BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース .NETニュースのまとめ: Project Reunion 0.8 RC、Uno Platform 3.8、JetBrains Rider 2021.2 Early Access

.NETニュースのまとめ: Project Reunion 0.8 RC、Uno Platform 3.8、JetBrains Rider 2021.2 Early Access

ブックマーク

原文(投稿日:2021/06/14)へのリンク

先週は、Project Reunion 0.8 RC、Uno Platform 3.8、JetBrains Rider 2021.2 早期アクセスなどのリリースが注目された。InfoQは、2021年6月7日の週から、これらと.NETエコシステムのいくつかの小さなストーリーを調査した。

Microsoftは、Project Reunionの新しいプレビューバージョン (v0.8-rc) をリリースした。新しいリリースは最終リリースの最初の候補であり、このため、実験的な機能は含まれていない。最新バージョンには、多くのバグ修正 (Project Reunion v0.5.5、v0.5.6、およびv0.5.7からのすべてのバグ修正を含む) と、API、コントロール、およびネームスペースのマイナーな変更が含まれている。Project Reunion 0.8 RCはGitHubからダウンロードできる。

Uno Platformは今週、新しいバージョン (v3.8) もリリースした。新しいリリースには、CalendarDatePickerやCalendarViewコントロールなどの追加のWinUIコントロールとレイアウトへのポートが含まれている。また、新しいグリッド実装 (元のWinUIグリッド実装に置き換えられた)、.NET 5 AOTのサポート、および多くのバグ修正の結果関連するパフォーマンスが向上している。

Microsoftからのもう1つの重要な更新は、Microsoft.Data.SqlClient (v3.0) の新しいメジャーバージョンだ。Microsoft.Data.SqlClientはSystem.Data.SqlClientの長期的な代替であるため、これは.NET Frameworkから移行を続けている開発者にとって重要な更新だ。新しいバージョンは、構成可能な再試行ロジック、.NET Core 3.1以降および.NET Standard 2.1以降でのイベントカウンタのサポート、バグ修正、パフォーマンスの向上などを備えている。新しいリリースにはいくつかの重大な変更が含まれていることに注意が重要だ。

.NETチームは、2021年6月の.NETの更新をリリースした。これには、セキュリティおよび品質ロールアップの累積アップデートと、x86、x64、Arm32とArm64のWindows、macOS、およびLinuxの新しい.NET SDKおよびランタイムバージョン (v5.0.7およびv3.1.16) が含まれる。新しい.NETバージョンには、バグと脆弱性の修正が含まれている。セキュリティと品質のロールアップには、CLR、Windows Forms、およびWPFに関連する品質と信頼性の向上が含まれ、Windows Update、Windows Server Update Services、およびMicrosoft Update Catalogから入手できる。

今週のもう1つの興味深いリリースは、JetBrains Rider 2021.2の新しいプレリリース (早期アクセスプログラム経由) だ。新しいリリースは、.NET IDEの中で初めてとなる、Blazor WebAssemblyのクライアントサイドデバッグが特徴だ。この機能にはまだ特定の制限がある: .NET 5.0および.NET Core 3.1アプリケーションでのみ機能し、サーバ側とクライアント側のコードの同時デバッグはなく、異なるブラウザタブまたはウィンドウで開かれたページはサポートされない。ただし、Linuxでは (開発証明書を手動でインストールすることで) すでに機能しており、Microsoft.AspNetCore.Components.WebAssembly.DevServerまたはMicrosoft.AspNetCore.Components.WebAssembly.Serverパッケージのどちらかを使用するデバッグプロキシもサポートしている。

MicrosoftのプリンシパルソフトウェアエンジニアであるLaurent Ellerbach氏は、数年間単純なバッテリーでマイクロコントローラーユニット (MCU) 上で実行している.NETアプリケーションで.NET nanoFrameworkを使用していることを紹介した。アプリケーション自体は比較的単純ですが、この投稿では、.NETを使用した実際のIoT実験の詳細な分析が提供されている。これは、.NET IoT開発者にとって非常に興味深い読み物だ。

MicrosoftのプログラムマネージャであるRichard Lander氏は、一連の「会話」で2つの新しい投稿を発表した。これは、本質的に、特定のトピックに関する複数のチームメンバとの議論だ。今週公開された2つの新しい会話は、.NETエコシステムに限定されないトピックに焦点を当てている。1つはコンテナに関することで、もう1つは診断に関することだ。一連の会話は特定のトピックについてもっと知りたい技術専門家や.NET開発者を対象とする豊富なものだ。


 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。