BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ アーティクル

  • Java Persistenceを使ったアーキテクチュア:パターンと戦略

    進化し続けるソフトウェア・アーキテクチャの世界で、シニア・エンジニア、アーキテクト、CTOは、Javaアプリケーションの強固で効率的な永続化レイヤの設計という永遠の課題に直面している。よく練られた永続化レイヤは、単なる技術的なディテールではなく、アプリケーションの機能性、スケーラビリティ、および長期的な持続可能性を支えるバックボーンである。この記事では、Javaの永続化レイヤに関連する複雑なデザイン・パターンの領域に深く潜り込み、オブジェクト指向とデータ指向のアプローチを明確に区別することに焦点を当てる。

  • ポストサーバーレス時代のクラウドコンピューティング:最新のトレンドと展望

    AWS Lambdaが今年10周年を迎えるにあたり、サーバーレスコンピューティングは単なるFaaS(Function as a Service)にとどまらない広がりを見せている。今日では、サーバーレスとは、手動でのプロビジョニングが不要で、オンデマンドの自動スケーリングを提供し、消費ベースの価格設定を使用するクラウドサービスを指す。このシフトは、クラウド・コンピューティングにおけるより広範な進化の一部であり、サーバーレス・テクノロジーは継続的に変化している。この記事では、サーバーレスの先にある未来に焦点を当て、クラウドのランドスケープが現在のハイパースケーラ・モデルを超えてどのように進化していくのか、そしてそれが開発者や運用チームに与える影響を探る。この進化を形作る上位3つのトレンドについて考察する。

  • より多く書き、より少なく話す:ドキュメンテーションとインナーソースで組織のレジリエンスを高める

    思い浮かべてほしい。あなたは会社に入ったばかりで、社内の共有インフラプラットフォームについて学ぼうとしている。社内のドキュメントサイトを検索しても答えが見つからないので、Slackのような社内メッセージングツールに助けを求めようとしている。 Slackを通じて、別のエンジニアから質問の答えを見つけたが、その情報がどこにも書かれていないことに気づく。これは理想的な答えの見つけ方ではないが、よくあることだ。質問に対する回答は得られるが、次に同じ質問をする人はどうなるのだろうか?この問題は、ドキュメント化、ダイアグラム、アーキテクチャの決定、その他、システムがなぜそのように機能するのかを理解するための一般的な方法である。

  • RMIベースのレガシー・アプリケーションをWebSocketに移行する

    Technical debt, especially in enterprise software, is a relevant problem that developers recurrently have to face. This article provides a use case related to removing technical debt in a large enterprise application based on an old fashioned Remote Method Invocation (RMI) protocol, and migrating it toward modern cloud-aware communication technologies.

  • Rustが再評価される:エコシステムの現状と落とし穴

    In this article, we share findings and insights about the Rust community and ecosystem and elaborate on the peculiarities and pitfalls of starting new projects with Rust or migrating to Rust from other languages.

  • InfoQ Javaトレンドレポート - 2023年11月

    本レポートは、InfoQ Java編集部が現在Javaの領域でどのような技術が採用され、どのようなトレンドが生まれているかをまとめたものである。言語であるJavaだけでなく、KotlinやScalaなどの関連言語、Java仮想マシン(JVM)、Javaベースのフレームワークやユーティリティに焦点を当てている。Javaの新バージョンの採用といったコアJavaのトレンドや、Spring Framework、Jakarta EE、Quarkus、Micronaut、Helidon、MicroProfile、MicroStreamといったフレームワークの進化についても解説する。

  • 12のソフトウェア・アーキテクチャの落とし穴とその避け方

    成功するソフトウェアアーキテクチャを開発するのはシンプルだが、簡単ではない。QARを理解し、QARを最大限に満たすトレードオフを理解し、実行するには、洞察力と経験が必要であり、その多くはアーキテクチャ自体の実験を繰り返すことで集めなければならない。プロセス自体は単純だが、考慮すべきトレードオフはしばしば難しく、簡単な答えはめったにない。

  • モノリス対マイクロサービスという誤った二分法

    AWSがマイクロサービスを捨ててモノリスに戻ったという最近のブログ投稿で、モノリス対マイクロサービスの古い戦争が再燃している。 あなたの立場は? マイクロサービス派かモノリス派か? マイクロサービス対モノリスは、より大きなストーリーの一部に過ぎず、その区別は幻想のようなもので、人々は虚構の上で争っているのだと言ったらどうだろう。

  • APIデザインレビューは死んだ。APIデザインレビュー万歳!

    To design APIs at scale, it takes deliberate effort to create consistency and make several discrete APIs feel like a platform. This requires an efficient and useful API design review process.

  • Javaの新機能総合ガイド: スイッチのパターンマッチング

    switch文は制御フロー文の1つで、もともとは、ある式がどのように評価されるかに基づいて複数の実行経路が考えられるような特定の使用例に対して、if-else if-else制御フロー文に代わる短い形式の制御フロー文として設計された。

  • Low Code/No Codeを採用する:確認するべき6つの適性

    LCNC(ローコード/ノーコード)プラットフォームは、プログラマーだけでなくプログラマーでなくても、最小限のコーディングとワンクリックのデプロイメントで、アプリケーションソフトウェアを開発できるよう設計されている。ドラッグ&ドロップ方式のインターフェースなどを利用することで、開発・デプロイメントプロセスを簡素化し、効率的なアプリケーション開発とデプロイメントを実現する。

  • 開発者のベロシティを実現するためにDevOpsガバナンスが重要な理由

    The application environment should be managed centrally by the DevOps team. This allows them to better track modifications and changes which would then be swift and transparent to developer teams.

BT