BT

InfoQ ホームページ アーティクル

  • Kotlinのコルーチンを実装面から検証する

    JVMにおいて最近、リアクティブプログラミングの代替手段としてコルーチンが注目されています。リアクティブストリーム用にコードを再構成するためのコストがメリットを上回ることが多いことから、最初はAndroidにおいて、それに代わるソリューションとしてコルーチンが現れました。この記事では、そのKotlinでの実装がどのように動作するのか、詳しく検証します。

  • Deep Java Library(DJL)の紹介

    Amazonは、ディープラーニングモデルをJavaで開発するためのオープンソースライブラリDJLを発表しました。この記事では同ツールキットの導入方法を紹介します。このライブラリは、PythonやRといった新たなテクノロジを導入することなく、Javaによるエンドツーエンドのディープラーニング開発を可能にすることで、ソフトウェア依存性の数を削減することを目的としています。

  • クラウドネイティブコンピューティングのための新プログラム言語 Ecstasy

    Ecstasy言語は、Tangosol創業者であったCameron Purdy、Gene Gleyzer両氏によって共同開発されました。氏らは先日のCloudNative London 2019で、同言語の発表を行いました。InfoQはPurdy氏に言語と、氏らが解決を目指した問題について聞きました。

  • DevOpsの”Ops”を忘れていませんか?

    DevOpsの先駆者であるKris Buytaerts氏が過去10年間にわたって、企業がDevOps採用のハイプサイクルをくぐり抜け、変革に対する誤解を解消する過程を支援してきた経験について語ります。

  • オンラインゲーム開発に最適なプログラミング言語は何か?

    最近のゲーム開発者は、ゲームをより分かりやすく、魅力的なものにすることに注力しています。そのためには、最適なプログラミング言語を選択するという問題が生じます。すべての要件を満足する言語を選ぶのは簡単ではありませんが、JavaScriptのようなリーダに頼ることは可能です。JavaScriptで記述されたゲームはユーザフレンドリで、完璧な仮想環境を持っているので、考慮すべき選択肢であることは間違いありません。

  • .NET FrameworkでC# 8とNull許容参照型を使う

    C# 8の一部は.NET Frameworkでサポートされることはないが、Null許容参照型は、仕組みがわかれば有効にできる。

  • .NET Core 3.0について - Scott Hunter氏に聞く

    .NETプラットフォーム担当プログラムマネジメントディレクタのScott Hunter氏にChris Woodruff氏が、.NET Core 3に開発者が何を期待できるかをインタビューします。

  • .NETエコシステムの紹介

    2002年、.NETはリリースされました。その後12年以上にわたって、.NET開発者コミュニティは辛抱強く、安定したペースで成長したように見えました。しかしその後、事態は急速に進化を始めました。エコシステムの変化を予見したMicrosoftがオープンソース開発の考え方を取り入れ、ついにはGitHubを買収するまでになったのです。

  • 簡単に - ソフトウェア開発のマニフェスト

    たゆまず息もつかずに市場に突進することで、会社を静かに消滅の崖っぷちへと追い込みます。たぶん、それは設計してコードを書く方法を再考する時です。簡単さへの投資は、速さへの投資です。簡単さは知的財産の主鉱脈でもあります。競争上の優位性は、一度失ったら、もう一度手に入れることはほとんど不可能です。

  • 夜のよい睡眠に向けたエンジニアガイド

    マイクロサービスの採用の増加は、アーキテクチャとインフラストラクチャが柔軟で短命になるクラウドへの移行によって加速されていますが、私たちが作成、維持するシステムに日々複雑さを加えています。これは、自律的で完全に権限を与えられたチームによる運用モデルと並行して行われるため、各分散システムでは、独自の技術的アプローチ、言語、サービスが複雑に絡み合っています。

  • サーバーレス時代のKubernetesワークロード:アーキテクチャ、プラットフォーム、トレンド

    マイクロサービスアーキテクチャがクラウドネイティブアーキテクチャにどのように進化したかを調べましょう。Kubernetesや、サービスメッシュ、サーバーレスフレームワークで提供される抽象化と組み合わせによって多くのインフラストラクチャの問題が生まれました。さらに、サーバーレスエコシステムは、標準およびオープンパッケージ、ランタイム、イベントフォーマットを探求することで進化しています。

  • アジャイルこそが問題なのか

    "アジャイル"は今や、ありとあらゆる意味を持っています。そしてそれは、何の意味もないのと同義です。多くの組織はアジャイルに疲れており、問題の一部は"アジャイル産業複合体(Agile Industrial Complex)"にあります。アジャイリストは基本に帰り、アジャイル憲章と12の原則の持つ簡明さを取り戻さなくてはなりません。"Heart of Agile"と"Modern Agiile"はその一例であり、シンプルなフレームワークです。社会科学からも、学ぶべきことがたくさんあります。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。