BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Java News総まとめ: JDK 18リリーススケジュール、Spring Data 2021.1.0、Apple オープンソース GCGC

Java News総まとめ: JDK 18リリーススケジュール、Spring Data 2021.1.0、Apple オープンソース GCGC

Lire ce contenu en français

ブックマーク

原文(投稿日:2021/11/16)へのリンク

今週2021年11月8日のJava総まとめでは、JDK 18、Project Loom Build 18-loom+4-273、Spring FrameworkとSpring Dataのポイントリリース、Quarkus 2.4.2.Final、Hibernate Reactive 1.1.0.Final、Piranha 21.11.0、Groovy 4.0.0-beta-2、Apache Camel Quarkus 2.4.0.Final、Neo4J Migrations 1.0.0、Apple オープンソース GCGC、およびGluon JavaFX 17.0.2-ea+2およびJavaFX 18-ea+6からのニュースを特集する。

JDK 18

JDK 18 早期アクセスビルドが、ビルド 22からさまざまな問題の修正を含む更新を行ったビルド 23が先週利用可能になった。詳細については、リリースノートに記載されている。

JDK 18 の機能セットは、現在次のとおりだ:

JDK 18 のリリーススケジュールは次のように発表されている:

  • Rampdown Phase One (メインラインからフォーク): 2021年12月9日
  • Rampdown Phase Two: 2022年1月20日
  • Initial Release Candidate, 2022年2月10日
  • Final Release Candidate: 2022年2月24日
  • General Availability: 2022年3月22日

開発者は、Java Bug Database を介してバグのレポートが奨励される。

Project Loom

Project Loom 早期アクセスビルドのビルド 18-loom+4-273 は、Java コミュニティで利用可能になり、JDK 18 早期アクセスビルドのビルド 22に基づいている。

Spring Framework

Spring Framework 5.3.13 がリリースされ、次の 16 のバグ修正と改善が行われた: TypeFilterUtils クラスの導入@ComponentScan アノテーションタイプフィルタを操作するためのユーティリティのコレクション。ExtendedEntityManagerCreator クラスの createProxy() メソッド内のマッピング関数の改善。また、Quartz プロパティで指定されていない場合にのみ使用する LocalDataSourceJobStore クラス。詳細については、リリースノートに記載されている。

Spring Data 2021.1.0 は次の機能が追加されてリリースされた: Querydsl 5.0 および Redis 6.2 への依存関係のアップグレード。RxJava 2 のサポートの廃止。jMolecules 識別子 @Identity アノテーションのサポート。Querydsl と Query-by-Example の流暢な (fluent) クエリ API。詳細については、リリースノートに記載されている。

Spring Data 2021.0.7 および 2020.0.15 がリリースされ、バグ修正と依存関係のアップグレードが行われた。どちらのバージョンも Spring Framework 5.3.13 の上に構築され、Spring Boot 2.5.7 および 2.4.13 の今後のリリースで使用される可能性がある。これらは、Spring Data 2021.0.x リリーストレインの最終更新になる。

Quarkus

メンテナンスリリースの Quarkus 2.4.2.Final は、Red Hat によってドキュメントの改善と修正を行い利用可能になった。フォームベース認証と LDAP の修正RESTEasy 4.7.3 および SmallRye JWT 3.3.1 への依存関係のアップグレード。ネイティブアプリケーションに REST クライアントをインジェクションしたときの ClassNotFoundException修正。詳細については、変更ログに記載されている。

Hibernate

Vert.x 4.2 リリーストレインの最新機能を含む Hibernate Reactive 1.1.0.Final がリリースされた。詳細については、問題リストに記載されている。

Piranha

Piranha 21.11.0 がリリースされた。「ベテランの皆さん、あなたのサービスに感謝します!」と呼ばれるエディションのリリースの機能は次の通り: Servlet TCK 問題の修正。Oracle の Jaspic Provider Frameworkに基づく Jakarta Authentication 仕様の実装である Eleos の最新バージョンとの統合。新しい PiranhaFeature インターフェース。開発者が ServerPiranha クラスのインスタンスをより簡単に構築するための ServerPiranhaBuilder クラス。詳細については、ドキュメント課題追跡に記載されている。

Groovy

Groovy 4.0 への道のりで、Object Computing, Inc. のプリンシパルソフトウェアエンジニアである Paul King 氏は、2番目のベータバージョンが利用可能になったことを発表した。Groovy 4.0.0-beta-2 には、100 を超えるバグ修正と、スイッチ式、レコード、および SQL のような構文でクエリを実行するためのGroovy DSL の Groovy-Integrated Query (GINQ) のサポートが付属している。詳細については、変更ログに記載されている。

Apache Camel

Apache は、119 の新機能、依存関係のアップグレード、改善、バグ修正を備えた Camel 3.13.0 をリリースした。詳細については、リリースノートに記載されている。

Quarkus との整合性を維持した Camel Quarkus のバージョン 2.4.0 がリリースされた。Quarkus 2.4.0.Final、Apache Camel 3.12.0、改善されたテストカバレッジとドキュメントが特徴だ。

Neo4J

Neo4j のインスタンスに対して適用および記録する必要がある Java ベースのマイグレーションを定義するためのツールである Neo4j マイグレーションのバージョン 1.0.0 がリリースされた。これには、次の機能が含まれる: Neo4J 4.4 ユーザのなりすましサポートの追加。いくつかのバグ修正。依存関係のアップグレード。およびドキュメントの改善。InfoQは、より詳細なニュース記事をフォローアップする。

Apple オープンソース GCGC

Apple は、Garbage Collection Graph Collector (GCGC) をオープンソース化した。これは、GC ログファイルのレイテンシー、同時および「ストップザワールド」イベント、ヒープ情報、割り当て率、イベントの頻度を分析する Python ユーティリティだ。InfoQは、より詳細なニュース記事をフォローアップする。

Gluon

Gluon は、MacOS 12 (Monterey) の問題を修正した JavaFX のバージョン 17.0.2-ea+2 および 18-ea+6 をリリースした。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT