BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース AWS re:Invent 2021の総括

AWS re:Invent 2021の総括

ブックマーク

原文(投稿日:2021/12/08)へのリンク

バーチャルオンリーだったイベントの1年後、re:invent の 10 回目が少ない参加者で先週ラスベガスに帰ってきた。新しい CEO の Adam Selipsky 氏の最初のキーノートと複数のセッションが行われた。AWS は新機能と改善点を発表した。それは、新しいプリミティブよりもパッケージ化されたソリューションに重点を置いている。

Amazon の CTO である Werner Vogels 氏は、200 を超える既存のサービス、ときどき混乱する API 設計、および大規模なポートフォリオの複雑さを認め、基調講演でジョークを言った:

あなた方がこれを求めたのです、それは基本的にあなた方のせいです!

以下は、コンピューティング、データベース、ストレージ、ネットワーキング、機械学習、そして開発に影響を与える主な発表のレビューだ。

コンピューティング (Compute)

主な発表は、InfoQ で個別にレポートされた EC2 C7g インスタンスのプレビューで次世代 ARM プロセッサの Graviton3 チップだった。M1 Mac インスタンスのプレビューが発表された。これらは Apple M1 Mac mini コンピュータ上で iPhone と Mac のアプリケーションの作成およびテストのために構築されている。価格と制約は、既存の x86 ベースの EC2 Mac インスタンスと同様だ。

基調講演の中で、Selipsky 氏は AWS Trainium を搭載した Trn1 インスタンスのプレビューを発表した。高性能の深層学習のトレーニングに最適化され、最大 16 の AWS Trainium アクセラレータと最大 800Gbps の Elastic Fabric Adapter をサポートしている。Enterprise Management Associates のアナリストである Torsten Volk 氏は、コメントしている:

Trn1 と Inf1 は、その名前が示すとおりに機能します。機械学習のトレーニングと推論で非常に高いパフォーマンスがあります。

新しい EC2 インスタンスファミリーが導入された。G5g、M6a、Im4gn や Is4gen など、さまざまなプロセッサーと構成がすでに一般利用可能になっている。詳細については、InfoQ の個別の記事に記載されている。

セキュリティコンサルタントの Scott Piper 氏とクラウドコンサルタントの Aidan W Steele 氏が気付いたように、AWS Lambda は、API Gateway をスキップしてデプロイを簡素化し、パブリック URL で直接呼び出しを提供するとみられていた。残念ながら、この機能はロールバックされ、カンファレンス中の発表はなかった。

オンプレミスでネイティブの AWS サービスを実行するためのマネージドサーバである AWS Outposts は、1U や 2U のアウトポストサーバから 42U ラックまで、さまざまなフォームファクタで利用できるようになった。最後に Kubernetes に関して注意がある: Karpenter は、AWS に焦点を合わせた新しいオープンソースのクラスタオートスケーラであり、ほとんどのデプロイで Kubernetes クラスタオートスケーラに取って代わることになっている。

ストレージ (Storage)

InfoQ で個別に説明されたように、Amazon FSx for OpenZFS は、Amazon FSx ファミリーに追加された最新の OpenZFS のマネージドファイルストレージサービスだ。新しい EBS スナップショットアーカイブストレージ階層が利用可能になり、アーカイブスナップショットの保存コストを削減できる。

S3が刷新された: S3 Glacier Instant Retrieval ストレージクラスは、ミリ秒単位で取得される、ほとんどアクセスされないデータ用の新しいストレージクラスだ。Lacework のクラウドストラテジストである Mark Nunnikhoven 氏は、コメントしている:

それはほとんどの人のレーダーの下に潜んでいますが、かなりのゲームチェンジャーである可能性があります。

新しいバケット所有者強制オプションを使用すると、顧客はバケットとオブジェクトに関連付けられた ACL を無効にでき、S3 イベント通知に Amazon EventBridge を使用できるようになる。同クラウドプロバイダは、無料利用枠のデータ転送の拡張、Standard-Infrequent Access、One Zone-Infrequent Access、Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスのコスト削減、および AWS Backup での S3 サポートも発表した。S3 の新機能は InfoQ の記事にある。

データベースと分析 (Databases and Analytics)

Selipsky 氏の基調講演の重要な部分は、分析サービスの重要性と、サーバレスオプションを使用してデプロイメントの改善方法についてだった: Redshift ServerlessEMR ServerlessMSK Serverless が公開プレビューになり、Kinesis オンデマンドが一般提供された。InfoQ は、Redshift ServerlessKinesis Data Streams On-Demand のローンチを個別に取り上げている。

キャパシティをきめ細かく、瞬間的に調整されるリレーショナルデータベースである Aurora Serverless v2 には大きな期待が寄せられていた。1年前プレビューでリリースされたが、サービスはまだ GA ではない。サーバレスの PM、Matthieu Napoli 氏のツイート:

re:Invent が終了したので、Aurora Serverless v2 の GA はいつになるのか? という質問に戻るときが来たと思います。

Esteh の CEO である Goran Opacic 氏が報告したように、RDS Proxy、MySQL 8.0、PostgreSQL 13 のサポートなど、いくつかの新しい v2 機能がカンファレンス中に示された。

DynamoDB は、アクセス頻度の低いデータのコスト最適化ストレージである Standard-IA テーブルクラスを導入した。10月に Oracle 専用に発表された Amazon RDS Custom (InfoQ の記事を参照) が SQL Server で一般提供されるようになった。新しい、より高価なオプションは、カスタマイズとファイルシステムへのアクセスを必要とする特定の構成とサードパーティアプリケーションを使用するデプロイメントをサポートする。

既存のサービス間の興味深い統合である Amazon DevOps Guru for RDS は、Amazon Aurora のデータベースパフォーマンスの問題を検出して解決するための新機能だ。AWS のシニア開発者アドボケイトである Marcia Villalba 氏は、説明する:

DevOps Guru for RDS は、ML を使ってホストリソースの過剰使用、データベースのボトルネックや SQL クエリの誤動作など、パフォーマンスに関連するデータベースの問題を広範囲に自動的に識別して分析します。また、検出した問題を修正するための解決策もリコメンドします。この機能を使用するには、データベースや ML の専門家である必要はありません。

出典: https://aws.amazon.com/blogs/aws/new-amazon-devops-guru-for-rds-to-detect-diagnose-and-resolve-amazon-aurora-related-issues-using-ml/

ネットワーキングと IoT (Networking and IoT)

Selipsky 氏は、プライベートな 5G ネットワークをデプロイし、低レイテンシーと高帯域幅で数千のデバイスとマシンを接続するマネージドサービスの AWS Private 5G のプレビューを発表した。

公開プレビューの AWS Cloud WAN は、AWS とオンプレミス環境全体でリソースを接続するグローバルネットワークを構築および監視するためのマネージドサービスだ。

リージョンのサブセットですでに利用可能な VPC Network Access Analyzer は、VPC が想定されるネットワークセグメンテーションとネットワークアクセス要件を満たしていることを検証するツールだ。

公開プレビューで利用可能な AWS IoT RoboRunner は、単一のシステムビューからロボットを管理するためのインフラストラクチャを提供するロボットサービスだ。一元化されたリポジトリは、施設、ロボット、行き先、およびタスクデータの統一されたデータ形式を提供し、企業がフリートでアプリケーションの構築とデプロイを支援する。

出典: https://www.allthingsdistributed.com

機械学習 (Machine Learning)

Swami Sivasubramanian 氏の基調講演は、SageMaker の新しいサービスと機能で機械学習にフォーカスしていた。

JupyterLab のオープンソースに基づく機械学習の学習と実験のための無料のサービスである SageMaker Studio Lab がプレビュー中だ。SageMaker Inference Recommender は、負荷テストの自動化、モデルパフォーマンスの最適化、モデルの開発からプロダクションに移行するまでの時間を短縮する SageMaker Studioの機能だ。モデルを高級言語表現からハードウェアに最適化された命令への変換について、同クラウドプロバイダは、SageMaker Training Compiler で深層学習モデルのトレーニングを最大 50% 加速できると主張している。

SageMaker Serverless Inference は、インフラストラクチャを管理せずに推論のための機械学習モデルをデプロイする新しい推論オプションだ。Neosperience の CTO である Luca Bianchi 氏は、ツイートしている:

今年の発表では、サーバレスの Kinesis、Redshift、Inference などの待望のリリースでサーバレスの水準を引き上げました。私のトップピックの3つです。

モニタリングとセキュリティ (Monitoring and Security)

CloudWatch の2つの主要な発表は、パフォーマンスを理解し、エンドユーザにより良いエクスペリエンスを提供するツールである Real-User Monitoring (RUM) と、実験、機能フラグ、および A/B テストを導入する機能の Evidently だ。

Amazon は、セキュリティ評価を自動化するサービスに自動脆弱性管理を追加して Inspector を改善した。クラウドソリューションアーキテクトの Gert Leenders 氏はコメントしている:

Amazon Inspector を継続的に実行できるようになったことは、この発表の最大のメリットです。さらに、Inspector がターゲットとするリソースを明示的に選択するのではなく、リソースを自動的に識別します。

AWS Shield Advanced に追加された新機能は、AWS WAF のルールを自動的に作成、テスト、デプロイして、レイヤー 7 DDoS イベントを軽減する。CodeGuru Reviewer Secrets Detector は、ソースコードと構成ファイルのパスワード、アクセストークン、API キーを検出する。

アーキテクチャとコーディング (Architecture and Coding)

Vogels 氏の基調講演は、AWS のタイムラインから始まり、開発者向けの新しい機能やサービスを紹介する前に、いくつかの現在のメトリックスを示した。AWS のソリューションアーキテクトである Karan Desai 氏は、ツイートしている:

最も驚異的な AWS サービスは何でしょうか? それは EC2 ではないでしょう。S3 でもありません。それは IAM です。毎秒 5 億回の API 呼び出しがあります... 想像してみてください。

現在プレビュー中の AWS Migration Hub Refactor Spaces は、AWS Migration Hub の既存のアプリケーションを通常はマイクロサービスベースの分散アプリケーションにリファクタリングする機能だ。InfoQ で個別に取り上げられている AWS Data Exchange for API を使用すると、顧客は AWS Data Exchange のプロバイダからサードパーティの API 製品を検索、サブスクライブ、そして使用できるようになる。

AWS フォーラムに代わるものとして設計され、AWS Stack OverFlow として多くの人に吹き替えられている AWS re:Post は、クラウドソーシングと専門家によりレビューされた回答のためのマネージド Q&A サービスだ。tecRacer のクラウドコンサルタント兼トレーナである Maurice Borgmeier 氏は、新しいサービスをレビューして、コメントしている:

re:Post は AWS フォーラムからのステップアップのようですが、今日のように、トラフィックを aws-* stackoverflow タグから遠ざけるために欠けているものがたくさんあります。

 

出典: https://aws.amazon.com/blogs/aws/aws-repost-a-reimagined-qa-experience-for-the-aws-community/

2017年にリリースされた AWS Amplify を使用すると、開発者はフルスタックの Web アプリとモバイルアプリを構築できる。今年、Vogels 氏は Amplify Studio を発表し、プロセスをさらに一歩進めて、すべてのステージにビジュアルビルダを追加した。A Cloud Guru の AWS トレーニングアーキテクトである Errol Hooper 氏は、スタートアップや中小企業の愛好家に役立つ理由を説明する記事を書いている。

以前 InfoQ で取り上げたように、Custom Lenses は Well-Architected Framework の新機能だ。AWS Well-Architected Framework に新しい持続可能性の柱 (sustainability pillar) が追加され、企業が環境のベストプラクティスを使用してワークロードを学習、測定、改善できるようになった。Serverless のサーバレスクラウドの GM である Jeremy Daly 氏は、ツイートしている:

新しい AWS Well-Architected 持続可能性の柱。翻訳: サーバレスに移行してください。

Amazon は、メインフレームの世界をターゲットにすることを決定し、COBOL コードを Java に変換する機能などの一連の移行ツールである AWS Mainframe Modernization を発表した。A Cloud Guru の SVP である Drew Firment 氏は、重要な市場シェアであると強調している:

1. クラウドに移行したのは、IT 支出全体の 10 〜 15% だけである
2. 今年 CSP は、インフラストラクチャに1,000億ドル以上を費やしている
3. Fortune 500 の 71% がメインフレームを引き続き使用している

基調講演でVogels 氏が示したものに反して、Cloud Development Kit v2.0 が一般提供になった。Amazon Builders' Library は、Amazon がテクノロジーを開発、設計、運用する方法を説明する記事の新しいリポジトリだ。

フィードバックと総括 (Feedback and Recaps)

イベント中、AWS は AWS re:Invent 2021 の発表の記事を最新の状態に保っていた。他の総括の中で、Resmo 氏Victor Grenu 氏Leenders 氏からのものは言及する価値がある。Kristi Perreault 氏の記事は、代わりに主にサーバレスセッションに焦点を当てている。Vogels 氏は、2022年の技術予測をいくつか書き、人々がラスベガスに戻ってきたことのマイナス面を強調した:

Ali Spittel 氏の恐ろしい話を読んだ後、Emily Freeman 氏と Abby Fuller 氏は、先週の経験について非常に悲しくなりました。これは誰にとっても技術の祭典となるはずでしたが、私たち「技術の男性」とはまだ一緒に行動することができません。

2022年度の日付はまだ発表されていない。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT