BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース 害の生む文化を増加させる在宅勤務のリスク

害の生む文化を増加させる在宅勤務のリスク

ブックマーク

原文(投稿日:2021/06/08)へのリンク

2021年5月に米国の133社を対象に実施された調査では、回答者の29%がリモートでの作業に苦しんでおり、11%が企業文化が害を及ぼすようになったために退職した、あるいは退職を計画していると述べている。害を及ぼす文化によって、従業員は意欲を失い、心が離れ、組織の成果に重大な悪影響を及ぼす。

この調査は、チームビルディングイベント会社であるWildgooseによって実施された。それは彼らに彼らの雇用主が会社の文化をリモートワークにうまく適応させたかどうか、そして文化のどの要素が痛みを受けたか、そして彼らがハイブリッドワーキングの未来に何を望んでいるかを尋ねた。

調査の主な調査結果は次のとおりである。

回答者は、リーダーシップ、組織の目標、同僚とのつながりに関する問題を明らかにしている。従業員の57%が完全在宅勤務またはハイブリッド在宅勤務のいずれかを継続することを期待しているため、調査の著者は、企業文化がはるかに大きな問題になるのを防ぐために、企業が従業員の懸念に対処することが不可欠であると主張している。

調査対象の従業員の33%は、柔軟な作業またはハイブリッド作業を継続できる環境が重要であると述べている。回答者はまた、健康的な仕事と生活のバランス(74%)、競争力のある賃金(55%)、自己啓発の機会(36%)を、雇用を継続するか辞めるかの決定における重要な要因として明らかにした。

Elements employees prioritize回答者は、在宅勤務で最も苦しみを受けている企業文化の側面には、チームスピリット(29%)、チームワークと同僚のサポート(28%)、個人と組織の両方の目的と学習(20%)があることを明らかにした。

結果について、Peninsulaの人事アドバイスおよびコンサルタント部門のディレクターであるKate Palmer氏は次のように述べている。

企業文化は、育成と維持に時間と労力を要します。パンデミックの現実によって、長期間にわたって、定期的な日常業務が一方の側に置かれました。事業主と人事部門は、ビジネスを継続するため、または継続的に出現する新しいルールに取り組むために、すべてのリソースを投入していました。

悪い企業文化では、従業員は孤立し、サポートされていないと感じ、その結果、組織とのつながりを断ち切る可能性があります。従業員に対するマネージャーの態度や行動、および個々の状況は、職場の場所に関係なく、実際の違いを生みます。従業員が助けを求め、懸念を表明することを恐れたり、あるいは不釣り合いに非難されたりする環境では、忠誠心や関与を育てられません。

Deanna deBara氏は、害を生む労働文化の兆候とそれを是正する方法についてTrelloブログに投稿しました。彼女は害を生む文化の5つの指標を一覧化し、それらを回避する方法についてアドバイスを示している。

  • 従業員が常に対立している
  • 結果が人よりも大切である
  • 心理的安全性の欠如
  • 害を生む従業員
  • 害を生むリーダーシップ

彼女は、オハイオ州のマイアミ大学の経営学教授であるScott Dust博士を引用し、次のように指摘している。

組織は状況が悪化するまで、それを是正を待つ傾向があります。しかし、それでは手遅れです。組織は文化の管理に積極的に取り組む必要があります。壊れたものを修正するには莫大な時間とリソースがかかるためです。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。