BT

InfoQ ホームページ ACID に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • MongoDB 4.0がマルチドキュメントトランザクションをサポート

    MongoDBがWiredTigerとそのリレーショナルデータベースストレージエンジンを買収したので、技術者はMongoDBがマルチドキュメントトランザクションをサポートする時を推測してきた。今週の発表で、MongoDB 4.0の一部として、この夏に準備が完了する予定である。

  • 現実世界におけるデータ一貫性を語る: Uwe Friedrichsen氏による学術論文へのご招待

    ドイツのベルリンで開催されたmicroXchg 2016 コンファレンスでのUwe Friedrichsen氏のプレゼンテーションは「現実世界におけるデータ一貫性」についての深い見識を示すものであった。Friedrichsen氏はいくつかの学術論文を引合にACID対BASE等の話題に触れ、多くの開発者は典型的なSQLデータベースが保証するデータ一貫性についての正しい知識を持っていないのではないかという見解やデータ一貫性とマイクロサービスの関わりについて語った。

  • FoundationDBのNoSQLデータベースがACIDトランザクションをサポート

    FoundationDBデータベースプラットフォームは、 NoSQLのスケーラビリティとデータベース内の全データ間のACIDトランザクションを重ね備えている。FoundationDBチームは、彼らの新しいNoSQLデータベースプラットフォームが入手できることを先月発表した。

  • RavenDBのファンダが.NETとNoSQLのACIDを語る

    いくつかの新しい機能を搭載したRavenDB 2.0がリリースされた。InfoQはRavenDBの創設者でありプロジェクトリードであるOren Eini氏 (Ayende Rahien)に独占インタビューを行い、プロジェクトの背後で下されたさまざまな意思決定の根拠や今後の計画について話を聞いた。

  • FoundationDBの共同創立者Nick Lavezzo氏へのインタビュー

    FoundationDBはACIDを保証しながらNoSQL並の可用性と性能を提供するデータベースだ。InfoQはこのプロジェクトの創立者のひとりであるNick Lavezzo氏へ独占インタビューを行い、詳しい話を聞いた。

  • Neo4j: Java ベースの非 SQL グラフデータベース

    NeoTechnology が数年にわたって開発を続けてきた Neo4j の バージョン 1.0 がリリースされた。Neo4j は プロパティグラフ (property graph) データモデルを指向する Java ベースの グラフデータベース (graph database) である。InfoQ では NeoTechnology の COO である Peter Neubauer 氏に,今回の Neo4J リリースの詳細と,開発者に提供される内容について話を聞いた。

  • Reservationパターンを使ったSOAトランザクション

    分散コンピューティングの信頼性と管理性を保証するためにトランザクション処理は重要であり、なおかつWS-*標準が存在するにも関わらず、SOAにおけるトランザクション処理に関する実装は、依然としてきわめて稀である。Acron Rotem-Gal-Oz氏の新しい投稿のなかで述べられているReservationパターンは、この問題に対する一つの解決案を提供している。

  • GemStoneがRailsConf 2008でMagLev Ruby VMの計画を発表

    先日のRailsConfで、GemStoneのAvi Bryant氏およびBob Walker氏がMagLevプロジェクトの計画を発表した。GemStoneの分散オブジェクトテクノロジーでRuby on Railsを実行する。MagLev VMは一部の実装のみであるが、これまでのところMRI 1.8より優れたパフォーマンスを実現する。

  • ソフトウェアトランザクション:プログラミング言語の観点のひとつ

    Erlangは並列処理を効率よくしかもエレガントに扱える言語として多くの関心を呼んだ。とりわけErlangはマルチコアプロセッサ向けのプログラミングに向いていると考えられている。Erlangのキーとなるデザインコンセプトのひとつは、”プロセス”のインスタンス間に共有メモリがないということだ。それらは非同期メッセージで通信をおこなう。それでもやはり、共有メモリの並列性はホットな研究課題としてある。

  • デベロッパ達は独自のトランザクションコーディネートロジックを書くべきだろうか?

    Mark Little氏とGreg Pavlik氏の最近のディスカッションにおいてトランザクションコーディネータとトランザクションプロトコルが広く分散された作業単位という文脈において必要であるかどうかを論じている。ステート調整パターンの知識だけで十分ではないだろうか?

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。