BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Javaニュース総まとめ: Hazelcast 5.0、WildFlyに訪れる変更、Scene Builder 17、Hibernate ORM

Javaニュース総まとめ: Hazelcast 5.0、WildFlyに訪れる変更、Scene Builder 17、Hibernate ORM

Lire ce contenu en français

ブックマーク

原文(投稿日:2021/10/04)へのリンク

今週2021年9月27日ののJava総まとめでは、JDK 18、Hazelcast 5.0、Hibernate ORMのポイントおよび候補リリース、Spring Initilizr 0.11.0、WildFlyで計画されている重要な変更、Open Liberty 21.0.0.10、Scene Builder 17、JReleaser 0.7.0、JDKMon 17.0.5、RefactorFirst 0.3.0、TornadoVM 0.11、およびSonatypeの公開サーバからTLSv1.1のドロップからのニュースを特集する。

JDK 18

先週、JDK 18 早期アクセスビルドはビルド 16 からさまざまな問題の修正を含む更新が行われたビルド 17 が利用可能になった。詳細については、リリースノートに記載されている。

JDK 18 では、開発者は Java Bug Database によってバグのレポートを奨励している。

Spring Framework

非常に忙しかった先週の後、15のバグ修正と次の改善と依存関係の更新を行った Spring Initializr 0.11.0 のリリースで Spring は静かな1週間だった: JUnit 4 と Gradle バージョン 4 と 5 のサポート終了、Gradle 7 のサポート追加。詳細については、リリースノートに記載されている。

WildFly

最近の JDK 17 のリリースjavax から jakarta 名前空間への移行と Jakarta EE 10 の進展による開発など Java エコシステムの変化で、Red Hat は、WildFly の今後数回のリリースで大幅な変更が計画されていることを発表した。特に、非推奨のレガシーセキュリティパッケージである PicketBox は、WildFly 25 Beta 1 のリリースで削除された。WildFly 11 で最初に導入された WildFly Elytron Security が、デフォルトのセキュリティレイヤになる。Red Hat は、WildFly 28 のリリースで Jakarta EE 10 のサポートの提供を見込んでいる。

Open Liberty

IBM は、ベータリリースから JDK 17 を完全にサポートし、次のような注目すべきバグ修正を行い、Open Liberty 21.0.0.10 に昇格させた: Open Liberty に影響を与える Apache Commons の複数の脆弱性、および情報開示の脆弱性。詳細については、問題のリストに記載されている。

Hazelcast 5.0

2021年7月、Hazelcast は現在の伝統的な Hazelcast IMDG と Hazelcast Jet 製品をマージした Hazelcast Platform を発表した。先週、Hazelcast は Hazelcast Platform 5.0 をリリースした。これには、拡張 SQL サポート、新しい Persistence API、データ分析用のストリーム処理、新しいコンパクトシリアライゼーションフォーマットである Compact Format などの新機能が含まれている。InfoQは、より詳細なニュース記事をフォローアップする。

Hibernate

Hibernate は、Hibernate ORM のポイントおよび候補リリースバージョンが Java コミュニティで利用可能になった。

バージョン 5.3.23.Final はバグ修正と Hibernate ORM 6.0 に備えて Java Authorization Contract for Containers (JACC) および Java Management Extensions (JMX) フレームワークを非推奨にした。

バージョン 5.6.0.CR1 は、GraalVM 21.2.0 のサポートと、Hibernate Reactive との相互運用性のための SchemaMigratorSchemaValidator インターフェースのリファクタリングを行った。

Scene Builder

Gluon は、JDK 17 と JavaFX 17 をサポートする Scene Builder 17 をリリースした。新機能は次のとおりだ: Kotlin でコントローラスケルトンを生成する機能。コントローラスキンには、それぞれ「名前を付けて保存」ボタンを使用して、プロジェクトにコピーまたは保存できる。詳細については、リリースノートに記載されている。InfoQは、より詳細なニュース記事をフォローアップする。

JReleaser

JReleaser 0.7.0 が次の機能を追加してリリースされた: キャッシュから JDK を削除するタスクを追加する機能。リリースをスキップするオプションを追加する機能。ツール処理中にアーティファクトプラットフォームをテンプレートとして渡す。.tpl 拡張子のテンプレートファイルのみを処理する機能。詳細については、変更ログに記載されている。

JDKMon

インストールされた JDK を監視および更新する新しいツールである JDKMon最新バージョンが、Javaコミュニティで利用可能になった。Azul のプリンシパルエンジニアである Gerrit Grunwald 氏によって作成されたバージョン 17.0.5 の機能は次のとおり: 進行中の更新プロセスを視覚化するメインウィンドウの進行状況インジケーター。ワイルドカード ("*") 文字で示される、使用中のディストリビューションのツールチップに関する情報

RefactorFirst

トレーニング、コンサルティング、リクルート、プロジェクトサービスを提供する IT サービス企業である Improving のプリンシパルソフトウェアコンサルタントの Jim Bethancourt 氏は、RefactorFirst 0.3.0 のリリースを発表した。このリリースは JDK 17 をサポートし、新機能は次のとおりだ: 生成されたバブルチャートではエクスプローラモードがデフォルトになった。また、Google Maps 同様に、バブルチャートをズームおよびパンできるようになった。

TornadoVM

オープンソースのソフトウェアテクノロジー企業の TornadoVM は、スレッドのグローバル数の登録と JVMCI 21.2.0 で Graal 21.2.0 と JDK 8 との相互運用性のためのコンパイラのアップグレードを特徴とする TornadoVM バージョン 0.11 をリリースした。

マンチェスター大学の Advanced Processor Technologies Research Group のリサーチアソシエイトである Juan Fumero 氏は、2020年3月の QCon London で TornadoVM を紹介し、それ以来、この InfoQ 技術記事に寄稿している。

Docker を使用するサンプルアプリケーションがこの GitHub リポジトリにある。

Sonatype

Sonatype は、トランスポート層セキュリティ (TLS) プロトコルバージョン 1.1 のサポートが先週公開サーバから削除され、TLSv1.2の利用を発表した。プライマリユーザ向けサービスである repo1.maven.orgrepo.maven.apache.org は、すでに TLSv1.2 で構成されているが、https://search.maven.orghttps://oss.sonatype.org などの他のエンドポイントは、とりわけ、この変更の影響を受ける。InfoQは、より詳細なニュース記事をフォローアップする。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT