BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Javaニュース総まとめ: JDK 17初期RC、OpenJDK、Open Libertyの更新、Hibernate ORM、Spring Cloud

Javaニュース総まとめ: JDK 17初期RC、OpenJDK、Open Libertyの更新、Hibernate ORM、Spring Cloud

Lire ce contenu en français

ブックマーク

原文(投稿日:2021/08/09)へのリンク

今週2021年8月2日のJava総まとめでは、OpenJDK、JDK 17の初期リリース候補、JDK 18、Spring Cloud 2021.0.0-M1、Quarkus 2.1.1、Open Liberty 21.0.0.8、WildFly 24.0.1 S2I Dockerイメージ、Hibernate ORM 5.5.6、JReleaser 0.6.0、Apache Camel 3.11.1、オープンソースになったMicroStream 5からのニュースを特集する。

OpenJDK

JEP 416、Reimplement Core Reflection with Method Handles (メソッドハンドルによるコアリフレクションの再実装) は、ドラフトから候補ステータスに昇格した。このJEPは、java.lang.invoke で定義されたメソッドハンドル上に、java.lang.reflect クラス、MethodConstructor<T> および Field を再実装することを提案している。これらのメソッドハンドルは、両方のパッケージのメンテナンスと開発コストを削減するためのリフレクションのメカニズムとして機能する。

JDK 17

JDK 17は先週初期リリース候補フェーズに入った。JDKリリースプロセスに従って、JDK 17安定化リポジトリ重大なバグ修正のためにのみ開かれている。このフェーズは今後2週間有効になる。

JDK 17リリース候補ビルドはビルド 35が先週利用可能になり、ビルド 34からさまざまな問題の修正を含む更新があった。詳細についてはリリースノートに記載されている。

InfoQは先頃、2021年9月14日に予定されている次のLTSリリースの包括的な分析を提供した。

JDK 18

JDK 18早期アクセスビルドのビルド 9も利用可能になった。ビルド 8からさまざまな問題の修正を含む更新があった。詳細についてはリリースノートに記載されている。

JDK 17とJDK 18の両方について、開発者はJava Bug Databaseを介したバグ報告を募集している。

Spring Framework

Spring Cloud 2021.0.0の最初のマイルストーンリリースがJavaコミュニティで利用できるようになった。コードネーム Jubileeのこのリリースは、Spring Boot 2.6.0-M1と互換性があり、Spring CloudのサブプロジェクトGatewaySleuthOpenFeignKubernetesTaskConfigContractに対する多くの更新がある。詳細についてはリリースノートに記載されている。

Quarkus

Quarkus 2.1のリリースから1週間も経たないうちに、Red HatはメンテナンスリリースQuarkus 2.1.1.Finalを提供した。JaCoCoKeycloakの問題を修正し、elasticsearch-rest-high-level-clientmongodb-client 拡張機能を追加した。詳細については変更ログに記載されている。

Open Liberty

IBMは、IBMが直接ホストしているOpenJ9 Javaビルドの新しいホームであるIBM Semeru Runtimesを導入したベータリリースをOpen Liberty 21.0.0.8に昇格した。

Open Liberty 21.0.0.9-betaがリリースされた。新しいメソッド、isActive() は、エンドポイントが存在するか、開始されているか、一時停止されていないかを判断するため ServerEndpointControlMBean インターフェイスに追加されたことが特徴だ。

WildFly

WildFly 24.0.1 Source-to-Image (S2I) Dockerイメージquay.ioリリースされた。これは、コンテナイメージを構築、分析、および配布するRed Hatのユーティリティだ。これら新しいS2IイメージはWildFlyのHelm Chartに追加されており、MicroProfileを使用したサンプルアプリケーションはGitHubにある。

Hibernate

Hibernateプロジェクト ORMReactive のポイントリリースが多数あり、Hibernateでは忙しい1週間でした。

Hibernate ORM バージョン 5.5.5.Final および 5.5.6.Final がリリースされ、再帰型変数定義のコンパイル時に hibernate-jpamodelgen アノテーションプロセッサがメタモデルの生成に失敗することによって引き起こされるスタックオーバーフローエラーなどのバグ修正が行われた。

Hibernate ORM 6.0への道のりで、主な焦点は、ResultSet インターフェイスへの呼び出しに影響を与える「read-by-name (名前による読み取り)」から「read-by-position (位置による読み取り)」に戦略を変更することにより、Hibernateのスループットパフォーマンスを向上させることだ。Alpha9リリースでは、これらの戦略の変更のほとんどが組み込まれ、関連して失敗したテストが修正されている。

Hibernate Reactive 1.0.0.CR9がリリースされ、Microsoft SQL Serverとの統合が行われた。

JReleaser

JReleaser 0.6.0が次の機能を追加してリリースされた: HomebrewSDKMAN!を使用したパッケージの更新。JFrog ArtifactoryやHTTPなどのアップローダを使用してダウンロードURL変数を構成する機能。パッケージ化されたファイル (Dockerfile + サポートファイル) をユーザ定義のGitリポジトリに公開できるようにするDockerパッケージャ。詳細については変更ログに記載されている。

Apache Camel

最初のメンテナンスリリースのApache Camel 3.11.0のリリースからわずか1か月余りで、バージョン 3.11.1がApache Software Foundationによって利用可能になった。このリリースでは、Spring Boot 2.5.3、Camel Spring Boot 2.5.2、およびVert.x 4.1.1への依存関係のアップグレードが行われた。既知のエンタープライズ統合パターンに基づくオープンソースの統合フレームワークであるApache Camelは、50を超えるデータ形式をサポートしているため、開発者はデータをプロデュース (生産) およびコンシューム (消費) するシステムを統合できる。詳細についてはリリースノートに記載されている。

MicroStream Framework

MicroStreamは、Java永続化およびデータベースツールフレームワークのバージョン 5.0がオープンソースになったことを発表した。MicroStreamへの貢献に関心のある開発者は、新しいGitHubリポジトリにアクセスして始めることができる。InfoQは、より詳細なニュース記事でフォローアップする。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT