (IoC) アイテムの改善を特徴とするMicronaut 3.0の最初のマイルストーンバージョンをリリースした。将来のマイルストーンリリースでは、デフォルトのリアクティブライブラリとしてJakarta Dependency Injection仕様とProject Reactorへの移行が行われる。詳細については、3.0.0-M1のドキュメントに記載されている。

Hibernate

Hibernate ORM 5.5.0.FinalJakarta Persistence 3.0仕様のサポートでリリースされた。-jakartaサフィックスを使用した新しいアーティファクト (hibernate-core-jakartahibernate-envers-jakartahibernate-jpamodelgen-jakarta、およびhibernate-testing-jakarta) がMaven Centralで利用可能になった。

Hibernate ORMは、Jakarta Persistence 3.0仕様とJakarta Persistence 2.2仕様の両方の互換性のある実装としても認定されている。開発者は、Jakarta Persistence 3.0アプリケーション用のhibernate-core-jakartaアーティファクトと、Jakarta Persistence 2.2アプリケーション用の元のhibernate-coreアーティファクトを含める必要がある。詳細については、Webサイトの新機能セクションに記載されている。

先週からのフォローアップとして、Hibernate Reactive 1.0.0.CR6が利用可能になった。Hibernate ORM 5.5.0.Finalへの依存関係のアップグレードVert.x 4.1.0への依存関係のアップグレード、およびwithSession() メソッドで例外がスローされたときにセッションを閉じないことに関連する修正が行われた。

Payara

Payaraプラットフォームの2021年6月のリリースには、Payara Community 5.2021.4Payara Enterprise 5.28.1が含まれている。通常のバグ修正とコンポーネントのアップグレードに加えて、Payara Community 5.2021.4では、新しいAutoScale拡張機能と概念実証のPayara Kubernetes Operatorが導入されている。

Eclipse Vert.x

EclipseはRxJava 3OpenTelemetryのサポートを特徴とするVert.x 4.1.0をリリースし、Reactive Microsoft SQL Server Clientサポートされているデータベースのリストに追加された。詳細については、新機能のページに記載されている。

Spring Framework

Spring Cloud 2020.0.3 (コードネーム Ilford) がリリースされた。Spring Boot 2.5のサポート、バグ修正、依存関係のアップグレードが特徴だ。詳細については、リリースノートに記載されている。

Spring Integration AWS 2.5.1Spring Cloud Stream Kinesis Binder 2.2.0がJavaコミュニティで利用可能になった。前者はバージョン 2.5.0からのバグ修正を特徴とし、後者はSpring Cloud 2020.0.3への依存関係のアップグレードを特徴としている。

EclipseCon 2021

議題募集の早期期限は過ぎたが、2021年6月15日までオープンのままだ。2021年10月25日から28日に予定されているEclipseCon 2021は、ドイツ、ルートヴィヒスブルクで2022年に対面カンファレンスを計画しているバーチャルカンファレンスだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT