BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース MicrosoftがBuild 2022でAzure Container Appsの一般向け提供を発表

MicrosoftがBuild 2022でAzure Container Appsの一般向け提供を発表

ブックマーク

原文(投稿日:2022/05/26)へのリンク

昨年のIgniteで、MicrosoftはAzure Container Appsを含むクラウドネイティブ製品をプレビュー版として発表した。これにより、開発者はコンテナを使ってマイクロサービスアーキテクチャを構築できる。同社は毎年開催されるBuild会議でこのサービスの一般向け提供を発表した。

Azure Container Appsは、CNCFプロジェクトを含むオープンソーステクノロジーで構成される基盤の上に構築されている。CNCFプロジェクトとしては、Kubernetes Event-Driven Autoscaling(KEDA)Distributed Application Runtime(Dapr)Azure Kubernetes Service(AKS)で実行されるEnvoyなどが使われている。

MicrosoftのプリンシパルPMマネージャのDaria Grigoriu氏は、Azure Container ServicesのGAリリースに関するTechコミュニティのブログ投稿で次のように述べている。

このオープンソース中心のアプローチのおかげで、チームは、アプリの移植性を維持しながら、Kubernetesの運用上のオーバーヘッドなしに、クラウドネイティブアプリをAzureにすばやく載せることができます。

Azure Container Appsの一般向けリリースには、新機能が含まれている。例えば、開発者が、他のAzure Active Directory(Azure AD)で保護されたリソースにアクセスするために、マネージドIDを使って仮想ネットワークにアプリをデプロイすることで、アプリを保護する機能がある。さらに、外部のIngressを利用できるアプリと認証・承認を統合する設定をすることができる。さらに、カスタムドメインと証明書を使ってアプリをカスタマイズできる。ハートビートプローブ、レディネスプローブ、ヘルスプローブはすべて利用できる。また、stdoutおよびstderrのログメッセージのリアルタイムログストリーミングコンテナコンソールへの接続、メトリックの調査、アラートの設定はすべて、アプリの状態とパフォーマンスを監視するために使うことができる。

Azure Container Appsは、パブリックAPIエンドポイントからマイクロサービスまで、さまざまな状況で使うことができる。このサービスでは、ランタイムやプログラミングモデルに関係なく、任意のコンテナにラップされたアプリケーションコードを実行できる。さらに、コードはVisual StudioVisual Studio Codeで開発でき、AzureポータルとAzure CLIでAzure Container Appsリソースを管理できる。


出典: https://docs.microsoft.com/en-us/azure/container-apps/overview

GAリリースに伴い、いくつかのツイートがあった。その中には、引退しているが、以前にテクノロジー専門家でありエグゼクティブであったTom Petrocelli氏からのツイートがあった。

#Microsoft #Buildの講演者は、すべての発表が驚くべきことになるように行動しなければならなりません。AWSなどが何年もサーバレスであったことを考えると、#Azure Container AppsのGAを発表するのはばかげています。なので、素晴らしいですが、驚くべきことではありません。

これに対して、MicrosoftとAzure Container Appsの製品ディレクターであり、KEDAの共同作成者であるJeff Hollan氏は次のようにツイートした。

Azureには、何年にもわたってサーバーレスがありました(Azure Functions、App Servicesなど)。Container Appsは、Kubernetesを利用したサーバレスコンテナマイクロサービスです。文字通り、これに相当するものはAWSにはありません。もしかするとECSでしょうか。しかし、Kubernetesで提供されるようなオートスケール/ゼロへのスケール(scale-to-zero)はありません。

最後に、Azure Container Servicesの詳細については、ドキュメントランディングページをご覧ください。このサービスは、1秒あたりのリソース割り当てとリクエストに基づいて課金される。最初の180,000 vCPU秒、360,000 GiB秒、200万リクエストが毎月無料で提供される。価格の詳細については、価格ページをご覧ください。

>

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT