BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース MongoDBがAtlasサーバーレスインスタンスとデータAPIを一般向け提供へ

MongoDBがAtlasサーバーレスインスタンスとデータAPIを一般向け提供へ

ブックマーク

原文(投稿日:2022/06/18)へのリンク

最近のMongoDB World 2022会議で、MongoDBは、AtlasのサーバレスインスタンスData APIが一般向け利用可能になったことを発表した。新たなマネージドサーバレスの選択肢として段階的な価格設定が導入されており、毎日の使用量に対して自動的に割引される。

1年前のプレビュー版で発表されたサーバレスインスタンスでは、コールドスタートなしでスケールアップとゼロ(0)へのスケールダウンがサポートされていた。顧客はクラウドプロバイダ(AWS、Google Cloud、Azure)とサービスを実行するリージョンを選択できる。Atlasでは、ストレージ容量、スループット、コンピューティング能力が自動的にスケーリングされる。サーバレスインスタンスでは常に最新のMongoDBバージョンが実行される。

出典: https://www.mongodb.com/developer/products/atlas/atlas-serverless-quick-start/

サーバレスインスタンスの推奨されるユースケースの中で、MongoDBは、軽量で頻度の低いアプリケーション処理、イベント駆動型アプリケーション、定期的なcronジョブに焦点を当てている。MongoDBは毎日の使用量ベースの割引を発表している。これは、他のデータベースプロバイダとは大きく異なるアプローチである。価格設定モデルは、最もコメントを受けている特徴の1つである。Serverless IncでサーバレスクラウドのGMのJeremy Daly氏は次のようにツイートしている。

これは完璧ではありませんが、MongoDB Atlas Serverlessの価格設定は間違いなく正しい方向への第一歩です。サーバレス処理の規模が大きくなっていったときに(つまり、コストが高くなる)、リソース割り当てを最適化してコストの直線的な増加を回避する責任はクラウドプロバイダにあるべきです。

MongoDBの製品マーケティングマネージャーのAshley George氏は、MongoDB Atlas Serverlessの新機能のいくつかを強調している。

このGAリリースで、サーバレスインスタンスは追加機能を提供しています。例えば、AWS PrivateLinkを使ったプライベートネットワーク、モニタリングとアラート機能の強化、ポイントインタイムリカバリを使ったバックアップ保持の機能拡張などです。また、サーバレスインスタンスは、Atlas Data APIやAtlas Functionsといった他のサーバレスクラウドサービスと互換性があるため、エンドツーエンドのサーバレスアプリケーションの構築がさらに簡単になります。

サーバレスプラットフォームの機能を拡張するために、AtlasはData APIを提供する。そして、JWT認証とeメール/パスワード、役割ベースのアクセス制御、IPアクセスリスト、カスタムエンドポイントなどの新しい認証方法をサポートする。

MongoDB World 2022での大きな発表は、サーバレスインスタンスの一般向け提供だけではなかった。MongoDBは、Flexible Sync、クラスター間同期、Atlas CLI、時系列、クエリ可能なデータ暗号化のプレビュー版を新たに導入した。MongoDBのシニアプロダクトマネージャーのCynthia Braund氏とPramod Borkar氏は、次のように書いている。

MongoDBは、顧客が完全にランダム化された暗号化データに対して、一致(現在プレビュー版として利用可能)と範囲、プレフィックス、サフィックス、部分文字列などの表現力の高いクエリを実行できる唯一のデータベースプロバイダです。これは、データを確信を持って保護しながら表現力の高いクエリを実行する必要がある組織にとって大きなメリットとなります。

サーバレスを展開していく上でのコストと共通の課題に関する警告を、Cyclic SoftwareでCTOのMichael Korostelev氏は、次のようにツイートしている。

Atlas Serverlessは、データに対して、どのように最適なインデックスを作成するかを学ぶための優れた方法でした。すぐに身をもって感じていました。

現在、Atlasグローバルクラスタでサポートされるすべての機能と設定が、サーバレスインスタンスで利用できるわけではない。顧客は、読み取り処理ユニット(RPU)、書き込み処理ユニット(WPU)、ストレージ、バックアップに対して費用を払う。100万RPUごとの価格は、1日の読み取り量を基に安くなる。その範囲は0.09USDから0.22USDまでである。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT